なぜ聖学院?1年学んだ生徒目線で見る「聖学院」とは

なぜ聖学院?1年学んだ生徒目線で見る「聖学院」とは

inter-edu’s eye

特徴的な学びや先進的な入試などで注目を集める中高一貫男子校の聖学院中学校・高等学校(以下、聖学院)。今年度は1年を通して生徒がどのように成長するのかを連載記事でご紹介します。1回目は1年間、聖学院での学びを体験した中2の生徒3人にお話を聞きました。

学校公式サイトへ ≫

「面倒見のよい学校」聖学院を選んだきっかけ

インターエデュ(以下、エデュ):聖学院を受験したきっかけを教えてください。

中島くん:塾の先生から面倒見のよい学校だと聞いて興味を持ったのがきっかけです。

小窪くん:小さい頃から将棋に打ち込んでいるのですが、一緒に将棋をしている人の中に聖学院生がいて、よい学校だと薦められて入学を決めました。

島田くん:母親から聖学院の良さについて聞いたのがきっかけです。実際に学校説明会に足を運んで話を聞いてみたところ、いいなと思い受験を決めました。

左から中学2年 島田 喜輝くん、中学2年 小窪 碧くん、中学2年 中島 康成くん

左から中学2年 島田 喜輝くん、中学2年 小窪 碧くん、中学2年 中島 康成くん

エデュ:入学前に何か不安はありませんでしたか。

中島くん:キリスト教の学校は初めてだったので少し不安でした。あとは入学してちゃんと学力が伸びるかどうかという不安もありました。

小窪くん:小学校の友人と離れ離れになってしまったので、友人ができるか不安でした。

島田くん:中学校に入ると授業が難しくなると聞いていたので、勉強についていけるか不安でした。

聖学院生の1日 ≫

友人ができた! 成績が上がった! 成長した聖学院での1年

エデュ:実際に入学してみていかがでしたか。

小窪くん:入学式ですぐに隣の席の子から話しかけられて仲良くなりました。

島田くん:すぐにクラスみんなが打ち解けて友人ができました。授業も先生が分かりやすく教えてくれるので不安はなくなりました。

中島くん:入学式の日、クラスメイトと仲良くなろうと積極的に声を掛けました。すぐに趣味の話で盛り上がったのを覚えています。

中島くん

取材時も積極的に話を盛り上げてくれる中島くん

エデュ:学習面ではいかがですか。

中島くん:毎日コツコツと勉強すれば授業についていけると思います。自宅学習では、自分で学習スケジュールを立てて勉強しています。

小窪くん:自分で学習の計画を書き込むことができる「できたこと生徒手帳」を活用しています。自宅では生徒手帳と自学ノートを活用し、しっかりと復習をすることで授業についていけていると思います。

島田くん:1年生では数学の授業を頑張りました。問題を解いて正解すると先生からシールがもらえます。基本から発展までだんだん難しくなるので朝、学校に来て勉強しました。その結果、学年で一番多くシールをもらうことができました。

島田くんの自学ノート

島田くんの「できたこと生徒手帳」にはしっかりと自分で計画した内容が書かれている

聖学院の中高一貫教育 ≫

エデュ:1年間で印象に残っている行事はありますか。

島田くん:記念祭です。僕は英語劇を担当しました。オリジナルの劇だったので大変でしたが、達成感がありました。

小窪くん:僕は5kmを走るクロスカントリーが印象に残っています。長距離を走った経験がないので結構大変でした。完走できてよかったです。

中島くん:僕は体育祭とクリスマス礼拝です。宗教委員会の副委員長として聖書の朗読を担当しました。みんなの前で話すことができて達成感がありました。

エデュ:この1年間で成長したと感じることはありますか。

島田くん:小学生の頃は計画を立てるのが苦手でしたが、自分が立てた学習目標に向かってスケジュールを考えて実行することができました。そして目標を達成することができました。

島田くん

苦手だった計画を立てることも克服し、さらに高い目標を達成した島田くん

小窪くん:資料から情報を取捨選択し、自分の意見に反映させる力が伸びたと感じています。情報を自分事としてとらえることができていると思います。

中島くん:最初の定期テストで目標の学年5番以内を達成して気を抜いてしまった結果、一度成績が下がってしまいました。以来、毎日コツコツと勉強するようになりました。積み重ねの大切さに気付けたことは成長できた点だと思います。

聖学院の人間力の育成 ≫

将来に向かって聖学院で学びたいこと

エデュ:将来の夢を教えてください。

小窪くん:プロ棋士です。現在、奨励会に所属していてもう少しで初段になります。

小窪くん

将棋の世界で活躍する小窪くんの夢はプロ棋士

島田くん:レゴに興味を持ったことがきっかけで今は建築士になりたいと思っています。

中島くん:僕は医師です。人を助ける仕事に就きたいです。

エデュ:将来の夢をかなえるために聖学院で身に付けたい力はありますか。

小窪くん:将来の夢と直結しないかもしれないですが、自ら行動する積極性を身に付けたいです。

島田くん:考える力を養いたいです。

中島くん:医師は、人の心に寄り添うことが大切だと思うので、してもらって嬉しいことをできるようになりたいです。

2030年に向けて聖学院を世界一の学校にするという学びを掲げる中島くん

2030年に向けて聖学院を世界一の学校にするという学びの目標を掲げる中島くん

聖学院の進路実績 ≫

編集者から見たポイント

将来の夢に向かって努力を積み重ねている3人。中2になったばかりとは思えないほどしっかりとした受け答えが印象的でした。その3人に共通しているのは、目標を達成するために自分で計画を立て実行している点。自らが考え、スケジュールを決めている点がモチベーションの維持にもつながっているようです。自ら学び、学び続ける力を育む。まさに聖学院の教えが生徒たちに浸透していることが分かりました。

学校公式サイトへ ≫

イベント日程

イベント名 日時 概要
第1回 学校説明会 2019年6月8日(土) 10:30~12:30 学校紹介・帰国生紹介
授業見学会① 2019年6月21日(金) 10:30~12:00 授業見学ツアー学校紹介
第2回 学校説明会 2019年7月20日(土) 10:00~12:00 学校紹介
レゴキング選手権 2019年7月27日(土) 9:00~12:00 レゴブロックを使いテーマに沿った作品をつくります
聖学院のイベント日程を確認する ≫