勉強も部活動も全力で!生徒に聞く総合進学クラスの魅力

勉強も部活動も全力で!生徒に聞く総合進学クラスの魅力

inter-edu’s eye

日本大学櫻丘高等学校(以下、日大櫻丘)では、特別進学クラスと総合進学クラス(以下、Gクラス)の2クラスに分かれます。今回はGクラスの生徒4名にインタビュー。クラスの雰囲気や学校生活に加えて、日大への進学状況もレポートします。
※撮影時のみ、マスクを外しています。

学校公式サイト ≫

明るい校風や充実の環境が入学の決め手

今回インタビューに答えてくれたのは、2年生のN.Sくん、T.Tさん、3年生のA.Nくん、W.Mさんの4名。志望理由や学校の雰囲気、好きな行事などの学校生活についてお話をうかがいました。

インターエデュ(以下、エデュ):日大櫻丘に入学を決めたきっかけや、Gクラスを選択した理由を教えてください。

N.Sくん:説明会に来たとき、充実した設備ときれいな校舎に心惹かれました。隣接する日大文理学部の施設を利用したり交流もできるので、将来を想像しやすい環境だと感じました。

T.Tさん:大学の付属校であるという安心感が大きかったです。部活動と両立したかったので、Gクラスを選びました。

男子サッカー部のN.Sくん(左)と、女子サッカー部のT.Tさん(右)
男子サッカー部のN.Sくん(左)と、女子サッカー部のT.Tさん(右)

A.Nくん:僕も説明会で初めて学校に訪れ、生徒主体で物事を進めていく校風や、先生との距離が近いところが良いなと思いました。また、東京に数校しかないライフル射撃部に惹かれました。

W.Mさん:私は小学生の頃からサッカーをやっているので、女子サッカー部がある高校を探して体験に参加しました。中でも日大櫻丘の先輩方がとても明るくて礼儀正しい方ばかりだったので、第一志望に決めました。

ライフル射撃部のA.Nくん(左)と女子サッカー部のW.Mさん(右)は、受験を控える3年生
ライフル射撃部のA.Nくん(左)と女子サッカー部のW.Mさん(右)は、受験を控える3年生

エデュ:皆さんのクラスはどのような雰囲気ですか?

N.Sくん:ノリが良い友達ばかりですが、授業と休み時間のメリハリはしっかりつけています。

A.Nくん:僕の友達はやりたいことが明確な人が多いです。雑誌の編集者や美容師になりたいからこの学部を選ぶ、といった進路の話もよくします。

T.Tさん:真面目な友達が多く、定期テスト前はすき間時間に勉強を教え合ったりします。

エデュ:好きな行事や、学校生活で今一番楽しいことを教えてください。

W.Mさん:高1で行った鎌倉での校外学習では班員で行き先を決めるので、クラスメイトとの仲が深まりました。一番楽しいのは部活動です。3年間同じメンバーなので、気の置けない仲間ができて幸せです。

休み時間には、女子サッカー部の友達と廊下に集まるというW.Mさん
休み時間には、女子サッカー部の友達と廊下に集まるというW.Mさん

A.Nくん:1年のときに参加した文化祭が楽しかったです。それまで話したことがなかった友達と出店を回る機会があったのですが、すっかり気が合い、今でも教室を行き来して話すほど仲良くなりました。今僕がハマっているのは、学校に早く来て、あまり人がいない教室で読書をすることですね。

T.Tさん:私も部活動が楽しいです。仲間とは他愛のない話も大事な相談もできるので、厳しい練習でも頑張れます。

3年生は、7月に八景島シーパラダイスで校外学習を実施。修学旅行が新型コロナウイルスの影響で中止になった分、素晴らしい思い出になったようです
3年生は、7月に八景島シーパラダイスで校外学習を実施。修学旅行が新型コロナウイルスの影響で中止になった分、素晴らしい思い出になったようです
日大櫻丘でのスクールライフ ≫

生徒の主体性を重視し、実践力を磨く授業の数々

全員が部活動に所属している4名。Gクラスの授業内容や、部活動と両立する工夫を教えてもらいました。

エデュ:Gクラスの授業はいかがですか?

A.Nくん:週に2〜3教科分出る小テストは結構大変ですね。また、物理の授業では、生徒が前に出て問題の解説を行うトレーニングをするので理解が深まります。

W.Mさん:一人一台配布されているiPadを活用した授業が多いです。最近では、古典の授業で登場人物の心情を考え、みんなで意見を共有しました。

N.Sくん:授業ではiPadのロイロノートというアプリを使用しており、より直感的に内容をまとめることができます。自分なりにまとめる過程で理解が深まり、復習にも役立っています。

