“川崎市立川崎高等学校・附属中学校” の偏差値

偏差値データ提供:株式会社市進

男子 80偏差値

54(54-54)

女子 80偏差値

54(54-54)

入試別の偏差値詳細

入試 男女 80偏差値 60偏差値 40偏差値
2/3 適性 54 49 46
54 49 46

80・60・40偏差値とは?

80、60、40という数字はそれぞれ、合格可能性(%)を示しており、例えば同じ偏差値の人が100人受験した場合に80人合格するのが「80偏差値」、60人合格するのが「60偏差値」です。この値は模試によっても異なり、本データは株式会社市進が実施した模擬試験においての合格可能性を掲載しています。

学校情報

学校名
共学 川崎市立川崎高等学校・附属中学校
住所
〒210-0806 川崎市川崎区中島3-3-1
交通
京浜急行大師線「港町」徒歩10分。JR「川崎」徒歩20分。
電話番号
044-246-7861
学校長
和泉田 政_
沿革
明治44年創立。平成26年に市立川崎高校を改編して、中学校を併設。
教育方針
豊かな人間性と高い知性を養い、新しい世界で活躍できるリーダーの育成を目指しています。

この学校の偏差値に関連する掲示板

川崎市初の公立中高一貫校
2018/12/08
11:54
いわゆる「偏差値」を公立中高一貫校に当てはめることの是非は色々ありそうですが、少なくとも神奈川県下の公立一貫の中での「難易度序列」は、ある程度見えてきたように思います。 実績・カリキュラム・立地...
川崎市初の公立中高一貫校
2018/12/07
01:45
...大して対策もせずに受検する層もいて実質合格率はまだ高くないように感じます。 一方で、不合格で日能研偏差値45付近の私立に進学しているお子さんもおり偏差値的には(対策は異なりますが)妥当なのかな?と考...
川崎市初の公立中高一貫校
2018/12/03
23:34
日能研の偏差値で、平塚が川崎附属中より低く出るのは、平塚の受検を検討している日能研生徒の母数が少ないからではないですかね。 川崎附属中もそれほど多いようには感じませんが、平塚受検層よりは、立地的に川...

同じ神奈川エリアで近い難易度の入試をおこなう中学校

川崎市立川崎高等学校・附属中学校 男子 偏差値基準(男子・共学校対象)

  • 57(57 - 60)

    神奈川

    神奈川大学附属中・高等学校

    「質実剛健・積極進取・中正堅実」を建学の精神として、有能な人材の育成を目標としています。

  • 57(57 - 57)

    神奈川

    公文国際学園 中等部・高等部

    生徒一人ひとりの可能性を発見し、その能力を伸ばすことにより、国際社会に貢献できる人材を育てます。

  • 57(57 - 59)

    神奈川

    中央大学附属横浜中学校・高等学校

    実学の伝統を守りつつ、自立に向けて知性と徳性を身につけ、心身ともに健全な人間の育成を目指しています。

  • 56(55 - 56)

    神奈川

    法政大学第二中・高等学校

    21世紀の国際社会で活躍できる有能な人材を育成します。

  • 56(55 - 56)

    神奈川

    山手学院中学校・高等学校

    英語教育や国際交流に力を入れ、「世界を舞台に活躍でき、世界に信頼される人間」の育成を目指しています。

  • 56(56 - 58)

    神奈川

    青山学院横浜英和中学高等学校

    「こころを清め、人に仕えよ」を校訓として聖書に基づいた教育が行われ、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    神奈川県立平塚中等教育学校

    「生きる(Live)・慈しむ(Love)・学ぶ(Learn)」の3つのLを基盤とする教育により、次世代のリーダーを育成します。

  • 54(54 - 56)

    神奈川

    桐蔭学園中等教育学校

    自ら考え判断し行動できる子どもたちの育成

  • 53(50 - 53)

    神奈川

    湘南学園中学校・高等学校

    個性を尊重した教育が行われます。自由な雰囲気がある中で、身なりやマナーには責任ある態度が求められます。

  • 52(52 - 53)

