自然豊かな環境が好き! 新入生インタビュー

自然豊かな環境が好き! 新入生インタビュー

inter-edu’s eye

6月15日から全校生徒での登校が始まった日本大学明誠高等学校(以下、日大明誠)で、恒例の新入生インタビューを実施。生徒は4~5月をどのように過ごし、いまは学校生活をどう感じているのでしょうか。男女4名が素直な気持ちを語ってくれました。

学校サイト ≫

オンラインでビブリオバトル

インタビューに参加してくれたのは、特別進学コースで1組の落合慧保くんと笹岡礼くん、普通コースで4組の鈴木桜さんと足立萌々香さんです。

落合 慧保くん
落合慧保くん。「卒業後は日大薬学部へ進学して、薬について学びたいです」
笹岡 礼くん
笹岡礼くん。「将来の夢は理学療法士になることです」

インターエデュ(以下、エデュ):入学を決めた理由を教えてください。

落合くん:オープンスクールで地理の体験授業を受けて、とても分かりやすかったのでいいなと思いました。

笹岡くん:日本大学の付属校だったからです。また、校内に活気があって、楽しい学校生活を送れそうだと感じました。

鈴木さん:説明会で在校生が気持ちのよい挨拶をしてくれたことと、緑豊かな環境に惹かれました。

足立さん:私も自然いっぱいの環境が一番の理由です。あと、2人の兄が卒業生で、文化祭や体育祭の話を聞くたびに楽しそうだなと思っていました。

鈴木 桜さん
鈴木桜さん。「将来は、母と同じ歯科衛生士になりたいです」
足立 萌々香さん
足立萌々香さん。「高校の3年間で、将来のことをじっくり考えていきたいです」

エデュ:コロナ禍で登校できない日々を、どのように過ごしていましたか。

足立さん:5月初旬からオンライン授業が始まったのですが、配信された動画を見て勉強することに最初は戸惑いました。

鈴木さん:だんだん慣れてくると、自分のペースで学習できるようになりましたね。私と足立さんのクラスでは、担任の先生とオンラインで個人面談をしました。先生が生徒の質問に答えてくれたり、不安な気持ちを受け止めてくれたりして、ありがたかったです。

落合くん:うちのクラスはオンラインホームルームで自己紹介をしたり、ビブリオバトルをしました。好きな本を紹介し合うことで、どんな生徒がいるかを知るきっかけになりましたね。

笹岡くん:僕と落合くんのクラスでは、全校登校が始まってから担任の先生が個人面談をしてくれて、進路のこと、学校のことについて話すことができました。

待ちに待った学校生活がスタート

エデュ:クラスの雰囲気はどうですか。

足立さん:4組は最初こそ静かでしたが、話の共通点が見つかるようになってきて賑やかになりました。

笹岡くん:1組はまとまりがあって、居心地がいいです。宿泊研修や球技大会など例年なら入学後に行われる行事が中止になってしまいましたが、授業を通してみんなが打ち解けていきました。

エデュ:どのような授業なのですか。

笹岡くん:英語表現の授業ではグループワークがあり、クラスメイトと交流を深めることができました。社会科では調べ学習の発表があります。「キリスト教はどのように生まれたか」といった課題が事前に出されて、調べてきたことをクラスメイトに説明します。教科に限らず発言の機会が多く、中学校とは違う学びだと感じています。

鈴木さん:コミュニケーション英語の授業は、先生と生徒が会話しながら盛り上がったり、ときには話が脱線していったりして面白いです。

落合くん:担任で数学科の黒川先生の授業がとても分かりやすいです。配られるプリントは要点がまとまっていて、数学が苦手な僕でも理解が進みます。

足立さん:オンラインとは違い、先生に直接質問できるのでどの授業も楽しいです。

日大明誠の学校生活 ≫

エデュ:部活には入りましたか。

鈴木さん:W杯でラグビーに興味を持ち、ラグビー部のマネージャーになりました。いまは先輩マネージャーにいろいろ教わっています。

足立さん:全国大会で活躍するダンス・チア部に憧れて入部しました。1年生だけで30~40人くらい部員がいます。最初のステージは文化祭になるので、頑張って練習します。

落合くん:僕と笹岡くんは卓球部です。僕は初心者なので練習についていくのが大変ですが、先輩方が気さくに接してくれるのでうれしいです。

インタビューを受ける4人
東京から通う生徒が全体の8割を占める日大明誠。取材した4名も東京から電車で通っていました。

エデュ:今後の目標や、高校でやりたいことを教えてください。

落合くん:勉強と部活動の両立です。

笹岡くん:定期考査では学年で1桁を、得意の国語では学年3位以内を目指します。日々の勉強の傍ら、大学について詳しく調べていきたいです。

鈴木さん:部活動で帰宅が遅くなるので、通学時間を活用して勉強しようと思っています。あと、とにかく高校生活を楽しみたい!

足立さん:定期考査ではクラスで10位以内に入ることが目標です。そして、なかなか友達と会うことができなかった分、これからクラスや部活でできた友達と楽しい時間を共有したいですね。

受験生に向けて

エデュ:受験生へのアドバイスをお願いします。

落合くん:苦手教科の克服を重荷に感じるときは、得意な教科をより伸ばしていく方法もあります。僕は好きだった国語の成績を伸ばして合格しました。

鈴木さん:間違えた問題から逃げないで、繰り返し解き直すことが大切です。

足立さん:中学校の積み重ねは、高校でも活かされます。基礎をしっかり固めてください。

笹岡くん:説明会のあとに行われる個別面談にぜひ参加してみてください。校風や、自分がその学校に合うかどうかが分かりますよ。

令和3年度入試要項はこちら ≫

編集者から見たポイント

「学校に通えることがうれしい」と語る1年生。行事の数は減っても、日々の授業や部活動を思いきり楽しんで学校生活を満喫していることが分かりました。夏恒例のオープンスクールは中止となりましたが、最新情報をご確認のうえ、ぜひ学校にも足を運び、笹岡くんおすすめの個人面談に参加してみてください。

学校サイト ≫

イベント日程

イベント名 日時
第1回 入試説明会 2020年10月17日(土) 9:30~
第2回 入試説明会 2020年11月7日(土) 13:30~
第3回 入試説明会 2020年11月28日(土) 9:30~

※変更の場合あり

最新のイベント情報はこちら ≫