掲載日:

京華×獨協×豊山 文京区の人気男子校3校が集結!「我が校こそ一番!」自慢対決 京華×獨協×豊山 文京区の人気男子校3校が集結!「我が校こそ一番!」自慢対決

多くの名門校が集まる東京都文京区。そんな文京区にある学校の中でも、京華中学・高等学校(以下、京華)、獨協中学校・高等学校(以下、獨協)、日本大学豊山高等学校・中学校(以下、豊山)の3校は、人気校として常に注目を集めています。今回は、3校の生徒たちによる「我が校こそが一番!」との学校自慢対決を開催。男子中高校生の日常と成長のリアルな姿をご紹介します!

※学校名は50音順です。
※撮影時のみマスクを外しています。

第1回戦 男子校あるある! ホンネ炸裂のスクールライフ

まずは中学生3名が登場。入学して分かった「男子校ならではのあるある」を語ってくれました。

武藤くん、清水くん、関口くん 武藤くん、清水くん、関口くん
武藤くん
京華・中2 
武藤優生くん

部活動:理科部
好きな科目:体育
将来の夢:警察官
受験生へのメッセージ:京華は気の合う仲間がたくさんつくれる学校です。受験は大変ですが諦めず頑張ってください

学校を志望した理由は?

武藤くん

小6のときに親にすすめられて行った文化祭で、先輩が温かく接してくださったのが印象的で京華を受験したよ。

清水くん

僕はもともと小6ぐらいまで獨協を知らなかったんだよね。でも、当時通っていた塾の先生が獨協の卒業生だったんだ。優しくて教え方もすごくうまくて、本当にお世話になったなぁ。その先生みたいな人間になりたくて志望したんだ。

関口くん

僕は、小学生の時に参加した剣道の大会で、日大豊山の先輩たちが活躍しているのを見て、「かっこいいな」と憧れて入学することにしたんだ。

清水くん
獨協・中2 
清水智成くん

部活動:バレーボール部・英語ディベート同好会
好きな科目:社会・数学
将来の夢:国際弁護士
受験生へのメッセージ:獨協は、教え方が上手な先生方ばかりなので勉強が好きになれる学校です。今は大変かもしれませんが、後々、充実した学生生活が送れることを願っています

入学前の男子校のイメージは?入学後、イメージは変わった?

武藤くん

先生が厳しいイメージがあった。怖い男性の先生が多いのかなって思っていたかな。だから京華の文化祭に行ってイメージが180度変わったよ! 先生方も優しいし。

清水くん

僕は先輩がすごく怖いんじゃないか、パシリにでも使われるんじゃないか、そういうイメージがあったな。入ってみたら、部活動をはじめ先輩方がすごく優しく指導してくれて驚いた。

関口くん

小学校の高学年って、女子はしっかりしている子が多いよね。正義感が強い子が、クラスがちょっと騒がしいと「男子、静かにしてください!」って注意をしたりする。そういうのがなくなる分、常にうるさくてまとまりがないのかなとは思っていたね。入学したら団結力は強いし友達はお互いに尊重し合っているし、入学前のイメージが払拭されたよ。

関口くん
豊山・中2 
関口日向くん

部活動:剣道部
好きな科目:英語
将来の夢:教師
受験生へのメッセージ:男子校に対して入学前の僕と同じようなイメージを持っている人もいるかと思いますが、豊山に入るとイメージは一変すると思います。毎日通いたいと思える学校です

実際に入学してみてからの生活は?

武藤くん

宿泊研修のときにグループでカレーをつくったんだけど、鍋と間違えてボールを火にかけちゃったことがあって。先生方も友達も失敗をみんなが大目に見てくれるから「次、頑張ろう」って切り替えられるのも「男子校あるある」かなって思う。

清水くん

僕は校内のエピソードなんだけど、一時期、自動販売機のカルピスのボタンを押したらなぜかポカリが出てくることがあったんだよね。みんなで一斉に買い始めてポカリブームが起きたよ(笑)。ちょっとしたことで盛り上がるのも「男子校あるある」かも。

関口くん

本当にちょっとしたことで盛り上がるよね。豊山は、クラスで恋バナをして盛り上がることもあるよ(笑)。男子だけの世界は異性の目を気にせずに騒げるから楽しいしラクだけど、やっぱり異性に興味がないわけじゃないからね。

3校引き分け!

