視野が広がる、適応力が身につく成立学園の留学

留学のようす

inter-edu’s eye

本物に触れる体験を重視し、幅広い教養や生涯学び続ける力を育む成立学園中学・高等学校(以下、成立学園)。独自の取り組み「ナショジオ学習」やネイティブの先生が常駐する「成立グローバルセンター」の設立など、世界を意識した教育に力を入れており、視野の広い生徒を育てています。今回は留学制度を利用してアメリカへ留学していた小林くんにお話をうかがいました。

学校公式サイト≫

世界が大きく広がった留学体験

海外の高校生を招き日本文化を紹介する交流会や春のオーストラリアホームステイなど国際的な交流の多い成立学園。留学は学年や期間を問わず誰でもチャレンジできます。
オクラホマ州のホストファミリーの元で10か月を過ごした小林くんは留学を通して、何を学び、何を身につけたのでしょうか。

小林くん ホワイトハウス前にて
小林くん ホワイトハウス前にて

インターエデュ(以下、エデュ):なぜ留学しようと思ったのでしょうか。

小林くん:SNSやYouTubeなどで海外のようすを見るたびに、日本との違いに衝撃を受けていました。次第に「自分も行ってみたい」と考えるようになり、学校の短期留学制度を利用して海外に行くことを決めました。

エデュ:実際に海外に行ってみて、いかがでしたか。

小林くん:英語はもちろん、食べ物や宗教まで事前に調べて、よく準備して行ったつもりでした。でも、行ってみると何もかもが違いました。話している言葉はもちろん、食、宗教、考え方など、日本と同じところを見つける方が難しかったです。人見知りだった僕は、初めのうちは誰にも話しかけられず…休み時間やランチタイム、どこでも一人っきりでした。今思うとずいぶん昔のことに感じますね。

エデュ:一人は心細いですね。どのように留学生活を充実したものに変えて行ったのでしょうか。

小林くん:ホストファミリーに支えられましたね。ホストペアレンツは僕を息子のように、いや、息子として可愛がってくれました。ホストブラザーもいつも一緒にいてくれて、小テストの前日には僕のためにクイズを作ってくれました。そのおかげで落第点を取らずに合格できましたよ…。彼らは僕にとって本当のファミリーです。

ホストブラザーとはいつも一緒
ホストブラザーとはいつも一緒

エデュ:小林くんが留学してよかったと思うことは。

小林くん:日本の常識が全く通用しないアメリカで、周りを見て臨機応変に動ける力、いわば「適応力」が身についたと感じています。また海外の文化に触れたことで、世界が大きく広がりました。

オーストラリアホームステイのようす≫

成立学園の学びが役に立った

エデュ:成立学園の学びが留学先で役立ったことはありますか。

小林くん:留学前は、ネイティブの先生や英語の先生が放課後毎日のように僕の英語をみてくださいました。そのおかげで、留学直前は不安よりも「自分ならやれる」という気持ちが強くなっていたと思います。
またアメリカでは、自分の意見を友人や家族とシェアする習慣があります。そこで成立学園のナショジオ学習で学んだ「自分の意見を持ち、それを人に伝える」というスキルが役立ち、自分の意見をしっかり相手に伝えることができました。
この春学校に「成立グローバルセンター(SGC)」というネイティブの先生が常駐する英語の施設ができました。英語を身につける方法は、教科書やノートを使った勉強だけではないと僕は思います。SGCで本を読んだり、音楽を聴いたり、ネイティブの先生と話したり、楽しく生きた英語を身につける場として活用したらよいと思います。

成立学園の学び≫

海外の人が日本を好きになれるようにサポートしたい

エデュ:留学で意識は変わりましたか。

小林くん:積極的になりましたね。先日ある駅で友だちを待っていたときに、外国人観光客にラーメン店の場所を尋ねられ、案内したことがありました。もし自分が留学していなかったら、きっと尋ねられても「分かりません」と答えていたと思います。英語を話せなかったからではなく、その外国人観光客が日本に来るずっと前からラーメン店について調べて楽しみにしていたことに気づけなかったからです。あのとき力になれてよかったと思います。

エデュ:この経験を活かしてどのようなことをしてみたいですか。

小林くん:2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、今以上の観光客が日本を訪れますよね。僕は彼らが少しでも日本を好きになってくれるよう、ボランティアでサポートしたいと思います。そのためにはもっと英語を勉強して、「英語は自分のセカンドランゲージ」だと胸を張って言えるくらいになりたいです。

エデュ:受験生へのメッセージをお願いします。

小林くん:僕はアメリカを自分の目で見て、さまざまな体験をしたことで視野が広がりました。
成立学園では稲刈りやナショジオ学習などの他校にはない課外活動があります。そういった体験をすることで、普段は見ることができない世界が目の前に広がります。成立学園へ入学して、ぜひ一緒に体験しましょう!

留学のようす2

学校公式サイト≫

編集者から見たポイント

最初は大変だった留学生活も、ホストファミリーたちの愛情に支えられながら、徐々にアメリカでの生活に慣れたという小林くん。そこには彼の生来の前向きさ・思慮深さがありました。留学先でも役に立ったという成立の特徴ある教育は、今後世界に羽ばたく生徒たちにとって大きな力になるでしょう。

これからのイベント日程

イベント名 日時 備考
第3回学校説明会 10月6日(土)
10:00~12:00
全体会(約1時間)後、校内見学や個別相談ができます。(要予約)
第3回ナショジオアドベンチャー(「ナショジオ入試」体験会) 9月30日(日) 「成立祭」内で実施します。(要予約)
成立祭 9月29日(土)、30日(日)
10:00~15:00
予約不要です。

学校公式サイト≫


その他の連載コンテンツ

第1回成立学園の新校長が語る 面倒見の良すぎる学校から可能性を広げる学校へ

「見える学力」と「見えない学力」を育て、生涯学び続ける力を養うための教育を展開する成立学園中学・高等学校。この春から福田英二先生が校長に就任しました。今回は、これからの抱負や成立学園が目指したい学園像をうかがいます。記事を読む≫