自然の中での貴重な学び 駒込中高の林間学校

自然の中での貴重な学び 駒込中高の林間学校

inter-edu’s eye

仏教的情操教育で“智徳体”を育んでいる駒込中学校高等学校(以下、駒込中高)には、学校を代表する行事として、人間教育と食育を兼ね備えた宿泊研修があります。生徒は非日常的な環境に身を置き、食べることのありがたみを体感し、利他(他者のために役立つ自分)の心を持つ人間へ成長していきます。これまでインターエデュ(以下、エデュ)では、仏教修行生活を体験する日光山研修(中学2年次)と比叡山研修(高校1年次)で、それぞれ現地取材を行ってきました。そして今回、中1生の林間学校を取材するべく、2名のエデュスタッフが長野県・菅平へ向かいました。生徒は初めての宿泊研修で何を体験し、どんな表情を見せてくれたのでしょうか。

学校公式サイトへ ≫

食育の第一歩 駒込中高の林間学校

2泊3日で菅平高原へ

7月に行われる林間学校は、中学生にとって初めての宿泊行事です。1日目は富岡製糸場を見学し、午後は宿泊先でネイチャークラフト体験を。2日目は5~7人の班に分かれて「日帰り農村体験『ほっとステイ』」と、飯盒炊さんでカレー作りに挑戦します。「ほっとステイ」では、班ごとに現地の農家を訪ね、農家の方と一緒に作業します。最終日は自然観察「ネイチャートレイル」で菅平牧場の大明神沢コースを約2時間歩きます。

林間学校のねらい

林間学校について語ってくださるのは、比叡山研修や日光山研修も引率されている教頭の本田靖先生です。

農村体験での生徒の話に耳を傾ける本田先生
農村体験での生徒の話に耳を傾ける本田先生

インターエデュ(以下、エデュ):林間学校のねらいは何でしょうか。

本田先生:失敗を含めて中1生にさまざまな体験をしてもらうことです。大自然の中で行うカレー作りでは、火おこしから始めます。自ら作ることで、普段何気なく口にしている料理がどれだけ手のかかるものなのか、生徒は知るでしょう。料理だけでなく、米1粒作るためにたくさんの人や労働が関わっているわけで、ものを育てることや作ることがどれほど大変なことか。「食べ物を大切にしよう」と言葉にするだけでは伝わりにくいことでも、体験すると理解を深められます。

エデュ:比叡山や日光山の研修でも、食育は大きなテーマになっていますね。

本田先生:いただきます、は「あなたの命をいただきます」ということ。そして「1日3度の食事」は決して当たり前のことではなく、感謝すべきこと。それが駒込の食育です。このことを日々の給食時だけでなく、行事でも取り上げて忘れないようにすると、生徒が親になったとき子どもに伝えることができるのです。

中学2年次日光山研修にて
中学2年次日光山研修にて
洗鉢(せんぱつ)
日光山・比叡山研修では食事後、洗鉢(せんぱつ)を行う

エデュ:農村体験では、生徒がものを育てる作業の一端に触れますね。

本田先生:農家での作業はすべてが大変で、体験時に雨が降れば、雨の中で作業する苦労が分かるでしょう。そうした体験が今すぐ何かの成果に結びつかなくてもよいのです。いろいろな体験をして、いつの日か「駒込でのあの経験が、今の僕や私に影響を与えている原点だ」と思ってもらえたら、狙い通りです。
また、なじみのない環境で世代の違う方と話をしながら作業する中で、自分たちができることに気づいたり、現場で必要なマナーについて考えてほしいのです。

エデュ:生徒にとっての“原体験作り”もねらいの1つなのですね。人間教育の面についてはいかがでしょうか。

本田先生:2泊3日も寝食をともにするからには、会話をしないと回っていきません。その間、声を掛け合い、各自ができることをするリーダーシップを身につけます。リーダーシップには周りの人を引っ張っていくというイメージがありますが、気づいたときに自分ができることをすることだって“リーダーシップがある”と言えますから。全員が「誰かが負担を抱えるのではなく、負担を分かち合ってみんなでやっていこう」と考えられるようになってほしいですね。

駒込の人間教育 ≫

初体験の嵐 林間学校レポート

2日目と3日目の活動をエデュスタッフ2名が密着取材。同行したのは、昨年の比叡山研修、一昨年の日光山研修に参加し、体を張って研修の厳しさを伝えてきた“チーム駒込中高”の2人。ここからは、2人の目線で林間学校のようすをお伝えしていきます。

約6時間の農村体験

朝9時から始まった農村体験のようすを探るため、向かった先はブドウ農家。ブドウ畑をのぞくと、瑞々しい緑色の果実や葉の隙間から生徒の姿を発見できました。農家の方から「大きいブドウにもっと栄養を与えるために、近くにある小さいブドウを取るんだよ」と間引きの説明を受け、ハサミ片手に作業に励む生徒たち。頭上を覆うブドウ棚に手を伸ばして茎をカットするため、見上げる姿勢をキープしなければなりません。生徒は「腕と首が痛い」と作業の感想を素直に口にします。農家の方は、「最初は遊び感覚で作業していたけれど、だんだん表情が変わっていきましたね」と生徒の変化を教えてくれました。また、「畑でカエルやトカゲを見つけるとすごく反応するんですよ。私たちには日常の風景なんですけど、珍しいんでしょうね」と楽しそうなようすも語ってくださいました。

