掲載日:

リハビリ職のすすめ

リハビリ職 徹底研究

魅力や可能性にあふれているリハビリテーションのお仕事。もっと詳しく知りたくなりませんか?
このページでは、リハビリテーションに関する仕事について、さまざまな角度からご紹介いたします。

リハビリテーションのお仕事に就くには?

リハビリテーション職に就くまでのルートにはさまざまなものがあり、多様な学生と机を並べて学べる可能性も

なるためのルートが比較的シンプルな理学療法士・作業療法士

理学療法士が立つ、座る、歩くといった基本的な動作能力を回復させるために患者さんを支援するのに対し、作業療法士は、より生活に密着した「作業」の訓練を行い患者さんの精神面にもアプローチするなど、両者の仕事には異なる面があります。ただし、どちらも病気や怪我によって障がいを負った患者さんの運動機能の向上をめざし、社会復帰をサポートするという点では共通しています。そのこともあり、履修する科目の一部や仕事に就くまでのルートは同じです。

理学療法士・作業療法士とも、国家試験の受験資格が得られる「養成校」で3年以上学び、必要な知識と技術を身につけることが必要です。「養成校」とは、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した大学、短期大学、専門学校のことです。受験資格を得たあとに国家試験に合格することで、専門職としての資格が取得できます。また、外国で免許を取得した人は、厚生労働大臣の認定を受ければ、日本で資格を得ることも可能です。
理学療法士や作業療法士は、リハビリテーションに関する仕事の中では養成校の数が多く、さまざまな特色をもつ学校があります。リハビリテーション病院が併設されていて実習が充実している学校や、少人数制で教員との距離が近く、授業や国家試験対策で手厚いサポートが受けられる学校、夜間部があり、働きながら通うことができて幅広い年齢層の人が学ぶ学校も。

どのように学び、自分の将来の仕事に活かしていきたいのかを考え、養成校を選ぶことが大切です。

理学療法士・作業療法士 資格取得までのプロセス
理学療法士・作業療法士 資格取得までのプロセス

言語聴覚士になるルートは比較的多く、大学進学後にめざすことも可能

言語聴覚士になるためのルートは、大きく分けて2つあります。1つは高校を卒業後に言語聴覚士養成課程のある大学・短期大学や指定の専門学校に進むルート。カリキュラムに沿って3~4年かけて勉強して卒業することで、国家受験資格が得られます。もう1つのルートは、4年制の大学を卒業後に、指定の大学・大学院の専攻科や言語聴覚士養成校(2年制専修学校)を卒業するという道です。

加えて、大学・短大などで一定基準の科目をすでに履修している人が、1年制の指定校を卒業して国家試験受験資格を得るという方法もあります。

言語聴覚士 資格取得までのプロセス
言語聴覚士 資格取得までのプロセス

最短ルートは検定試験+養成校!? 実際には養成校入学が確実なルート

義肢装具士も、高校を卒業後に養成校で3~4年かけて義肢装具士として必要な専門知識や技能を習得することで、国家試験の受験資格を得ることができます。他にも指定科目を履修し2年以上養成校で学ぶか、「技能検定」に合格し養成校で1年以上学ぶ方法もあります。しかし実際には2年制の養成校がないため、大学か専門学校に3~4年間通うのが一般的です。

義肢装具士 資格取得までのプロセス
義肢装具士 資格取得までのプロセス

大学・短大・専門学校に指定科目がある場合も間口が広い視能訓練士

「狭き門」ともいってよいような言語聴覚士や義肢装具士などと比べると、視能訓練士となるための入り口は、比較的多く用意されています。

高校を卒業後、養成校で3年以上学ぶ方法が一般的ですが、もう1つのルートとして、一般の大学・短大、看護師または保育士の養成校で指定科目を履修したのち、養成校で1年以上学ぶことでも国家試験受験資格が得られます。

視能訓練士 資格取得までのプロセス
視能訓練士 資格取得までのプロセス

リハビリテーション職をめざせる養成校の数を比較すると、関東でも全国的に見ても、理学療法士・作業療法士と比べて言語聴覚士・義肢装具士・視能訓練士の学校数は少ないです。その一方で、高度な専門性から就職率は高く、今後ますます注目される職業となっています。これらの仕事に興味がある場合は養成校についても早めに調べ、受験や入学の機会を逃さないようにしましょう。

トップへ