部活も勉強も全力投球! 文武両道の明星

部活も勉強も全力投球! 文武両道の明星

inter-edu’s eye

明星中学校・高等学校(以下、明星)では、運動部と文化部併せて40種類の部活動があり、生徒たちは日々熱心に取り組んでいます。今回は個性あふれる部活動の中から、「高校女子ハンドボール部」と「鉄道研究部」の生徒たちにインタビューを行いました。文武両道の学校生活を送ることができる明星らしい取り組み方に注目です。

部活動の紹介はこちら≫

高校女子ハンドボール部

今年創部20周年の高校女子ハンドボール部は、7年連続で12回目の関東大会出場を果たすなど、輝かしい功績を持つ強豪チームです。部活のようすや魅力について、高校3年生の多田さんと新里さんにお話をうかがいました。

厳しい練習もみんなで支え合って乗り越える

インターエデュ(以下、エデュ):ハンドボール部の雰囲気や活動内容を教えてください。

精神的にもチームの軸として部員を引っ張るキャプテンの多田さん
精神的にもチームの軸として部員を引っ張るキャプテンの多田さん

多田さん:和気あいあいとした明るいチームで、何事も全力でやることを大切にしています。活動は土日を含めて週6日です。基礎的なパス練習から実践的な攻防戦、体力づくりやフィジカル強化のためのトレーニングも行っています。今はチーム一丸となって、インターハイ出場を目指し練習に励んでいます。

新里さん:今年のインターハイ会場が三重県なので、『Road to 三重 頑張ろう! よし!』の掛け声が私たちのお決まりです。常にみんなで目標を意識して取り組んでいます。

エデュ:部活のやりがいや魅力は何ですか ?

「原動力は勝ったときの達成感! と誇る副キャプテン新里さん
「原動力は勝ったときの達成感!」と語る副キャプテン新里さん

新里さん:一番のやりがいは「勝つこと」で得られる達成感です。練習では先輩も後輩も関係なく、ダメなところを指摘し合うようにして、より強いチームづくりに繋がるよう意識しています。自分の考えを伝えるのは苦手でしたが、部活を通して自分の意見をはっきり言えるようになりました。

多田さん:明星は部活に集中できる環境が整っているのが魅力です。各部が十分に使えるだけの施設があるので、好きなだけ練習ができます。また、いつも私たちを励まし、サポートしてくれる顧問の先生の存在は大きいですね。

高校女子ハンドボール部の紹介はこちら≫

鉄道研究部

鉄道をこよなく愛する生徒たちが集う中高合同の鉄道研究部。文化祭ではお客さんのアンケートで決まる展示部門賞を5年連続受賞するなど、鉄道の魅力を広く発信しています。中学1年生から部に所属する高校3年生の箕輪くんと阿部くんにお話をうかがいました。

OBや先輩との密なコミュニケーション

エデュ:この部活に所属してよかったと思うことを教えてください。

車掌キャップは2人のお気に入り。箕輪くん(左)と阿部くん(右)
車掌キャップは2人のお気に入り。箕輪くん(左)と阿部くん(右)

箕輪くん:もともと鉄道が大好きで、鉄道研究部に入りたいと思い、明星へ入学を決めました。それまで一人で楽しむ趣味だった鉄道が、部活に入ったことで輪が広がり、みんなで一緒に楽しむものに変わりました。毎日のように鉄道話を語り合えて、とても楽しいです。

阿部くん:中学1年生からOBや先輩方に進路や将来の話をしてもらう機会が多くあって、知らず知らずのうちに自分も考えるようになっていました。僕は高校2年生のとき、OBの方に「諦めずに挑戦していけば可能性はある」と励まされて、志望校のレベルを上げました。その話に後押しをされて、自分を信じて頑張ろうと思っています。

エデュ:勉強との両立はどのようにしていますか?

箕輪くん:講習など学校のサポートもありますが、テスト前は学校の図書館に集まってよく勉強します。みんなで集まりやすく、静かなので集中して勉強します。

阿部くん:合宿のときに先輩が試験のための問題をつくってくれた年もありました。活動日以外でも普段から集まるほど仲が良いので、勉強面でも先輩が後輩の面倒を自然と見ています。

文化祭で展示発表をする見事な巨大ジオラマを作成する生徒たち
文化祭で展示発表をする見事な巨大ジオラマを作成する生徒たち
鉄道研究部の紹介はこちら≫

生徒が自分で考え、行動する力を養う明星

エデュ:明星の魅力はどんなところにあると思いますか。

多田さん:部活ごとの深い絆もありますが、クラスに行けば運動部や文化部の境なく、みんなが仲良しなのも魅力だと思います。

新里さん:先生たちが「勉強と部活どっちも頑張れ!」と熱心に言ってくださるので、私たちも部活を頑張るからには勉強もおろそかにはできないなと自然と思えます。先生との距離が近く、勉強の質問や受験の相談まで気軽にできるのもよいところだと思います。

箕輪くん:ネイティブの先生の授業や海外への修学旅行、海外語学留学プログラムなど、明星では英語を身近に感じながら学べます。グローバルな力が身につくので、自分の可能性が広がっていくように感じます。

阿部くん:体育祭や合唱コンクールなど、クラスごとに一致団結ができる行事が豊富です。みんなで同じ目標に向かって頑張るので、とても盛り上がりますよ。

エデュ:貴重なお話をありがとうございました。

勉強と部活の両立を大切にしていることで、生徒がのびのびと学校生活を楽しんでいるようすが伝わってきます。明星では、部活や多くの行事などを生徒が主体となって取り組むことにより「生徒が自分で考え、行動する力」が自然とついていくようです。

受験生へのメッセージ

最後に、明星を目指す受験生へ、生徒からメッセージをもらいました。

多田さん:生徒の顔や名前、性格を理解して接してくれる先生方のいる素敵な学校です。勉強と部活の両方を応援してもらえるので、どちらも頑張れます。明星なら充実した学校生活が過ごせること間違いなしです。

箕輪くん:僕は明星に通って6年目ですが、毎日がとても楽しいです。素敵な仲間にたくさん出会えて、人の輪が広がります。また、個性豊かな部活が豊富にあって自分の好きなことに没頭できる楽しい学校です。鉄道好きは鉄道研究部へ集まれ!

編集部から見たポイント

生徒たちに「学校は楽しい?」と聞くと、すぐに笑顔で「楽しい!」と返事が返ってきます。勉強をするために部活の時間を減らすのではなく、どちらも全力で頑張ろうという文武両道の精神があるからこそ、生徒たちが心から楽しいと思える学校生活をつくり出せるのだと強く感じました。

イベント日程

イベント名 日時
第4回 中学校説明会 7月1日(日)
説明会 10:30~11:30   個別相談 11:30~
中学校オープンキャンパス 7月15日(日) 9:00~15:00
第2回 高等学校説明会 7月15日(日) 10:00~
明星のイベント日程詳細はこちら≫

その他の連載コンテンツ

第1回英語を身近に感じるヤングアメリカンズ

「世界に貢献する人を育成する」という国際教育を掲げる明星中学校・高等学校。 今回は、昨年度より本格的に取り入れた行事“ヤングアメリカンズ”をご紹介します。記事を読む≫