間引き作業
農村体験

カレー作りは青空の下で

午後3時30分まで各農家に滞在した生徒らは、4時から屋外でのカレー作りに挑みます。「料理をしたことがない」と、危なっかしい手つきでザクザク野菜を切る生徒に、別の生徒が「こう切るといいよ」と切り方を教えてあげたりと、助け合いながら調理を進めます。そんな中、多くの班で苦戦していたのが火おこし。太い薪や細い薪をどう使い分けるか相談したり、「風を送ればいいんだ!」と試行錯誤の末、解決方法を見出したり。やがて、スパイシーな香りが辺りに漂い始め、次々とカレーが完成していきました。

カレー作り
火おこし

草の上に腰を下ろし、出来立てのカレーを頬張る生徒たち。さぞ楽しかろうおいしかろうとカレー作りの感想を聞いて回ると「うまくできた」といった意見のほかに、「玉ねぎを切ったら涙が止まらなくなった」「煙が目にしみて痛くてたまらない」「カレーなのに灰の味がする」と、食事に至るまでの苦労や失敗談も続々と出てきました。すべて体験なくしては、語れない素晴らしい感想!

カレー作り
火おこし

農村体験の感想も併せて聞いてみたところ、ジャガイモやシイタケ、トマトやキュウリ、リンゴなどを栽培する農家を訪れた各班が、さまざまな体験をしてきたことが分かりました。
「農家のおじいさんが元高校教師で、ジャガイモ掘りの後、地元の歴史について教えてくれた」
「トカゲや幼虫を調理していて、『食べてみる?』と言われたので食べてみたらおいしかった!」
「木のチップで道づくりをした。やったことがないし、大変だった」
「野菜の荷運びをした。ものすごく重かった」
「シソとショウガを食べさせてもらった。おいしかった」
「ずっと草むしりをしていた。疲れた」
「生まれて初めて野生の鹿を見た!」
「初めてジャガイモ掘りをした。虫が出てきて嫌だったけど、農家の方が掘ったイモでじゃがバターを作ってくれた」
「採れたてのキュウリとブルーベリーを食べさせてもらい、すごくおいしかった」

食前と食後に感謝の気持ちを唱えることは忘れません
食前と食後に感謝の気持ちを唱えることは忘れません

驚愕と疲労が織り交ざった体験談がぽんぽん飛び出し、聞いているこちらが驚かされたり笑わされたり。
不慣れな環境で汗水垂らして疲労困憊の中1生たち。それでも食事の前後に全員が手を合わせていた姿に、日々の食育の成果をはっきり見ることができました。

駒込の教育方針 ≫

林間学校のようすをダイジェスト動画でご覧ください。

エデュスタッフが抱いた違和感

2日目と3日目の活動ともに、現場には和気あいあいとした雰囲気が漂い続けていました。生徒はとても楽しそう。そんな生徒を見守る先生の穏やかな表情と優しい眼差し。
その中で、自分たちの胸に湧き上がる疑問がありました。
「これが駒込中高の宿泊行事なのか? 自分たちが体験してきた比叡山研修や日光山研修の雰囲気とは180度違うではないか!」
しかし、その後、ふと思いました。
「今、無邪気に笑っている中1生が、来年あの日光山研修を、3年後にあの比叡山研修を経験するのか」と。
これまで日光山や比叡山で目にした精悍な表情の生徒たちだって、入学した当時は今の中1生のようであり、林間学校での交流や体験を経て、きっとあそこまで成長したのだと。自分たちは駒込生の成長を、たまたま逆回しで見てきたことに気づいたのです。そう考えると、駒込生の成長ぶりに驚かされ、目の前にいる中1生の成長が楽しみになるのでした。

ネイチャートレイルでは普段なかなか体験できない虫や植物とふれあいも
ネイチャートレイルでは普段なかなか体験できない虫や植物とふれあいも

編集者から見たポイント

“失敗を含め、さまざまな体験をする”“食事のありがたみを知る”“一人ひとりができることをする”といった学校の狙いと、生徒の行動が見事に合致していた林間学校。生徒は、校内では成し得ない経験を2泊3日で存分に味わってきたようです。

学校公式サイトへ ≫

イベント日程

イベント名 日時
【人気のクラブが大集合】 クラブ体験会 午後:STEM入試 / 自己表現入試 体験会実施 2019年9月16日(月・祝)
10:00~12:00
13:30~15:30
【お仕事帰りでも大丈夫】 -駒込caféへようこそ- イブニング説明会 駒込中学校の先生たちとの座談会 2019年9月27日(金)
18:30~19:30
【毎年大好評!その2】 秋の給食試食会 2019年10月26日(土)
10:00~12:30
【在校生による学校説明会】 駒込中学校を生徒目線でご紹介!
英語スピーチも披露 国語と算数について入試ポイントもお伝えします
2019年11月16日(土)
14:00~15:30
【受験生体験型】 過去問体験&解説 午前:私立型 午後:適性検査型 ※午前・午後ともSTEM入試 / 自己表現入試 体験会実施 2019年12月15日(日)
10:00~12:00
14:00~16:00
【受験生体験型】 合格力UP入試トライアル ― これをやれば10点UP! ― 保護者の方には傾向と対策をお伝えします 2020年1月12日(日)
10:00~12:30
イベント詳細ページへ ≫

その他の連載コンテンツ

第1回多様性をより豊かに 駒込中学校の特色入試

「STEM入試」「自己表現入試」を導入した駒込中学校の新しい入試で合格した生徒の声と新制服をお披露目します。記事を読む≫