十文字中高の未来型教育Move on プロジェクト Next Stage に注目!

十文字中高の未来型教育Move on プロジェクト Next Stage に注目!

inter-edu’s eye

時代に先駆けた女子教育を進める十文字中学・高等学校(以下、十文字中高)で行われている、未来型教育「Move on プロジェクト Next Stage」をご存知でしょうか。充実した理系教育や手厚いキャリアプログラムに加え、中でも力を入れているICT教育を中心にご紹介します。

学校公式サイトへ ≫

4年前に学校改革がスタート

まずは、「Move on プロジェクト」を始めるに至った経緯や特徴について十文字中高に30年勤める中学教頭の浅見先生に話をうかがいました。

インターエデュ(以下、エデュ):Move on プロジェクトを始めたきっかけと概要を教えてください。

浅見教頭:AIやロボットと共存する社会、あるいは正解のない社会の中で、「自ら考え、協働できる人」を育てたいと考え、プロジェクトがスタートしました。Move on プロジェクトは、①充実したキャリアプログラム②未来の探究③英語教育の充実④理数教育の充実―この4本の柱を中心に進められています。

中学教頭 浅見 武 先生
中学教頭 浅見 武 先生

エデュ:Move on プロジェクトの特徴を教えてください。

浅見教頭:年間を通じて、豊富な講演会や体験会・見学会を経験することができます。これは生徒にとって将来を考えることにもつながると考えています。また、ICT教育と探究論文の作成のために、4年生(高1)からタブレットPCを1人1台導入しています。そして、ネイティブの先生によってハイレベルな英語の授業を受けることができる「Advanced Placement English Class(アドバンスド・プレースメント・イングリッシュ・クラス)」を導入しており、さらに海外研修を充実させていきます。

エデュ:Move on プロジェクトを通して生徒にどのように成長してほしいですか。

浅見教頭:グローバル社会の中で生き抜いていくために、伝え合うためのコミュニケーション力と、多くの人の考えをつなぐコーディネート力を身につけ、しなやかなパートナーシップを築くことができる女性になってほしいですね。

さらに詳しく教育の特徴を見る ≫

ICT教育を中心とした先進的な教育

続いてMove on プロジェクトを支える柱の一つとなっているICT教育について担当の中隯(なかじま)先生に話をうかがいました。

エデュ:生徒たちはタブレットPC(Surface Go)を普段どのように使っているのでしょうか。

中隯先生:今年度から生徒一人ひとりがタブレットPCを持つようになりました。日ごろのポートフォリオの蓄積や、学校生活や進路情報の共有、探究活動、デジタル学習教材「すらら」を活用した終礼テストなどでより日常的に活用しています。

中隯 友里 先生
中隯 友里 先生

エデュ:授業では、ICTをどのように活用しているのでしょうか。

中隯先生:たとえば中3生の数学統計分野の授業では、ICTをフル活用し探究型の授業に取り組みました。解明してみたい疑問(テーマ)に対して仮説を立て、検証に必要なデータを収集・分析。グループで議論した上で出た結論を「PowerPoint」でまとめ、最後は「ポスターセッション形式」で学年研究発表会も行いました。

授業のようす

エデュ:ICT教育によって生徒たちが得られるメリットや学びを教えてください。

中隯先生:生徒一人ひとりの能力を主体的に伸ばす環境が整ったことが生徒にとって最大のメリットではないでしょうか。たとえば終礼テストも、今までは「全員ここまで理解できているか」を確認するだけで終わってしまっていましたが、「すらら」を活用することで理解度に応じた復習課題に取り組めるようになり、自分の学習サイクルが確立できるようになりました。受け身になりがちな学校生活ですが、タブレットPCを適切に活用することで、生徒一人ひとりの能力を主体的に伸ばすことができるようになりました。

進学実績を見る ≫

タブレットPCを導入した生徒のリアルな感想

実際にタブレットPCを使っている生徒たちの声を集めてみました。

タブレットPCを使いこなす生徒たち
タブレットPCを使いこなす生徒たち

探究活動のことについて調べるときにタブレットPCを活用しています。調べ学習がより簡単にできるようになりました。

重要事項などをタブレット上にあげてもらうことで、自分で確認する習慣が身に付きました。

簡単に起動させることができるし、持ち運びができるので、小さなことや少し気になることでもすぐに調べて理解できるようになりました。

自分から進んで自習をすることができるようになりました。

気になる大学や、夢について学校で調べることができるので便利です。

文化祭のプレゼンテーションやアンケート作成時に、「PowerPoint」や「Word」を使えるので便利です。先生方の許可を得たり、USBを準備したりすることなく、学校や家で作業することができました。探究活動などでも、毎回教室移動せずにすぐ作業に取り掛かることができるのもタブレットPCを1人1台持つことのメリットであると感じます。

学園生活を詳しく見る ≫

編集者から見たポイント

4つの軸を基にスタートした十文字中高の「Move on プロジェクト Next Stage」。まもなく創立100周年を迎える伝統を守りながら時代に即した教育を展開しています。プロジェクトを支えるICTを生徒たちも積極的に活用しているようすが伝わってきました。今後も、生徒自らが考え協働して社会で活躍する女性の育成を目指す「Move on プロジェクト」に要注目です。

学校公式サイトへ ≫

イベント日程

イベント名 日時
中学 学校説明会③ 2019年10月5日(土) 14:00~15:45
高校 入試説明会① 2019年10月12日(土) 14:00~15:45
中学 イブニング説明会① 2019年10月18日(金) 18:30~19:30
中学 学校説明会④ 2019年11月2日(土) 14:00~15:45
高校 入試説明会② 2019年11月9日(土) 14:00~15:45
中学 イブニング説明会② 2019年11月15日(金) 18:30~19:30
中学 入試体験会① 2019年11月23日(祝土) 10:00~12:00
高校 入試説明会③ 2019年12月7日(土) 14:00~15:45
中学 入試体験会② 2019年12月15日(日) 10:00~12:00
中学・高校 個別相談会 2019年12月26日(木) 10:00~16:00
イベント日程を確認する ≫

その他の連載コンテンツ

第1回世界に向かって羽ばたく力が育つ! 十文字が進めるこれからの女性教育

時代に先駆けた女子教育を進めてきた十文字中学・高等学校連載がスタート!校長にリケジョを育て自己肯定感を上げる教育についてインタビュー!記事を読む≫