N.Sくんは、ロイロノートを暗記事項の多い世界史の授業で活用しているとのこと
N.Sくんは、ロイロノートを暗記事項の多い世界史の授業で活用しているとのこと

T.Tさん:外国人の先生が担当する英会話授業では、2人1組で英語を話すペアワークが多く、楽しく英語を学べています。

エデュ:部活動と勉強を両立するための工夫を教えてください。

T.Tさん:毎日、晩ご飯の後に2時間は勉強すると決めています。自分の得意な数学は予習をし、苦手な教科は復習をしています。

N.Sくん:部活動がある日も、その日に出た宿題と授業の復習だけは欠かさずに取り組んでいます。

W.Mさん:部活動に入っているからこそ、より勉強を頑張れる気がします。勉強時間が少ないので授業中になるべく理解するなど、普段からテスト前のような意識でいます。

A.Nくん:先生の説明を聞くことで理解が深まるので、授業中はノートを書くより、先生の話を最優先で聞くようにしています。

基礎学力到達度テストを突破して、希望進路を目指す

昨年度の現役合格率は97%!日大も他大学も高実績

2020年度は、卒業生の97%が現役での大学進学を果たしました。
卒業生503名中のうち74%に当たる371名が日本大学へ進学、21%に当たる106名が国公立大・難関私大など他大学への進学を決めています。

日本大学への進学数内訳(学部別)

法学部 65名 文理学部 80名
経済学部 62名 商学部 30名
芸術学部 23名 国際関係学部 3名
危機管理学部 5名 スポーツ科学部 3名
理工学部 54名 生産工学部 9名
工学部 1名 松戸歯学部 1名
生物資源科学部 34名 薬学部 1名
進学実績を詳しくチェック ≫

基礎学力到達度テストを突破して希望進路を目指す

エデュ:希望の進路を教えてください。

A.Nくん:システムエンジニアに興味があり、他大学か日大の理工学部を目指しています。日大は設備が整っているのが魅力的です。

W.Mさん:第一志望は他大学です。なりたい職業はまだ具体的に決まっていないので、幅広い職業に役立つ経済学部や商学部に入りたいです。

N.Sくん:会社経営に興味があり、日大の経済学部が第一志望ですが、他大学も目指してみたいと思っています。今、高大連携で日大経済学部の授業を一緒に受けていて、とても面白いです。

T.Tさん:薬剤師になりたいので、他大学の薬学部を目指しています。

エデュ:基礎学力到達度テストに向けて、授業内で行われる対策や、ご自身ならではの対策を教えてください。

N.Sくん:基礎学力到達度テストは大まかに範囲が決まっているので、勉強しやすいです。主に購買で売っている過去問を解いています。

T.Tさん:授業では先生方が大事な箇所を教えてくださるので、そこを中心に勉強しています。

T.Tさんは、授業で何気なく先生が口にするヒントを取りこぼさないよう、ノートにしっかりとメモを取っています
T.Tさんは、授業で何気なく先生が口にするヒントを取りこぼさないよう、ノートにしっかりとメモを取っています

W.Mさん:数学の先生が、過去問10年分を単元ごとにまとめた演習プリントを作ってくださったんです。苦手な単元のプリントを集中的に取り組めるので、とてもありがたいです。

エデュ:最後に、受験生の皆さんへ伝えたい、日大櫻丘の魅力を教えてください。

T.Tさん:「勉強も部活動も両方頑張ろう」という校風なので、やりたいことをとことん楽しめます。

N.Sくん:制服の着方や髪型などの校則は厳しい方だと思いますが、だからこそ元気な中にも品のある、魅力的な友達や先輩がたくさんいます。

W.Mさん:生徒数が多く1学年に12~13クラスあるので、いろんな人の価値観に触れられる素晴らしい環境です。

A.Nくん:W.Mさんが言っていた単元別プリントなど、生徒たちのためにわざわざ準備してくれる、生徒思いの先生方と出会えますよ。

先生方のきめ細やかな指導に感謝しているというA.Nくん
先生方のきめ細やかな指導に感謝しているというA.Nくん

編集者から見たポイント

部活動にも熱心に取り組みながら、限られた時間でしっかりと授業内容を身につけている4名。自ら勉強方法を工夫して両立を叶えている姿が印象的です。そんな生徒たちを応援し、授業内外でサポートしてくれる先生方との信頼関係も、日大櫻丘の大きな魅力だと感じました。

学校公式サイト ≫

学校説明会・イベント日程

イベント名 日時 備考
授業公開 2021年11月6日(土) 要予約
櫻高祭(文化祭) 2021年11月12日(金)・13日(土)
詳細はこちら ≫

その他の連載コンテンツ

難関大学に合格した卒業生が語るSクラスの進学指導

難関大学合格者を毎年多く輩出している特別進学クラス(Sクラス)。卒業生の声をご紹介し、その手厚いサポートや学習環境に迫ります。記事を読む≫

日米の高校卒業資格を同時に取得! 新プログラム始動

2021年度より、アメリカの私立中高一貫校の卒業資格を同時に取得できるDDP=「U.S.デュアル・ディプロマ・プログラム」を導入。概要や、その後の進路についてうかがいました。記事を読む≫

スペシャル動画