インターナショナルスクールを週1で体験!サタデースクールで英語力アップ

インターナショナルスクールを週1で体験!サタデースクールで英語力アップ

inter-edu’s eye

「海外生活の経験がなくても入学できる」と話題のコロンビアインターナショナルスクール(以下、CIS)は毎週土曜日、4歳~小学6年生を対象に「サタデースクール」を開講しています。CISの学びをほぼそのまま体験できるので、「国際教育を受けさせたい」「入学させるかじっくり考えたい」という方におすすめです。取材したところ、児童・保護者の満足度が高く、英語に不慣れなお子さまも成長できることが分かりました。

学校公式サイトへ ≫

着実に英語が身に付く!サタデースクールのプログラムとは

サタデースクールの授業時間は毎週土曜日午前9時~午後13時まで。最寄り駅までのスクールバスも運行しているため、無理なく通わせることが可能です。受講者は①幼稚園年少~年長②小学1~2年生③小学3~6年生-の3グループに分けられ、それぞれの中で英語力によって少人数のクラスが編成されます。このため、英語に慣れていないお子さまでも着実に成長することができます。

幼稚園年少~年長クラスのようす
幼稚園年少~年長クラスのようす
小学3~6年生クラスのようす
小学3~6年生クラスのようす

授業はもちろんオールイングリッシュ。しかし、英語を学ぶことだけに特化した授業ばかりというわけではありません。その内容は算数、理科、図工、体育、コンピューターなどさまざま。児童はグループワークをはじめ多様な活動の中で、英会話の力を習得していきます。インターナショナルスクールほぼそのままの教育を受けることで、英語を深く学ぶことができるのです。

ボルダリングのようす
工作のようす
サタデースクールの詳細はこちら ≫

英語がどんどん好きになる!入学検討にも役に立つサタデースクール

授業のようす1

このたび、CISのサタデースクールでエデュスタッフが突撃インタビューを敢行。児童・保護者から生の声を聞くことができました。受講理由は「インターナショナルスクールに入学する準備がしたい」「英語力を高めたい」などで、皆さまがそれぞれの目標意識をお持ちなのが分かりました。

小学6年生F・Tさん:僕は小学4年生から受講しているのですが、4~6年生が同じクラスで学ぶので先輩から学べるところがよかったです。今ではみんなを引っ張っていく立場なので、リーダーシップが身に付きました。授業は学校と違って成績をつけるための勉強という感じがなく、とにかく面白いです。

小学5年生T・Nさん:英語が好きで去年から通い始めました。最初はオールイングリッシュの授業についていくのは大変でしたが、難しいところは先生がゆっくり喋ってくれたりして、1か月ほどで慣れることができました。英語が不安な人もいるかもしれませんが、完璧じゃなくてもしっかりと通じるので大丈夫ですよ!私は英語がさらに好きになったので、きっと英語が苦手な人も好きになれる学校だと思います。

T・Nさんは将来、国際関係の仕事をするのが夢で、CISへの入学も検討中とのことです。サタデースクールはCISと教育内容が近いため、入学するか決める上できっと参考になるでしょう。反対に習い事感覚で受講するお子さんももちろんいます。

カリキュラムを見る ≫

「急に発音がよくなった」オールイングリッシュで大きく成長

授業のようす2

保護者からもお子さまを受講させての感想をお聞きしました。やはり「通わせる前はオールイングリッシュの授業についていけるか心配だった」という方もいらっしゃいます。しかし、お話を伺った方々はお子さまの英語力、英語を話そうとする意欲が成長するのを目の当たりにして、そうした不安は解消できたとのことでした。

I・Jさま(小学4年生のお母さま):サタデースクールに通わせたのは英語に親しんでほしいのはもちろん、自己主張する力を育てたかったからです。知らない子とグループワークをすることでコミュニケーション力がグンと伸びたと感じています。また、今までも英語教室には通わせていましたが、サタデースクール受講後は英語の発音が急によくなりましたね。小学校ではできない成長ができる場所だと感じています。

S・Sさま(6歳のお子さまのお父さま):ほかの英会話教室に通わせていたのですが、日本語の割合が大きいため、子どもがやる気が下がってしまったことがきっかけで通わせています。体育、理科の実験、図工といった授業内容が食いつきやすいようで、色々な活動をしながら英語を使うのが面白いようです。オールイングリッシュの環境に刺激されてか自分からフォニックスの勉強を始めるなど、積極的に英語を身に付けようになり驚いています。

お問い合わせはこちらから ≫

グローバル社会への第一歩に!先生からのメッセージ

最後に、広報御担当の森亦哲也先生からメッセージをいただきました。

2021年度のサタデースクールは今年11月中旬から来年1月下旬にかけて受講者を応募する予定です。サタデースクールはCISに入学する準備として、学校や先生はどうかなどが肌で感じられるよい機会です。さまざまなアクティビティを通して、「グローバル社会を生きるために必要な力」がどんなものかも知ることができます。もちろんCIS入学を検討されていなくても「英語を勉強したい!」という方も大歓迎です。

編集者から見たポイント

サタデースクールで学ぶ子どもたちはとにかく活動的で驚きました。児童にインタビューして印象的だったのが「小学校と違って先生が怒らない」という言葉です。一人ひとりが輝ける環境だからこそ、英語力・国際感覚が身に付くのではないでしょうか。

学校公式サイト ≫

その他の連載コンテンツ

英語サポートも充実のインターナショナルスクール! CISのイベントに潜入

コロンビアインターナショナルスクールのイベントを取材し、リアルな声をお届けします。記事を読む≫