英語で夏休みを楽しもう! CISのサマースクール

英語で夏休みを楽しもう! CISのサマースクール

inter-edu’s eye

第1回でお伝えしたように、英語が話せない子でもやる気があれば本物の英語力と世界で通用するラーニングスキルが身につくコロンビアインターナショナルスクール(以下、CIS)。入学前に学校を体験できるイベントとして、年間を通して英語を活用するプログラムが組まれた「サタデースクール」や7・8月だけの「サマースクール」があります。今回は20年目を迎えたサマースクールのようすをご紹介します。

学校公式サイト ≫

英語で楽しむサマースクール

サマースクールは夏に行われる短期授業体験プログラム。1週間単位で朝からインターナショナルスクールの授業を受けることができます。授業で使う言葉はもちろん英語のみ。英語での読み書きのほか算数や理科、ICTを活用した授業なども行われ、インターナショナルスクールへ入学を考えているご家庭には環境や授業を体験できる貴重な機会です。
帰国子女や外国籍のお子さまもいますが、多くは公立の小中学校からの入学を検討しているお子さま。まだ英語が話せないというお子さまを多く受け入れてきたCISでは、卒業生や在校生も期間中しっかりサポート。参加しているお子さまたちは、心からCISの環境を楽しんでいるようです。

小5〜6年生のクラスのようす
小5〜6年生のクラスのようす

英語のレベルで分けられた2つのクラスでお子さまにあった授業を受けることができます。
コンセプトは「英語ができなくても楽しい1日が過ごせる」こと。週の終わりにもなるとクラスメイトとも打ち解け、スムーズな会話にならなくとも知っている単語やジェスチャーでコミュニケーションをとっているようす。英語を話してみるのが初めてでも英語が好きになる。そして英語を勉強したくなる。楽しく笑い合って過ごせるのがCISサマースクールの特徴です。

CISのサマースクールとは? ≫

毎日楽しいと帰ってくる

実際に参加した人たちはどう思っているのでしょうか。今年初めてサマースクールに参加したという親子にお話をうかがいました。

「英語は学校で勉強しているだけだったので、娘の参加には不安もありました」と語るのはお母さま。通い始めてすぐその不安は消えたようです。
「初日から楽しんでいたようで、明日が待ち遠しいと言っていました。レベルに合わせた配慮のおかげかもしれません。期待以上に楽しんでくれて親もひと安心です」と話してくれました。

お子さま(小6)は「参加してみてとても楽しかったです。私には日本の学校より合っているかも。入学出来たらみんなと仲良くなって一緒に遊びたいし、将来は海外の大学にも行ってみたいです」と満足そうでした。

高校時代からサマースクールの手伝いをしているという卒業生は、「英語ができなくてもストレスを感じないように工夫されていますよ」「サマースクールという文化は日本にはなじみがありませんが、かたいものではありません。英語を使って友だちと楽しく過ごしましょう」とサマースクールの楽しみ方を教えてくれました。

卒業生
カルフォルニア、カナダの大学に通い、夏休みに一時帰国してお手伝いに来ている卒業生

ゴールまでの過程を大切に 親しみを大事に

Scienceで工作に夢中になる小学生たち
Scienceで工作に夢中になる小学生たち

サマースクールの授業では、何よりお互いが打ち解けてコミュニケーションがとれるよう考えられています。自己紹介ひとつをとっても細かい工夫がされており、授業の途中には緊張をほぐすゲームを取り入れることも。
重視しているのは自分で考えるということ。「授業には何かしらの目的が設定されています。それを達成するためにはどうしたらよいのか、その道筋を自分で考えることに学びの本質がある」と担任のルーシー先生はいいます。

みなさんにメッセージ

サマースクールをご担当のホール先生からメッセージをいただきました。

メッセージを寄せてくれたホール先生
メッセージを寄せてくれたホール先生

机に向かうだけでなく、アクティビティを通して活発に動いて過ごすのがCISのサマースクール。エアロビクスやヒップホップといったプログラムもあり、忘れられない経験になることでしょう。お子さまにとってもお母さまにとっても初めての体験です。はじめは戸惑いや不安もあると思いますが、参加者全員が快適に過ごせる環境を整えているのでご安心ください!
9月には公開授業も予定しています。在校生が受けている本当の授業とはどのようなものなのか、ぜひCISに来て感じてみてくださいね。

ダンスを楽しむ小学生たち
ダンスを楽しむ小学生たち

公開授業に参加する ≫

編集者から見たポイント

子どもたちの適応力は大人が思うよりずっと高く、英語レベルも育ってきた環境も超えてすぐに打ち解けてしまいます。笑顔あふれるサマースクールのようすに、見ているこちらも楽しくなるイベントでした。
インターナショナルスクールも選択肢に入れてみようかなと思った方は、ぜひ9月の公開授業で中学生が受けている日常の授業をご覧ください。

今年最後の公開授業!

イベント 日時 対象
公開授業② 9月22日(土)
9:30~11:00
幼・小・中・高校課程

学校公式サイト ≫


その他の連載コンテンツ

第1回中学校からインターナショナルスクールに通いたい!

インターナショナルスクールといえば、外国籍のお子さまや帰国子女が通う学校というイメージではないでしょうか。一方で、私立中学も英語教育に力を入れる傾向に。本当の英語力を身につけるには?中学校からの入学についてお話を聞いてきました。記事を読む≫