第2回戦 ここは負けない 我が校独自の授業や学校行事

ここで、高校生3名が登場! それぞれの学校の「我が校こそ!」というポイントを教えてくれました。

小林くん、森くん、木村くん 小林くん、森くん、木村くん
小林くん
京華・高2 
小林昌純くん

部活動:鉄道研究部
好きな科目:英語
将来の夢:映像関係の仕事
受験生へのメッセージ:2024年には新校舎が完成し、京華、京華商業のある場所へ京華女子が移転し、3校がワンキャンパスになるので、よりにぎやかな雰囲気になるのではと思います。ぜひ一度学校に足を運んで、京華の雰囲気を感じてください

イチオシの部活動や学校行事は?

小林くん

僕が所属している「鉄道研究部」は、京華の中でもイチオシの部活動。京華祭を主な発表の場に、毎年テーマを決めて、鉄道に関する研究発表、鉄道模型の展示を実施しているよ。全国の鉄道研究部や同好会が集まる「全国高等学校鉄道模型コンテスト」では、毎年のように何かしらの賞を受賞していてすごく光栄。

森くん

学校行事だと、球技大会がコロナの影響でドッジボールになったこと。高校生がドッジボールって独自だと思う。バトルとなると何事にも負けたくないのが獨協生。試合前に友達と体育館でドッジボールの練習に全力で取り組んだよ。小学生ぶりにドッジボールをしたけど、高校生の投げる球は想像の2、3倍速かった!僕も本気で投げて2日間くらい筋肉痛になったよ(笑)。

球技大会の様子 球技大会の様子

木村くん

豊山といえば水泳部。水泳部は毎年インターハイで優勝しているし、昨年の東京オリンピックで現役高校生ながら出場した先輩もいらっしゃるんだ。スポーツが盛んな学校だから、自分の居場所があるか、不安な後輩や受験生がいるかもしれないけど、学芸部の活動も盛んだから安心して! 僕自身、中学では「電子計算機部」に入っていてPCを使用したゲームや3Dロボット、AIの製作を行っていたよ。

水泳部 3Dロボット
森くん
獨協・高3 
森俊太くん

部活動:陸上部
好きな科目:化学
将来の夢:看護師
受験生へのメッセージ:僕自身も受験勉強が辛い時期がありましたが、乗り越えた先に中高6年間の楽しい時間が待っています。変にキャラをつくらず、バカなことをしたり、勉強バトルしたりと、全力で何事も楽しめるのが獨協の良さ。ぜひ文化祭に来て、雰囲気を体感してください

他校にはないと思う授業は?

小林くん

京華は伝統を重んじる風土がある。体育では、週1で柔道か剣道かを選択する授業があって、日本古来の武道を学ぶ機会があるのは特色かな。礼儀礼節が身につくし、「技」を繰り返し練習することで忍耐強さや折れない心が育つので勉強面や日常生活でも役立っているよ。

柔道の授業の様子 剣道の授業の様子

森くん

ドイツの文化と学問を学ぶ目的で、明治初期に創立された「獨逸学協会学校」を前身とする獨協ならではのドイツ語。「ドイツ研修旅行」というプログラムもあるんだ。僕はドイツ語を選択してないから5、6時間目で授業が終わるんだけど、ドイツ語選択の人は7、8時間目に授業がある。ネイティブのドイツ人の先生がミニゲームやドイツの伝統に触れながら授業を展開してくれて楽しいって聞いているよ。

