掲載日:

2022年度注目の小学校特集 横須賀学院小学校

宗教教育

互いを認め合う心が育つ教育

チャペルでのクリスマス特別礼拝
チャペルでのクリスマス特別礼拝

毎日の祈りと賛美の時間が、子どもたちの心の核を作ります。人格の最も大切な部分である心の核からは、本校が生活目標として定めた「誠実」「努力」「奉仕」へと育つ芽がすくすくと育っていきます。この命は、神さまから与えられたものなのですから、精一杯に伸長させなければなりません。支え合い、励まし合うことで、自他の存在をかけがいのないものと認め合う学びの場が生まれます。そんな場での学びだけが明るく豊かなものであるはずです。ボランティアスクール・聖歌隊・施設訪問などの奉仕活動の機会があります。人のために尽くすことが、自分を豊かにするのだと知ることは、生涯にわたっての財産となります。

ICT教育

論理的思考が身につく「こども哲学」

修学旅行先での班長会議でもタブレットを利用
修学旅行先での班長会議でもタブレットを利用

全学年が1人1台のタブレットを持ち、プロジェクターとホワイトボードが整備された教室で授業を行っています。1年生から自在にタブレットを利用しています。しかし、そのことがICT教育であると考えているのではありません。1か月に一度、NPO法人「アーダコーダ」とコラボレートして「こども哲学」を行っています。そこでは「答え」ではなく「なぜ?」を求める話し合いが行われています。また、すべての教科の基礎には「実体験からの学び」を据えています。それらすべてがプログラミング的思考、すなわち「論理的」で「他者」に開かれた考え方を育んでいきます。

英語に強い

基礎と実践の反復で身につく確かな英語力

1年生の英語授業
1年生の英語授業

最初に学んだ英語が、他の言語や文化への『マスターキー』になる。「外国語の学び方の基本」を英語で学びます。語学の基礎は音声と文字、そのため1年生からひらがなと同じようにアルファベットの音と文字の形を学び、英語の文に親しみます。中学年から「自立した学習者」を目指し、実際に使う体験(国際協働プロジェクト、テーマ学習、STEAM教育、コンピュータの仕組みや言語、コードやプログラミングを含むコンピュータ・サイエンスなど)と活動を支える学習(4技能の基礎スキル、文のルール、情報のまとめ方、プレゼンテーションなど)をスパイラルに学習します。本校のユニークな英語教育の効果はTOEFL Primaryでも客観的に証明されています。

学校基本情報

住所
〒238-8511 神奈川県横須賀市稲岡町82
最寄り駅
京浜急行線「横須賀中央」駅、JR横須賀線「横須賀」駅
放課後学習
あり
最終の預かり時間
18:30まで(延長あり)
区分
男子生徒女子生徒
共学校
給食
注文弁当あり
制服
ブレザー
ブレザー
宗教教育
キリスト教
キリスト教
プロテスタント