全国レベルの部活動に熱中! 「文武両道」で進路もかなう

全国レベルの部活動に熱中! 「文武両道」で進路もかなう

inter-edu’s eye

大東文化第一高校(以下、大東一高)は全国レベルの部活動が多数ある「文武両道」の学校です。好きなことに打ち込みながら、学習にもしっかりと力を入れられる環境で、生徒が希望する進路を実現しています。今回はチアダンス部、書道部の卒業生(全員2017年度卒)が登場! 充実の学校生活を振り返ってもらいました。

学校公式サイトへ ≫

「やりぬく力」が育つ! 部活動で大きな成長を

インターエデュ(以下、エデュ):高校3年間の部活動の思い出を教えてください。

岸田さん
岸田さん(日本体育大学 体育学部体育学科)…元チアダンス部

岸田さん:チアダンス部はとにかく練習の毎日でした。大変でしたが、その分3年間ですごく成長できましたね。1年生のときは全国大会出場を目標としていたのですが、3年生ではそこで入賞が狙えるレベルになったほどです。また、部活動を通して礼儀やマナーなども学べました。

安永さん
安永さん(大東文化大学 文学部書道学科)…元書道部

安永さん:書道部は「自分がやりたいことをやらせてくれる部活」でした。生徒側は何でも自由に作りたい作品を選べて、しかも的確な指導を受けることができましたね。顧問の先生が書道家だからこそ、自由度の高い活動ができたのだと思います。

吉田さん
吉田さん(筑波大学 芸術専門学群書領域)…元書道部

吉田さん:書道部は全国トップクラスの実績で、在学中は東京都の大会で個人の部で1位が10年以上出ていました。しかし、顧問の先生は「勉強と両立するように」と言ってくれていたのが印象に残っています。

エデュ:部活動を通して成長が実感できた点はありますか。

安永さん:「1つのことを最後までやり抜く力」が身に付きました。書道展に向けて集中して作品にひたすら向き合い、高校3年生のときに全国総合文化祭で全国3位という成績を収めることができました。

吉田さん:計画的に物事を進めることができるようになったと思います。書道展に向けて作品を仕上げるのが活動のメインで、数カ月先を見て稽古することが求められます。もともと計画を立てるのが苦手だったのですが部活動を通して成長し、大学に入ってからはレポート提出などがテキパキできるようになりました。

書道部紹介動画

岸田さん:チアダンスは団体競技ということもあり、みんなで協力し、動きを揃えて演技することで協調性が身に付いたと思います。また、あきらめずに練習することで忍耐強くなりました。

チアダンス部紹介動画

全国レベルの部活動をチェック! ≫

「文武両道」を可能にする学習サポート

エデュ:部活動と勉強の両立は大変でしたか。

安永さん:大会に出す作品の締め切りと学校のテスト期間が重なると、本当に時間が足りなくなり大変でした。でも、大東一高は学習サポートが手厚いので勉強もしっかりできますよ。当時は放課後学年全員で残って自習する「学び合いの時間」がありました。今ではより指導態勢が充実していると聞いています。

吉田さん:勉強のサポートでよかったのは、授業で大学の過去問題を解く時間を設けてくれたことですね。3年生の春にとても低い点数だったのですが、先生が「焦らずにやっていけば大丈夫」と段階を踏んで指導してくれました。そのおかげで安心して学ぶことができました。

岸田さん:チアダンス部は定期テストが近くなると、活動時間中に勉強をするようになっていました。そのおかげで「勉強しなくてはいけない」という気持ちになれたので、両立できていたと思います。

手厚い指導内容をもっと見る ≫

部活動の先生が受験サポートも!

進路相談のようす

エデュ:大学受験を意識した時期や現在の進路を選んだきっかけを教えてください。

安永さん:入学時から大東文化大で書道を学びたいと考えていました。

岸田さん:将来、体育教師になりたいと考えているのですが、顧問の先生をはじめ体育科の先生には日体大出身者が多いことを知り、志望しました。

吉田さん:高3の5月ごろに筑波大を受験しようと決めました。

エデュ:進路実現のために受けたサポートを教えてください。

岸田さん:私はAO入試だったので、スポーツについての小論文やエントリーシートの対策まで体育科の先生方がバックアップしてくれました。

吉田さん:大学受験は、2次試験の科目に書道があり、顧問の先生に指導を受けて乗り越えました。そのほかの教科担当の先生からも手厚いサポートを受けて合格することができました。

進路状況を見る ≫

大東一高は「自分の好きなことができる場所」

登校のようす

エデュ:皆さんにとって大東一高はどんな学校でしたか。

安永さん:自分の好きなことを全力でできる学校だと思います。「努力すれば必ず結果がついてくる」ということを実感できた3年間でした。

岸田さん:どの部活動にも力を注いでいるので、入って後悔しない学校だと思います。

吉田さん:もともとは留学がしたいと思ってこの学校に入ったのですが、部活動をはじめたくさんのことにチャレンジできた3年間でした。受験もしっかりサポートしてくれるので安心して通える学校ですよ!

編集者から見たポイント

全国レベルの部活動が珍しくない大東一高。その裏側には、学習面もしっかりとサポートできる環境があることが分かりました。安永さんが話していた「学び合いの時間」ですが、今では大学生メンターが自習室の前に常駐して、生徒の学習をサポートするなどさらにパワーアップしています。(過去記事で詳細を見る
部活動も勉強も頑張りたい方にとってぴったりな学校なのではないでしょうか。

学校公式サイトへ ≫

イベント日程

イベント名 日時
第11回 オンライン個別相談会 2020年10月24日(土)
14:00~16:00
第12回 オンライン個別相談会 2020年10月31日(土)
14:00~16:00
第13回 オンライン個別相談会 2020年11月14日(土)
14:00~16:00
第14回 個別相談会 2020年11月23日(月・祝)
9:00~15:00
※校舎見学あり8:30~15:00
イベント日程詳細 ≫

その他の連載コンテンツ

学校説明会を映像で! 国際交流と学習指導が強い大東文化大学第一高等学校

大東文化大学第一高等学校は本年度の学校説明会をオンラインで開催。教育活動の特色を始め、学校の歴史から現在の入試制度まで映像で詳しく紹介されています。記事を読む≫