“東京女学館中学校・高等学校” の偏差値

偏差値データ提供:株式会社市進

女子 80偏差値

52(50-55)

入試別の偏差値詳細

入試 男女 80偏差値 60偏差値 40偏差値
2/1 1回 4科 52 50 49
2/1 2回[午後] 2科 55 53 51
2/2 3回[午後] 2科 54 52 50
2/3 4回 4科 51 49 48
2/2 国際一般[午後] 2科 50 48 47
12/10 帰国 国算or算英 - - -

80・60・40偏差値とは?

80、60、40という数字はそれぞれ、合格可能性(%)を示しており、例えば同じ偏差値の人が100人受験した場合に80人合格するのが「80偏差値」、60人合格するのが「60偏差値」です。この値は模試によっても異なり、本データは株式会社市進が実施した模擬試験においての合格可能性を掲載しています。

学校情報

学校名
女子校 東京女学館中学校・高等学校
住所
〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-7-16
交通
JR・地下鉄「渋谷」「恵比寿」からバス「東京女学館前」。
電話番号
03-3400-0867
学校長
福原 孝明
沿革
明治21年伊藤博文を委員長に皇族・政界・財界の識者を会員にした「女子教育奨励会」を母体として創立。
教育方針
どのような時代の変化にも対応できる高い品性を身につけ、国際的に通用する教養と学力を身につけた女性の育成を目指しています。

この学校の偏差値に関連する掲示板

お金持ち?
2018/08/28
14:46
東大を目指さない名門校でも、生徒の質が下がれば、そう見えなくなってしまいます。偏差値低下は、学力以上に生徒の質の低下を招くのです。 家庭環境で生徒を選抜するのではなく、学力で選抜しますから。偏差値低...
お金持ち?
2018/08/14
19:18
...生が御作りになられた新渡戸文化なども女学館と同じ名門校。 女学館の併願で玉川を受ける受験生も多く、偏差値では計れない、伝統あるバランスのとれた学校。 まさにおっしゃる通り!
お金持ち?
2018/07/16
10:15
...います。 伝統も大切にしつつお勉強も面倒見が良い名門校。 大学進学実績も悪くない。むしろ中学偏差値の割には良い。 バランスのとれた良い学校だと思います。

同じ東京エリアで近い難易度の入試をおこなう中学校

東京女学館中学校・高等学校 女子 偏差値基準(女子・共学校対象)

  • 55(50 - 55)

    東京

    恵泉女学園 中学・高等学校

    教育の基盤はキリスト教信仰です。独立人としての自覚を持ち、自然を愛し、世界に向け開いた心を持つ女性を育成することが目標です。

  • 55(55 - 55)

    東京

    東京都立富士高等学校・附属中学校

    知性と教養を身につけ、品格と感性を磨く教育により、国際社会のトップリーダーとして活躍できる生徒の育成を目指しています。

  • 55(55 - 62)

    東京

    普連土学園中学校・高等学校

    キリスト教・フレンド主義に基づき、「すべての人間に対する尊敬の念、誠実さ、簡素さ」を持つ女性の育成を目指しています。

  • 54(53 - 55)

    東京

    共立女子中学高等学校

    誠実・勤勉・友愛を校訓に、高い知性、豊かな情操、堅固な意思を養い、21世紀に活躍する女性を育成することが目標です。

  • 54(53 - 54)

    東京

    成城学園中学校高等学校

    個性を伸ばし、基本的な学力の向上と、高い知性に裏づけられた教養ある人間の育成を教育の目標としています。

  • 54(54 - 54)

    東京

    明治大学付属中野八王子中学校・高等学校

    創立の精神に基づき、質実剛毅で協同自治の習慣を養い、優れた人材を育成することを目指しています。

  • 53(53 - 56)

    東京

    國學院大學久我山中学高等学校

    「忠君孝親・明朗剛健・研学練能」を柱に、明るく、さわやかな、明日の日本を担う若者の育成を目指しています。

  • 53(53 - 53)

    東京

    帝京大学中学校・高等学校

    努力をすべての基とし、偏見を排して、幅広い知識を身につけ、国際的な視野に立って判断できる人材の育成を目指しています。

  • 53(52 - 54)

    東京

    田園調布学園 中等部・高等部

    「捨我精進」の建学の精神を基本とし、新時代にふさわしい教養と豊かな国際性を備えた女性の育成を目標としています。

  • 53(52 - 53)

    東京

    東京大学教育学部附属中等教育学校

    「ことば・論理・身体表現・情報・関係」をキーワードに、生きる力を身につける教育を目標としています。