英語教育が強い人気校!卒業生が語る「夢が叶う学習環境・受験サポート」

英語教育が強い人気校!卒業生が語る「夢が叶う学習環境・受験サポート」

inter-edu’s eye

「英語教育が充実している」と話題の国際学院中学校・高等学校(以下、国際学院)は、少人数制で生徒一人ひとりが積極的に学べる環境が大きな魅力となっています。そこで今回は、見事に希望進路を実現した卒業生2名にご登場いただき、国際学院の手厚い学習指導をご紹介。英検取得を長いスパンでサポートし、大学受験でのアドバンテージとする取り組みをはじめ、全力で生徒の夢を叶えようとする国際学院の姿が見えてきました。

学校公式サイトへ ≫

国際交流、留学、英検サポートが抜群!英語力が必ず伸びる学校

星楓子さん、富田央人さん
(左)日本女子大学に合格された、星楓子さん
(右)電気通信大学に合格された、富田央人くん

インターエデュ(以下、エデュ):国際学院の魅力を中学受験生に教えてください。

星さん:国際学院は英語に力を入れていて、国際交流のチャンスがとても多く、中学の授業ではALTの先生とのコミュニケーションやゲーム形式の活動が取り入れられていて楽しく学べます。英語が好きな人には最適な学校だと思います。

富田くん:やはり、英語が思いっきり勉強でき、さらに一歩進んで実際に使う体験もできるところですね。中学校での国際交流イベント「インターナショナル・フレンドシップ・ウィーク」では1週間、海外10か国から来校した留学生と一緒に授業を受けたり、観光地を訪れたりしながら、文化の違いについて意見交換することもできました。

インターナショナルフレンドシップウィークで訪れたたくさんの方と交流する生徒たち
インターナショナル・フレンドシップ・ウィークの様子。生徒たちは「日本文化を英語で紹介する」という難しい課題に挑みます

エデュ:国際学院は英検取得に力を入れていますが、どのように勉強してきましたか。

富田くん:放課後に級別の講習があり、対策をしっかりと立てながら勉強できました。中学3年生で準2級、高校1年生で2級を取得できました。そのおかげで、大学受験で英語の試験が一部免除されたことがあったので、頑張ってよかったと思っています。国際学院は英語が好きで入学してくる生徒が多いので、切磋琢磨し合える良い環境で、挑戦することができました。

星さん:普段の授業はもちろん、放課後の英検対策の講習も先生に質問しやすいですし、できたことをすごく褒めてくれるので、楽しく勉強できました。高校3年生で準1級を取得して、大学で第一外国語の単位として認定してもらうことになりました。

エデュ:留学プログラムには参加しましたか。

星さん:高校1・2年生のときに1年間アメリカに留学しました。きっかけは中学校で国際交流を経験して、海外に出てみたいと思ったことです。留学を経験して、国際人になるには積極性が大切だと身を持って知ることができました。

留学、海外研修の様子
留学や海外研修のプログラムが充実していることが、国際学院の大きな強み。視野が大きく広がる経験ができます

富田くん:星さんが留学していた間、アメリカからの交換留学生が国際学院にいて、常に英語で話せたので、かなり刺激を受けました。自分もこの経験が1つのきっかけとなり、英語を話せるようになりたいと強く思うようになりました。

国際教育の特色を知る

「面談で志望校10校ピックアップ」進路実現に全力

「将来は英語を使ったお仕事に就きたい」と語る星さん。
「将来は、英語を活かせる仕事に就きたい」と語る星さん。英語教育の充実ぶりを知って、国際学院を選んだとのこと

エデュ:国際学院の学習指導の強みを教えてください。

星さん:少人数制なので、授業でも講習でも気軽に質問できて、分かるまで熱心に教えてくれるところです。もともと私は数学が全般的に苦手だったのですが、放課後講習で徹底的に鍛えてもらいました。

富田くん:僕は反対に数学が好きで、カリキュラムが早く進むところが有難かったです。中学3年生で数IAまで習っていたので、高校3年生では復習に使える時間がかなりありました。講習に関しては、過去問の丁寧な解説があり、受験対策ができてよかったです。

大学卒業後の進路について「ものづくりに関係する仕事に就きたい」と語る富田くん。
「卒業後は、ものづくりに関係する仕事に就きたい」と語ってくれた富田くん

エデュ:進路選択や大学受験に関してどんなサポートを受けてきましたか。

富田くん:昨年は休校が明けてから、先生と面談する機会が月に1回あって、そこで毎回10校以上は志望校の候補を挙げてくれました。僕は高校3年生になってから、国語・社会科の成績が落ちてしまい、国立大学から私大志望に切り替えようと思ったのですが、先生との面談の中で、国立大学を最後まで諦めないことを決意できました。

星さん:私は総合型選抜の面接対策が本当に助かりました。本番の前日まで教頭先生がマンツーマンで練習に付き合ってくださり、細かい言葉遣いまでしっかりと正せて自信を持つことができました。将来をじっくり考えられるキャリア教育の授業などがあり、国際学院はとても手厚い学校だと思います。

進路指導のサポートを詳しく知る

「スモールステップを応援する」国際学院の指導力

充実の英語教育を実践し、進路指導も手厚い国際学院。国際人を育て、生徒の夢を叶える教育活動について教頭の田中先生からもご紹介いただきました。

田中先生
希望進路を実現した御二人を、6年間指導された教頭の田中直樹先生

エデュ:国際学院の学力向上のための取り組み、学習環境の強みを教えてください。

田中先生:英語の授業数を週8時間と多く設定しています。また、朝・放課後に講習を実施しています。その中で英検と数検の取得をサポートしていますが、各検定に挑戦することで英語と数学を深く学んでほしいという思いも込めています。

エデュ:講習に関して工夫している点はありますか。

田中先生:特に中学校課程では補習に力を入れて、自己肯定感を高められるよう指導しています。生徒のスモールステップを応援することが大切だからです。また、高校では予備校による受験対策のための講習や一部の授業を実施しています。

エデュ:2020年度のコロナ禍にはどう対応しましたか。

田中先生:Microsoft Teams を用いてオンライン授業を行い、さらに一歩進んでオンラインでの国際交流もできました。国際学院は双方向型のオンライン学習にも対応しているので、臨時休業の期間があっても学びを止めず、進めることができます。

教育内容を詳しく知る

「英語好きが集まる環境でともに学ぶ」受験生へのメッセージ

少人数制授業の様子
一人ひとりが主役になれる、少人数制の国際学院。先生による学習サポート体制も◎

エデュ:受験生へのメッセージをお願いします。

星さん:国際学院は英語力を伸ばせるし、進路のことも先生が親身に聞いてくれるので、きっとみなさんも充実した学校生活が送れます!中学受験は辛いと思いますが最後までやりきってください。

富田くん:国際学院に入学したらきっと、一緒に勉強できる仲間ができます。英語が好きな人が多いのはもちろん、大学受験直前期も自習室で教え合いながら乗り越えてきました。オープンスクールなどで学校にいらっしゃることがあったら、ALTの先生と生徒が楽しく話している国際的な教育環境を感じてください。

編集者から見たポイント

英語は大学受験の要であり、国際社会を生きるお子さまにとって欠かせないツール。英語教育で選ばれるうえに、進路実現に真剣な国際学院は将来につながる進学先だと改めて感じました。

学校公式サイトへ ≫

イベント日程

イベント名 日時
オープンスクール・個別相談会 2021年7月~12月(予定)
学校説明会 in 五峯祭(文化祭) 2021年9月(予定)
プレテスト 2021年10月~12月(予定)
イベント日程を見る