放課後学校が塾になる!佼成女子の万全の講習体制

放課後学校が塾になる!佼成女子の万全の講習体制

inter-edu’s eye

佼成学園女子中学高等学校(以下、佼成女子)では、進路指導やチューターによる、手厚い学習指導体制が魅力のひとつでもあります。卒業生からは「塾や予備校に行かなくても希望の進路がかなう」と好評を得ています。今回は進路指導の先生とチューターの方から、佼成女子の進路指導についてうかがいました。

佼成女子の充実した進路指導

中川先生と西村先生
左:進路指導部長 中川 茂美 先生 右:統括進路指導部長 西村 準吉 先生

インターエデュ(以下、エデュ):佼成女子の進路指導内容について具体的に教えてください。

中川先生:高2の2学期までは、学校の授業が中心となります。3学期から希望者が放課後や長期休みに実施している校内講習に参加しています。

西村先生:受験に向けての学習体制の強化のほかにも、専門スタッフによる定期的な面談や、チューターによる学習指導も行っています。一人ひとりに応じた細やかな指導が佼成女子の特色ですね。

エデュ:塾や予備校に行かなくても受験本番を迎えられるわけですね。

中川先生:ほとんどの生徒が塾や予備校に行かずに講習室で勉強をしています。希望の進路をかなえるために推薦入試にも対応しています。

西村先生:秋になると職員室の前には、論文の添削などで多くの生徒が集まっています。講習には予備校の先生にも協力いただき、分業することで多様化する入試体制に対応しています。

佼成女子の手厚い講習室と講習体制

エデュ:講習室はいつどのように利用できるのでしょうか。

西村先生:2年生の3学期から希望者を対象に講習を受けることができます。放課後15時45分から80分の講習が3コマあります。また、チューターによる演習の時間もあります。

エデュ:長期休み等はどのような利用スタイルになりますか。

中川先生

中川先生:年間のスケジュールでプログラムが決まっていますので、放課後と同様に講習があります。講習を担当するのは予備校でも人気の外部講師の先生です。

エデュ:ほかにはどのようなサポート体制があるのでしょうか。

中川先生:面談も月1回程度行い生徒の現状について専門スタッフが把握するようにしています。その現状や課題については先生やチューターも共有し、具体的な対策をとるようにしています。

西村先生:国公立大や難関私大を目指したい生徒には、佼成学園中学校・高等学校(男子校)と一緒に行っている「トップレベル講習」があります。5年前から実施しているのですが、実績が年々上がってきています。以前は男子の受講が多かったのですが、現在は男女同じぐらいの人数が参加しています。

エデュ:なぜこのような学習サポートを始めようと思ったのですか。

中川先生:今から12、3年前、当時の校長が佼成女子に入学してから希望の進路をかなえるまでのサポート体制を考えて始めたのがきっかけです。

西村先生

西村先生:英語力をつけて、受験に向けての基礎学力を身につけたうえで受験本番までしっかりサポートをする。大多数の生徒が塾や予備校に行かずに受験本番を迎えています。

エデュ:生徒からの評判はいかがですか。

中川先生:希望の進路をかなえるために先生、予備校の先生、チューターが一丸となってサポートするのでなくてはならないと言ってくれています。

西村先生:「講習室」と言っても勉強するだけでなく希望の進路をかなえるための「共同体」ととらえています。入試の多様化にも対応できるのが特長だと思います。

「講習室があったからこそ受験が乗り越えられた」チューターインタビュー

丹野さんと川原さん
左:東京外国語大学 言語文化学部2年 丹野 紗矢香さん
右:青山学院大学 経営学部 マーケティング学科4年 川原 真珠子さん

生徒一人ひとりの学習をサポートするチューター。彼女たちはどのような活動をしているのでしょうか。佼成女子の卒業生でありチューターとして後輩に指導する2人に話を聞きました。

エデュ:チューターとしての指導内容を教えてください。

川原さん:政治経済を担当しています。現在は生徒10人の成績を管理したり、精神面でのケアをしたりしています。また、演習の時間に使う問題を作ることもあります。

丹野さん:私は英語を担当しています。生徒の成績の管理をはじめ、単語テストや文法テストを行って生徒の現状を把握しています。

丹野さんと川原さん

エデュ:後輩たちの印象はいかがですか。

川原さん:とにかく元気な印象ですね。でも演習の時間になると静かに集中しているので切り替えが上手だと思います。

丹野さん:演習の時間以外でも質問に来る子もいて熱心だなと感じます。

エデュ:お2人とも在学中、講習室で学んだそうですがいかがでしたか。

川原さん:講習室がなかったら受験は乗り切れていないくらい支えてもらいました。学習面だけでなく精神的にも支えてくれたので感謝してもしきれないぐらいです。

丹野さん:チューターの中には知っている先輩もいたので、質問しやすかったですね。良い場所だなと思います。

編集者から見たポイント

放課後や長期休みに実施している『講習室』は、まるで塾や予備校にいるようです。専門の講師の指導のほか、気軽に相談できるチューターの存在、フォローする先生など受験本番に向けて万全な体制が整っています。塾への移動時間もかからず受験勉強に集中できるというメリットもあります。また、仲間とともに目標に向かって勉強することでモチベーションの向上にもつながるのではないでしょうか。

これからのイベント日程

イベント名 日時 備考
夜のミニ説明会 11月9日(金) 17:00 施設見学・個別相談あり
昼のミニ説明会 11月14日(日) 11:00 施設見学・個別相談あり
適性検査型入試問題学習会 12月1日(土) 10:30 施設見学・個別相談あり
学校説明会 12月9日(日) 14:30 施設見学・個別相談あり

佼成学園女子のイベント日程を確認する≫


その他の連載コンテンツ

第2回文部科学大臣賞受賞! SGH全国高校生フォーラム最優秀プレゼンターインタビュー

SGH全国高校生フォーラムにて最優秀プレゼンターである文部科学大臣賞を受賞したお二人にインタビュー!記事を読む≫

第1回驚異の英検取得率100%満足度の高い佼成女子の英語教育

中3の100%が英検3級を取得! さらにはその内の81%が準2級を取得する、英語の佼成ならではの英語教育についてお伝えいたします。記事を読む≫