信頼できる指導力!明法の生徒・保護者が本音で学校紹介

信頼できる指導力!明法の生徒・保護者が本音で学校紹介

inter-edu’s eye

明法中学・高等学校(以下、明法)は2019年度に高校が共学化され、2020年度は大学合格実績が急激に伸びた注目校です。今回は、目覚ましい変化を続ける明法を生徒・保護者のリアルな声を交えてご紹介します。ご姉弟で通う生徒2人とそのお父さまからお話をうかがい、「明法が信頼できる理由」に迫りました。

学校公式サイトへ ≫

生徒が主役の明法!スポーツ環境も充実

(左から)遠藤優花さん(高校3年生)、遠藤結太くん(中学2年生)、遠藤豊さん(父)
(左から)遠藤優花さん(高校3年生)、遠藤結太くん(中学2年生)、遠藤豊さん(父)。高校は共学、中学校は男子校という明法をさまざまな角度からご紹介いただきます

インターエデュ(以下、エデュ):受験生に明法の魅力を教えてください。

優花さん:どの先生も親身になって相談に乗ってくれるところです。生徒との距離感が近いので、進路や学習のことはもちろん、学校生活全体についてのアドバイスがもらえます。

結太くん:先生は友達感覚ではないですが、すごく話しやすいです。担任以外の先生もしっかりと向き合ってくれます。

エデュ:生徒の雰囲気を教えてください。

優花さん:すごく主体的で、責任を持って行動する生徒が多いと思います。昨年は文化祭実行委員を務めたのですが、コロナ禍での運営について、みんなで意見を出し合いました。学校全体で見ても、生徒会が校則の見直しを進めるなどしていて「明法は生徒が主役の学校だな」と感じます。

人工芝の第二グラウンド
「明法は部活動も強いし、スポーツが思いっきりできる学校です」と結太くん。人工芝の第二グラウンドで休み時間にサッカーを楽しんでいるそうです
大学進学実績をチェック ≫

生徒ファーストの明法は「オンライン授業も早かった」

先生が生徒をサポートする様子
明法では指導力の高い先生が丁寧にサポートします

エデュ:保護者の目から見て、お子さまはどのような学校生活を送っていますか。

お父さま:2人とものびのびと学校生活を送れていてうれしいです。先生が親身に向き合ってくれているのが大きいのではないでしょうか。受験生の保護者の方も学校説明会に来れば、アットホームな学校の空気が分かると思います。

エデュ:先生の熱心さを感じることはありましたか。

お父さま:昨年の緊急事態宣言への対応です。オンライン授業をすぐに実施してくれました。息子は昨年入学したのですが、休校期間中にも同級生と顔見知りくらいの関係にはなれていたようです。登校が始まってから、入学式も開いてくれて「生徒がどうしたら楽しい学校生活を送れるのか」を真剣に考えてくれている学校だと感じました。

東京ドームより広い!明法のキャンパス ≫

少人数制によるきめ細やかな指導に保護者も納得

遠藤優花さん
優花さんは軽音楽部に所属でドラムを担当しています。明法にチャレンジする受験生へ「悔いのないように勉強してほしい」とお話になりました
遠藤結太くん
結太くんはバドミントン部に所属しています。入学のきっかけは、「文化祭に来て、中学生と高校生の仲の良さを目の当たりにしたこと」

エデュ:学習に関する明法の長所を教えてください。

優花さん:明法は1クラスの人数が少なく、習熟度別のクラスもあるので、焦りを感じることなく学習できます。授業ではペアワークやグループワークをすることが多く、議論したりお互いにアドバイスしあったりできるのも楽しいです。

結太くん:先生が熱心に個別指導してくれて、分かるまで教えてくれるのでとても助かります。丁寧に向き合ってもらえて「勉強をもっと頑張ろう」という気持ちになりました。

エデュ:明法の先生に対する印象を教えてください。

お父さま:三者面談で先生とお話していて「うちの子をしっかり見てくれている」と感じました。苦手教科を伸ばしていくためにどうすればいいか細かくアドバイスをくれただけでなく、特別に課題も出してくれたことがありましたね。きっと少人数制だからこそできる指導だと思います。