    神奈川

    森村学園中等部・高等部

    「正直・親切・勤勉」を校訓に、徳育・知育・体育の調和のとれた教育を目標としています。

川崎市立川崎高等学校・附属中学校 女子 偏差値基準(女子・共学校対象)

  • 57(57 - 60)

    神奈川

    神奈川大学附属中・高等学校

    「質実剛健・積極進取・中正堅実」を建学の精神として、有能な人材の育成を目標としています。

  • 57(57 - 57)

    神奈川

    公文国際学園 中等部・高等部

    生徒一人ひとりの可能性を発見し、その能力を伸ばすことにより、国際社会に貢献できる人材を育てます。

  • 57(57 - 59)

    神奈川

    中央大学附属横浜中学校・高等学校

    実学の伝統を守りつつ、自立に向けて知性と徳性を身につけ、心身ともに健全な人間の育成を目指しています。

  • 57(56 - 57)

    神奈川

    法政大学第二中・高等学校

    21世紀の国際社会で活躍できる有能な人材を育成します。

  • 56(56 - 57)

    神奈川

    日本女子大学 附属中学校・高等学校

    「信念徹底・自発創生・共同奉仕」を3本の柱とし、知育・徳育・体育のバランスのとれた人間の育成に努めます。

  • 56(55 - 56)

    神奈川

    山手学院中学校・高等学校

    英語教育や国際交流に力を入れ、「世界を舞台に活躍でき、世界に信頼される人間」の育成を目指しています。

  • 56(56 - 58)

    神奈川

    青山学院横浜英和中学高等学校

    「こころを清め、人に仕えよ」を校訓として聖書に基づいた教育が行われ、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    神奈川県立平塚中等教育学校

    「生きる(Live)・慈しむ(Love)・学ぶ(Learn)」の3つのLを基盤とする教育により、次世代のリーダーを育成します。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    湘南白百合学園中学・高等学校

    「従順・勤勉・愛徳」を校訓として、キリスト教精神に基づく全人教育を目指しています。

  • 53(50 - 53)

    神奈川

    カリタス女子中学高等学校

    校名でもある”カリタス(愛)”の実践者の育成が教育目標です。豊かな感性と国際的視野を持つ女性を育てます。

“川崎市立川崎高等学校” の偏差値

偏差値データ提供:株式会社市進

男子 80偏差値

34(34-34)

女子 80偏差値

34(34-34)

入試別の偏差値詳細

入試 男女 80偏差値 60偏差値 40偏差値
- 普通科 34 32 -
34 32 -

80・60・40偏差値とは?

80、60、40という数字はそれぞれ、合格可能性(%)を示しており、例えば同じ偏差値の人が100人受験した場合に80人合格するのが「80偏差値」、60人合格するのが「60偏差値」です。この値は模試によっても異なり、本データは株式会社市進が実施した模擬試験においての合格可能性を掲載しています。

同じ神奈川エリアで近い難易度の入試をおこなう高校

川崎市立川崎高等学校 男子 偏差値基準(男子・共学校対象)

  • 37(37 - 37)

    神奈川

    神奈川県立厚木西高等学校

    社会に貢献できる、人間力あふれる人材の育成を目指しています。生徒の学習意欲を高めるカリキュラム編成に力を入れています。

  • 37(37 - 37)

    神奈川

    神奈川県立金沢総合高等学校

    生徒のニーズに合わせた選択科目の編成を重視するとともに、充実感や達成感を大切にした教育活動を展開する方針です。

  • 37(37 - 37)

    神奈川

    神奈川県立上溝高等学校

    参加型・体験型の授業を通してシチズンシップ教育を推進しています。また、伝統・文化教育に力を入れており、「郷土史かながわ」を1年生全員が学びます。

  • 37(37 - 37)

    神奈川

    神奈川県立横浜清陵高等学校

    進学に重点を置く年次進行型のカリキュラムです。キャリア教育に力を入れており、総合学習を通して「他者や社会」との関わりを学びます。

  • 37(27 - 37)

