生徒の本音!国際学院の魅力とESDでの学び

生徒の本音!国際学院の魅力とESDでの学び

inter-edu’s eye

国際学院中学校高等学校(以下、国際学院)は2010年、ユネスコの理念を学校現場で実現することを目的とした「ユネスコスクール」に加盟し、海外との交流などを中心に、積極的にESD(持続発展教育)に取り組んでいます。国際学院のESDを通じて生徒はどのように成長するのでしょうか。生徒の本音から国際学院の魅力に迫ります。

学校公式サイトへ ≫

生徒目線で見る国際学院のよいところ!

生徒の本音に迫るため、インターエデュではアンケートを実施。「あなたが思う国際学院のよいところ」と「入学して成長した点」について聞きました。

あなたが思う国際学院のよいところ

  • 友人との関わりが充実しています。本当の自分を出すことができるようになり、毎日の学校生活が楽しくなりました。授業もたくさんのことを吸収できるので、毎日成長を実感できています。(中1女子)
  • ネイティブの先生方との英会話が好きです。自分の知らなかったことを知ることができるので楽しいです。将来は、国際学院の先生になりたいです。(中2女子)
  • 体育祭です。中学校では学年混合で行われるので、いろいろな人とコミュニケーションが取れるし、創作ダンスを踊るのが楽しいです。高校生も応援してくれるので毎年盛り上がります。(中3女子)
  • カナダ語学研修です。外国の大学に通うという貴重な体験ができ、視野が広がりました。英語で意思疎通する楽しさを学び、大学で語学を学びたいという目標につながりました。(高3女子)
海外研修のようす
海外研修のようす

入学して成長した点

  • 苦手意識のあった数学や理科ができるようになり、学習する喜びを知ることができました。(中2女子)
  • 生徒会長として人前に出る機会が増えたので度胸がつきました。オープンスクールなどで来校者とお話する機会もあったのでコミュニケーション能力が上がったと思います。(高1女子)
  • 自分からいろいろなことに挑戦するようになりました。(高1男子)
  • 多種多様なことに対して興味を持つようになったことです。(高2女子)
6年間の全てが人間力を伸ばします ≫

ユネスコスクールの強み!国際学院のESDとSDGs

国際学院では、ユネスコスクール加盟校の利点を活かし、早い段階から世界を視野に入れた教育プログラムを進めています。また、国際交流の機会を多く設け、語学力だけではなく、異文化に対する理解や、世界で起こっている問題について考える力をはぐくんでいます。

香港での国際交流のようす
香港での国際交流のようす

その柱となるのがESD(持続発展教育)です。ESDとは「Education for Sustainable Development」の頭文字を取ったもので、この地球がより良い状態で継続的に発展していくために紛争、貧困、人口増加など地球規模の諸問題に向き合い、解決に導く人材を育成するための教育です。国際学院では、主に「国際理解教育」「環境教育」に取り組んでいます。「国際理解教育」では、香港をはじめ、マレーシア、オーストラリアなどさまざまな国の人たちと交流する機会を設けています。また、国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンに加入し、SDGsの教育を進めています。2年次の修学旅行では、京都・奈良での歴史学習だけでなく、広島での平和学習の機会も設けています。このようにSDGs17の目標について考えるきっかけが、学びの中に散りばめられています。

2年次修学旅行。清水寺の正門「仁王門」にて。
2年次修学旅行。清水寺の正門「仁王門」にて。
世界と繋がる国際教育の実践 ≫

国際学院生はここが違う!ESDを通じた学び

ESDを通じて生徒たちはどのようなことを学んだのでしょうか。

  • 国際交流で英語を話す機会があっても言いたいことが全く伝わらないことを実感しました。英語を話し、そして相手に伝えることができるようになれば、相手のいろいろな意見を受け入れることができるのだと感じました。(中1女子)
  • 国や文化、国籍、人種に関係なく世界中の人々と親しくでき、国境は壁ではないことが分かりました。同時に自身の英語力の低さも痛感しました。英語をもっと勉強して、世界中の人たちと交流し続けていきたいと思います。(中2女子)
国際交流のようす
  • 国際交流を通じて、異なる価値観や考え方があると知ることができました。(高1女子)
  • 日本にいるだけではなかなか味わえないことや文化を知ることができました。視野が広がったと思います。(高1女子)
  • ホームステイで必死に英語で話そうとした経験が、何事も前向きに挑戦できている「今」につながっています。(高3男子)
  • インドネシアの生徒を受け入れた際には、宗教や文化を配慮したうえで観光プランを考えました。こうした経験を通じ、将来は観光業界で働きたいと考えるようになりました。(高3女子)

編集者から見たポイント

国際学院のESD(持続発展教育)を通し、生徒は国の壁を感じることなく積極的に国際交流を図っていることが分かりました。また、中にはESDを通じて視野が広がり、将来の夢を見つけたという生徒もいました。いろいろな国の人たちと交流を深めることで、たくさんの気付きが得られます。その機会を多く設けていることは国際学院の大きな魅力なのではないでしょうか。

学校公式サイトへ ≫

イベント日程

イベント名 日時
プレテスト要予約 2019年11月23日(土・祝) 9:30~12:30
個別相談会要予約 2019年12月7日(土) 13:30~15:00
プレテスト要予約 2019年12月14日(土) 13:30~16:30
個別相談会要予約 2019年12月21日(土) 13:30~15:00
学校公式サイトでイベント予約をする ≫

その他の連載コンテンツ

第1回保護者が実感!国際学院で叶うわが子の飛躍的な成長

国際学院を選んだきっかけや、入学前後のお子さまの変化などを保護者の目線でインタビュー!国際学院の魅力について聞きました記事を読む≫