中学校のSTEAM教育 ≫

「スタディキャンプ」「オーケストラ授業」他校にない教育

楽器に触れる授業の様子
中学校では「オーケストラ授業」、高校では「器楽授業」の名で楽器を専門の先生に習う授業があります

エデュ:「ユニークだな」と思う明法の教育活動を教えてください。

優花さん:「スタディキャンプ」という希望者が参加する勉強合宿です。学校の合宿所で行われるのですが、すごく勉強に集中できます。1日のスケジュールが決まっていて、参加者全員で切磋琢磨できるイベントです。

お父さま:「オーケストラ授業」ですね。バイオリンやチェロなどの楽器から好きなものを選んで、専門の先生から習うという内容で、芸術に深く触れられるところが素晴らしいです。この授業は中学校3年間続くので、息子がどんな演奏ができるようになるか楽しみです。

2019年の文化祭
2019年の文化祭。中学生と高校生が一緒に活動する場面が多くありました

エデュ:行事や部活動に関する明法の長所を教えてください。

優花さん:軽音楽部に所属しているのですが、コロナ禍でもライブができるように先生が感染対策を進めてくれたのが嬉しかったです。生徒がやりたいことに対して、先生がとても肯定的なので、アクティブな学校生活が送れています。

結太くん:昨年の文化祭が思い出に残っています。コロナ禍で外部の方が来られなくなったことを受けて、文化祭だけで使えるオリジナルの通貨をつくったりしていたのが面白かったです。盛り上げるためにいろいろなアイデアを出している先輩の姿が印象的でした。明法の文化祭は中学生と高校生が一緒に楽しめて、生徒の団結力の強さが分かる行事です。

2020年の文化祭で発行されたオリジナル通貨「明法マネー」
2020年の文化祭で発行されたオリジナル通貨「明法マネー」。生徒のアイデアがコロナ禍の文化祭を盛り上げました
スクールライフのキーワードは「自治」 ≫

安心してお子さまを預けられる!先生の熱意が違います

優花さんと豊さん
「高校時代は自分ものびのびと過ごした。子どもにも同じように自由に過ごしてほしい」と語る豊さん

エデュ:進路に関してどんなサポートを受けていますか。

優花さん:明法では受験に向けた講習会や大学別のガイダンスに加えて、卒業生が経験を語ってくれるセミナーもあります。担任の先生ともじっくり相談して、進みたい学部学科を選ぶところからアドバイスをもらってきました。おかげで将来の方向性を決めることができました。

お父さま:保護者向けの大学受験のガイダンスもあって、詳しい説明を受けられました。今の大学受験は自分が高校生だった頃とは別物で、聞いたお話はすべて新鮮でした。よく面倒を見てもらっているので先生とよく相談して受験に挑んでほしいです。

エデュ:明法を信頼できる理由を教えてください。

お父さま:授業を見たときに、内容が非常に練られていて、先生が研究熱心なのが伝わってきました。娘と息子を見ていて、親身になって相談に乗ってくれる先生がいっぱいいて、しっかりと見守ってもらっていることも分かります。中学受験生、高校受験生の保護者の方も、安心して子どもたちを預けられる学校だと思います。

ペアワークの様子
明法の授業はペアワークやグループワークがよく行われます。アクティブに学べる学校を探す方におすすめです
大学受験のエキスパートたち ≫

編集者から見たポイント

前年度に比べて、GMARCHと東京理科大学に現役合格した生徒数は3倍以上になるなど、大学合格実績の伸びが著しい明法。その背景には先生の高い指導力と生徒との近い距離感があるようです。ぜひ、学校説明会で明法の空気を味わっていただきたいです。

その他の連載コンテンツ

GMARCHに過去最多の合格者!国公立大学合格実績も急上昇中の明法

大学合格実績が急上昇する明法。その背景には「進路指導のスペシャリストが参加する手厚いサポート」があります。記事を読む≫

スペシャル動画