木村くん
豊山・高2 
木村嘉克くん

部活動:英語部
好きな科目:国語
将来の夢:好きなゲームにまつわる仕事
受験生へのメッセージ:豊山には自分の進路と向き合う機会や、カリキュラムが数多く揃っているので、将来の夢を見つけられる環境が整っています。入学後に困ったときには、サポートしてくださる先生方や生徒ばかりなので安心して入学してください

木村くん

豊山は「社会と情報」という授業があって、最先端のICT教育を受けることができるんだ。例えばExcelの関数を利用した問題が出されるんだけど、問題のレベルによって1級、2級と分けられているから、問題を解いていて達成感が得られる授業。これは「社会と情報」の授業に限らずだけど、どんな質問をしても、先生方が丁寧に答えてくれるから、分からない箇所を放置せず、着実に苦手分野を克服してレベルアップしていけるのが豊山の授業だね。

3校引き分け!

3回戦 男子校だから成長できる!僕らのやる気スイッチが入った瞬間

最後は男子校ならではの自分の成長を感じた瞬間について語っていただきました。

小林くん、森くん、木村くん

入学後、成長を感じたエピソードは?

小林くん

勉強面での成長は、中3から高1に上がったタイミング。高校生になると中学生の頃より全体的に勉強が難しくなるから、意識的に予習や復習をする習慣が身についた。あとは、入学時は話すのが得意なほうではなかったんだけど、説明会で保護者の方からの質問にお答えする「KSN(京華スクールナビゲーター)」の活動を中学からしていて、そこで自分の入試体験談をお話したりしている中で人と話すことに慣れたのも成長したところだと思う。

森くん

僕も中3から高1にかけて、一番自分が成長したなって感じている。中3から生徒会に入って代表をする機会が増えたんだよね。文化祭の部門長、部活の副部長、今も生徒会の副会長とかいろいろまとめ役をする機会が増えて、周りをまとめて采配するのがうまくなったと思う。勉強面に関しては中2が起点。中2の初め頃のテストで、高得点を取ったんだけど、獨協は小テストでも上位者は名前が毎回貼り出されるから、友達も順位を知って「すごいな」と声をかけてくれたり、点数を競って勝負をしたりするのが楽しくなって。「今、合計点数何?」「うわ、2点負けている」みたいなやり取りがゲームみたいで面白いって感じるようになった。1人じゃなくてみんなで勉強している意識が生まれたよ。

木村くん

僕は入学してから今までずっと成長中。豊山は資格・検定試験を入試に導入する大学が増える中、中学3年間で英検・漢検・数検3級以上の取得を奨励しているんだ。取得できるか心配だったんだけど、検定試験前に各種検定取得に向けた対策講座を実施していて、「この級はこの文法は覚えておいたほうが良い」など、資格ごとに先生方が的確なアドバイスをたくさんくれるんだよね。気づいたらいろいろな資格・検定を取得していて自分でも驚いたし感動したよ。

3校引き分け!

笑顔の絶えない取材で、最初は緊張気味だった中学生たちも「先輩のおかげで学校の知識が深まった」「先輩のような高校生になりたい」と、目を輝かせていました。また、高校生たちからは男子校での生活の中で萎縮せずお互いを尊重して、のびのびと成長していることが伝わってきました。ぜひ、学校説明会や文化祭などで、生徒たちの語ってくれた各校の良さ、男子校の良さを体感してください。

イベント日程

男子中学校フェスタ2022

「男子校のこと、もっと知りたい!」という受験生保護者の皆さまへ
6月12日(日) 開催予定の「東京私立男子中学校フェスタ」がおすすめです。
完全予約制・入替制となり、現役生は来場しませんが
学校生活については動画配信されるなど、随所に工夫が施されています。
都内屈指の男子校が一堂に会する、絶好のチャンスをお見逃しなく。

取材協力

企画・編集:インターエデュ・ドットコム
提供・取材協力:京華中学・高等学校/獨協中学校・高等学校/日本大学豊山高等学校・中学校