    神奈川

    横浜創学館高等学校

    校訓は「恒心」です。「共生力」「表現力」「創造力」を育み、常に正しい心を持って自らの人生を切り開いていくことを目指す方針です。

  • 36(36 - 36)

    神奈川

    神奈川県立百合丘高等学校

    ビデオ学習や車椅子講習会などを通じて人権についての理解を深めています。また、講演会や留学生との交流を行うなど国際理解教育にも積極的です。

  • 36(36 - 36)

    神奈川

    神奈川県立横浜南陵高等学校

    社会で活躍できる実践力の育成に努めています。学習と部活動を両立させる文武両道の精神を重視しているほか、福祉マインドの育成にも力を入れています。

  • 36(36 - 36)

    神奈川

    神奈川県立舞岡高等学校

    生徒の可能性を広げる指導を重視しています。日本人としての自覚や誇りを育む観点から伝統文化の継承に力を入れ、茶道・和装の体験学習を実施しています。

  • 36(36 - 36)

    神奈川

    川崎市立高津高等学校

    「責任ある行動を果たし得る人格の養成、客観的な思考力の養成、着実有能な活動をなし得る人材の育成」などを教育目標としています。

  • 35(35 - 35)

    神奈川

    神奈川県立旭高等学校

    人格の陶冶、体力の養成、学力の充実を教育目標に掲げています。問題解決能力の育成を目指し、アクティブラーニングを授業に取り入れています。

川崎市立川崎高等学校 女子 偏差値基準(女子・共学校対象)

  • 37(37 - 37)

    神奈川

    神奈川県立厚木西高等学校

    社会に貢献できる、人間力あふれる人材の育成を目指しています。生徒の学習意欲を高めるカリキュラム編成に力を入れています。

  • 37(37 - 37)

    神奈川

    神奈川県立金沢総合高等学校

    生徒のニーズに合わせた選択科目の編成を重視するとともに、充実感や達成感を大切にした教育活動を展開する方針です。

  • 37(37 - 37)

    神奈川

    神奈川県立上溝高等学校

    参加型・体験型の授業を通してシチズンシップ教育を推進しています。また、伝統・文化教育に力を入れており、「郷土史かながわ」を1年生全員が学びます。

  • 37(37 - 37)

    神奈川

    神奈川県立横浜清陵高等学校

    進学に重点を置く年次進行型のカリキュラムです。キャリア教育に力を入れており、総合学習を通して「他者や社会」との関わりを学びます。

  • 37(27 - 37)

    神奈川

    横浜創学館高等学校

    校訓は「恒心」です。「共生力」「表現力」「創造力」を育み、常に正しい心を持って自らの人生を切り開いていくことを目指す方針です。

  • 36(36 - 36)

    神奈川

    神奈川県立百合丘高等学校

    ビデオ学習や車椅子講習会などを通じて人権についての理解を深めています。また、講演会や留学生との交流を行うなど国際理解教育にも積極的です。

  • 36(36 - 36)

    神奈川

    神奈川県立横浜南陵高等学校

    社会で活躍できる実践力の育成に努めています。学習と部活動を両立させる文武両道の精神を重視しているほか、福祉マインドの育成にも力を入れています。

  • 36(36 - 36)

    神奈川

    神奈川県立舞岡高等学校

    生徒の可能性を広げる指導を重視しています。日本人としての自覚や誇りを育む観点から伝統文化の継承に力を入れ、茶道・和装の体験学習を実施しています。

  • 36(36 - 36)

    神奈川

    川崎市立高津高等学校

    「責任ある行動を果たし得る人格の養成、客観的な思考力の養成、着実有能な活動をなし得る人材の育成」などを教育目標としています。

  • 35(35 - 35)

    神奈川

    神奈川県立旭高等学校

    人格の陶冶、体力の養成、学力の充実を教育目標に掲げています。問題解決能力の育成を目指し、アクティブラーニングを授業に取り入れています。