次世代の留学制度・DDPで人生の可能性を広げる

次世代の留学制度・DDPで人生の可能性を広げる

inter-edu’s eye

ユニークな留学制度を多数持つ神田女学園中学校高等学校(以下、神田女学園)が昨年度から導入したのが「ダブルディプロマプログラム」(以下DDP)。海外の学校に在籍して学ぶことで現地校のディプロマ(卒業資格)も取得できる革新的なプログラムです。高校の国際教養コースではDDP参加に向けて努力する生徒たちを手厚くサポートしています。今回は今年プログラムに参加する生徒11名にインタビューを行い、DDPに懸ける思いをうかがいました。

学校公式サイト ≫

留学先が5か国に拡大! 学ぶ環境の選択肢が広がる

神田女学園では本年度からDDPの留学先がアイルランドとニュージーランドの2か国から、アメリカ、カナダ、イギリスを加えた5か国になりました(DDP@5Area)。「DDP@USA」は現地で2年間学ぶか、現地+本校オンラインで1年ずつ学ぶか、オンラインで2年間学ぶかを選択することが可能なブレンディドDDP(WEBでも現地でも可)で、そのほかの4つは現地で学ぶプログラムとなっています。それぞれに特徴的な学びの環境があり、本格的なリベラルアーツ教育やグローバル教育が受けられるエリア、圧倒的に英語力を高められるエリア、また、ホームステイやドーム(寮)ステイ、共学や女子校など、自分の学びたい環境を選ぶことができます。

ダブルディプロマプログラムについてもっと詳しく ≫

DDP参加を心待ちにする生徒たち

国際教養コースの高校1年生11名にインタビューを行い、DDPへの参加を決めたきっかけや目的、将来の夢などについて、詳しくうかがいました。

全員が英検を取得していて、3級が1名、準2級が8名、2級が1名、準1級が1名。切磋琢磨しながら、DDP参加の準備を行っています
全員が英検を取得していて、3級が1名、準2級が8名、2級が1名、準1級が1名。切磋琢磨しながら、DDP参加の準備を行っています

インターエデュ(以下、エデュ):神田女学園に入学したきっかけを教えてください。

サユリさん:私は中学校で配布されたプリントで神田女学園の存在を知り、DDPに惹かれて入学を決意しました。

ユーユさん:留学プログラムが充実していることや、フランス語や中国語、韓国語など多言語に触れられる環境に魅力を感じたからです。

エデュ:神田女学園には多彩な留学プログラムがありますが、その中でDDPを選んだ理由を教えてください。

ユウさん:一般的な留学でも語学力は身につくと思いますが、DDPは海外の学校の卒業資格を取得できるため、大学受験やその先の将来でも役立つと考えました。

タマキさん:長期間日本を離れて海外で学ぶことで、今の自分を変えたいと思ったからです。

エデュ:国際教養コースのクラスの雰囲気はいかがですか。

サユリさん:コミュニケーション能力が高い生徒が多く、DDPに参加するという同じ目的があるので、他のクラスと比べて一体感がありますよ。

タマキさん:会話の中で英語が飛び交っています。何事にも自信を持って積極的に取り組む生徒が多く、日々良い刺激を受けていますね。

ユーユさん:自分の気持ちや意見をしっかり言える生徒が多い印象です。授業中に先生が生徒に質問したり意見を求めたりすると、みんな積極的に答えています。

国際教養コースの授業の様子
国際教養コースの授業の様子

エデュ:これからDDPにチャレンジするみなさんですが、留学先とそのエリアに決めた理由を教えてください。

ユーユさん:私はカナダです。英語とフランス語の2言語が公用語であることからも分かるように、多言語・多文化であるところに魅力を感じました。

ユウさん:USAを選びました。体調面に不安があり、渡航して現地校で学ぶことは難しいのですが、「DDP@USA」なら神田女学園の校内でオンラインを通じて現地の授業を受講できるので、私にぴったりだと思いました。

サユリさん:私はアイルランドです。ほかのエリアに比べて留学する日本人が少ないため、より英語力を強化できる環境だと思い、選びました。教育の質が世界トップレベルで、治安もよく自然豊かなので、過ごしやすそうだというのも大きな理由です。

アオイさん:カナダに留学します。自分の意見を英語で発信したりさまざまな人の意見を聞くことができる教育プログラムが充実していると聞き、理想の環境だと感じました。

エデュ:留学に向けてどのような準備をしていますか。

リナさん:英会話スクールに通い、ネイティブの先生とたくさん会話を交わして実践的な英語力を鍛えています。

ウララさん:英語の勉強はもちろん、留学先の国の文化やマナー、ホームステイ先での心構えや振る舞い方について調べ、理解を深めています。

エデュ:留学先で取り組みたいことを教えてください。

ユウさん:日々の学習管理を今まで以上にきちんと行い、授業に積極的に参加できるように努めます。

タマキさん:航空宇宙学など、日本にはない科目を深く学びたいですね。

ユーユさん:勉強に加えて地域活動やボランティアにも取り組みたいと考えています。

ホヅさん:自分から英語でコミュニケーションをとって、友達をたくさん作りたいです!

エデュ:将来の夢や希望の進路を教えてください。

サユリさん:私はアメリカの大学に進学して、精神科医や心理学者になりたいと考えています。

エリカさん:心理学やジャーナリズムを専攻したいと思っています。

アオイさん:大学で英語力を養い、国際問題について造詣を深めて、卒業後は英語力を活かせる仕事に就くのが理想です。

リノさん:キャビンアテンダントを目指しています。

エデュ:最後に、DDPに興味・関心を持つ受験生やその保護者に向けてメッセージをお願いします。

チハルさん:私は英語の日常会話に不安を抱えていましたが、学校でネイティブの先生と練習することで自信が持てるようになりました。現在の英語力に自信がなくても、学校がしっかりサポートしてくれるので、安心してDDPにチャレンジできますよ!

サユリさん:DDPは語学力が向上するうえ、海外の学校の卒業資格も取得できる夢のようなプログラムだと思います。2年間の長期留学なので参加には勇気が必要だと思いますが、留学に興味があったり、グローバルに活躍する仕事に就きたいと考えている方には、ぜひおすすめしたいです!

海外大への進学も! 卒業生の進路をチェック ≫

編集者が見たポイント

神田女学園ではDDP参加を希望する生徒を徹底的にサポート。ネイティブ教員によるマンツーマンレッスンを何度も行って英語力を鍛えたり、先輩方から留学の体験談を聞く機会や業者の方に留学先の様子を共有してもらう機会を設けて、生徒が安心してDDPに参加できるよう尽力しています。気になる方はぜひ説明会などを訪れて、プログラムの詳細を知っていただきたいと思います。

今後のイベントスケジュール

イベント名 日時
授業体験会 8月21日(土) 10:00~
教育内容説明会 8月28日(土) 14:00~
教育内容説明会 9月5日(日) 9:00~
授業体験会 9月18日(土) 10:00~
イベントの詳細と予約はこちら ≫

その他の連載コンテンツ

ダブルディプロマプログラム1期生が語る充実の留学生活

昨年度、取材をしたDDP1期生のアンナさんに2年間の留学を終えての思いをうかがいました。更なる1年間の留学で得た経験や英語力に迫ります。記事を読む≫

留学制度も充実! ジブンのドラマをデザインする“革新的女子教育”

革新的女子教育を実践し、注目度を高めている神田女学園。今回はよりブラッシュアップした教育プログラムの内容やコロナ禍の学校生活について、校長の宗像諭先生にじっくりお話をうかがいました。記事を読む≫