2022年度始動! 聖望学園の高校新コース

2022年度始動! 聖望学園の高校新コース

inter-edu’s eye

2022年度、高校の学習指導要領の改訂に伴い、聖望学園高等学校(以下、聖望学園)に新しいコースが誕生します。現在の4コース制からどのように変化するのでしょうか。募集広報部部長の佐藤淳二先生に詳しくうかがいます。

学校サイト ≫

高校新コース

現在、聖望学園には難関国公立大、難関私大を目指すS特コースと、国公立大・難関私大を目指す特選コース、中堅大学を目指す選抜コース、有名私大を目指す総進コースがあります。

インターエデュ(以下、エデュ):新コース誕生の経緯と狙いをお聞かせください。

佐藤先生:前回の学校改革から10年、生徒主体の進学体制が確立して進学実績も安定しています。しかしながら、昨今の大学進学状況は変化し、新しいシステムが求められています。より充実した教育を提供するための改善点も出てきました。そこで、学習指導要領改訂のタイミングで第2弾となる学校改革をすべきと考え、新コース制によるカリキュラムの変更と放課後ゼミ開講を決断しました。

3カ年一貫教育プログラム

エデュ:これまでの4コース制を、1年次2コース制、2年次から3コース制にする理由を教えてください。

佐藤先生:中学校での成績で1年次から4コースに固定するのではなく、1年次では大きく2コース制にし、高校での成績を基に2年次から3コース制に分け、さらに文・理系クラスに細分化することで、これまで以上に生徒の学力に応じた指導と、各コースの目標に適した進学指導をすることができると考えたからです。

エデュ:1年次のコースについて教えてください。

佐藤先生:1年次には特進コースと進学コースがあり、各コースに選抜と一般クラスがあります。特進コースの選抜クラスは、現在のS特コースに当たります。学力面において高い志を持った生徒の集団です。
特進コースの一般クラスは現在の特選コースに該当し、難関大学合格が目標です。

1年次コース変更の表

エデュ:2年次以降のコースについて教えてください。

佐藤先生:2年次からは特進選抜Sコース、特進Eコース、進学Iコースに分かれます。
特進選抜Sコースは難関国公立大や早慶上理合格を目指す最上位の学力集団です。特進Eコースは国公立大やGMARCH合格を目指すコースです。

エデュ:進学Iコースはどのようなコースですか。

佐藤先生:幅広く、かつ丁寧な指導を行うことで、一般入試はもちろん、指定校や公募型の推薦、総合型選抜などに対応するコースです。理系・文系・スポーツの3クラスに分かれ、中堅私大合格を目指します。

高校の新コース制度 ≫

多様な受験形態に対応「放課後ゼミ」

エデュ:放課後ゼミ開講の目的を教えてください。

佐藤先生:全コースに共通しているのは、週34単位の授業です。週34単位の授業で基礎学力を定着させ、大学入学共通テストに対応できる学力レベルを目指します。そのうえで、多彩な受験形態に対応した指導を行うために、放課後ゼミを開講します。
これまでは期間を決めて集団指導をしたり、個々に担当者が指導したりしてきましたが、それらすべての進路指導を計画的に枠に当てはめて体系化しました。思考力、判断力、表現力、そして主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ姿勢など、文部科学省が打ち出した評価項目に対応した多彩な講座を設置します。

エデュ:放課後ゼミは、高校全学年・全コースの生徒が受講可能ですか。

佐藤先生:受講は1年次の後期からで、コースに関係なく希望の講座を受けることができます。基本的には学年ごとに講座設定を行いますが、復習や先取り学習として、学年をまたいだ受講も可能です。希望制で、8コマまで受講することができます。

エデュ:どのような講座があるのでしょうか。

佐藤先生:難関大合格に向けた一般入試対策講座や英検講座はもちろん、各種推薦や、総合型選抜入試で問われる小論文や口頭試問、実技試験の対策講座も予定しています。
このほか、ある項目に特化した深い学びができる講座も用意します。アイデアの段階ですが、例えば「定理を証明する講座」や「竹取物語を読破して読解力を伸ばす講座」「映画で学ぶ英語講座」と楽しそうな講座が各教科から出されています。

聖望学園の多目的サポート
東工大合格!大学合格実績を見る ≫

受験生へのメッセージ

エデュ:佐藤先生が感じる聖望学園の魅力を教えてください。

佐藤先生:キリスト教教育を学び、真面目で素直、温厚な生徒が多い学校です。生徒は授業や部活動はもちろん、学校行事にも真剣に取り組み、頼もしさも感じます。そうした生徒たちの主体的な学びを、教員がしっかりとバックアップします。生徒と教員の距離が近く、ときには厳しく、ときには楽しく、良い関係を築けています。
進学校として進学体制を確立しつつ、生徒のために柔軟に対応できる点が本校の特色かと感じています。方向性がぶれることなく、適切な指導を行うことができる学校です。教育方針に「敬愛信義」を掲げ、学校生活を通して実践することで、温かな人格と人間力が養われていきます。

エデュ:新コースに込めた思いを、受験生に向けてお伝えください。

佐藤先生:充実した学校生活を送り、将来の夢に向かって方向づけをする大切な期間が高校の3年間です。この時期には、目的に応じて高い学力を身につけなければなりません。そのためには、それぞれの生徒自身の学力に応じた適切な指導が必要です。聖望学園の2コース制と3コース制は、まさしく学力の向上につながる形です。楽しく学園生活を過ごすとともに、将来の夢の実現のために一緒に聖望学園で学びましょう!

中学校募集要項 ≫ 高校募集要項 ≫

編集者から見たポイント

前回の学校改革を成功へと導き、新たな改革に挑む聖望学園。新体制は、生徒の希望の進路を実現させる姿勢は変わらず、多様化する受験形態にしっかり対応できるものだと感じました。時代を読み、高水準のICT教育体制を迅速に整えた聖望学園だからこそ、今回の学校改革にも大きな期待が寄せられます。

学校サイト ≫

イベント情報

イベント名 日時
第2回高校説明会 2021年9月25日(土)
10:00~11:00、14:00~15:00
第3回中学校説明会 2021年10月9日(土)
10:00~11:30
第3回高校説明会 2021年10月10日(日)
10:00~11:00、14:00~15:00
高校入試対策特講 2021年10月17日(日)
9:00~12:00、13:30~16:30
中学校イベント情報 ≫ 高校イベント情報 ≫

その他の連載コンテンツ

元プロスポーツ選手が先生・職員に! 聖望学園が目指す真の文武両道

多様なアプローチで文武両道をサポートしている聖望学園。元アスリートの先生たちが語る「勉強する意味」とは。記事を読む≫