夢へ届く!広がる!成立学園で教育実習に取り組む卒業生にインタビュー

夢へ届く!広がる!成立学園で教育実習に取り組む卒業生にインタビュー

inter-edu’s eye

勉学もスポーツも学校生活も多彩な特色を持ち、進路実績も豊かな成立学園中学・高等学校(以下、成立学園)。来年2020年は、成立学園の中学1期生が大学を卒業し、社会へと羽ばたく年となります。今回は2015年と2016年の2度にわたって取材を受けてくれた、中学1期生の吉澤和希さんにインタビュー。今年、教育実習生として再び成立学園に戻ってきた彼に、成立学園卒業後のお話をうかがいました。

成立学園の公式サイトはこちら ≫

夢へとつながる成立学園の学び

インターエデュ(以下、エデュ):以前のインタビューで、成立卒業時の目標は数学教師だとうかがいました。

吉澤さん:在学中に進路相談などで真摯に向き合ってくれた先生たちに感銘を受け、数学教師になりたいと思いました。教える経験を積むために塾講師のアルバイトも始めました。

エデュ:成立学園の学びは大学生活でも生きていますか。

吉澤さん:大学ではゼロからサークルを立ち上げました。成立学園の生徒会や部活動で身についた行動力の賜物だと思います。

教育実習生吉澤さん
教育実習生として成立学園に戻ってきた中学1期生吉澤さん

エデュ:成立学園独自の取り組みについてはどうですか。

吉澤さん:ナショジオ学習で経験した発表が大学で役に立ちました。不思議に思ったことを調べてグループで話し合い、結果を発表するという一連の流れが身についていたおかげで、大学でのレポート制作や発表をスムーズに取り組むことができました。成立学園が掲げる「見える学力・見えない学力」の、見えない学力のほうもしっかり定着していたと実感しています。

エデュ:「数学教師」という目標に変化はありましたか。

吉澤さん:教師を目指す人たちのための制度づくりにも目を向けるようになりました。さらに塾講師として子どもたちと関わる中で、もっと広い意味での教育にも興味を持ちました。今は公務員、特に文部科学省で仕事をしたいという気持ちも膨らんでいるところです。

ナショジオ学習について詳しく ≫

今だからわかる生徒おもいの先生たち

エデュ:3年ぶりの母校ですが、在学時とは違う立場で見る学校のようすをどう感じますか。

吉澤さん:教育実習生としての初日は、緊張のあまり生徒とうまく話すことができませんでしたが、生徒の方から積極的に話しかけてきてくれました。改めて先生と生徒との距離が近い学校だと感じました。

エデュ:教育実習でのやりがいや難しさはどんなことでしょうか。

吉澤さん:やりがいを感じたのは生徒から「教え方が分かりやすい」と言われたときです。難しさを感じたのは、人に教える立場だからこそ、何かを判断するときには常にその根拠や理由を明確にしていなければならないという部分ですね。

吉澤さんと生徒たち
実習にてHRを受け持った生徒たちと談笑する吉澤さん

エデュ:大学で学び、実習生として戻ってきて、改めて成立学園の先生をどう思いますか。

吉澤さん:先生方が生徒一人ひとりをしっかりと見ているのがすごいと思いました。教室には手のかからない生徒もいれば、放っておいてはいけない生徒もいます。それぞれの個性に合わせてコミュニケーションをとりながら授業を進めていたことに、とても驚かされました。
また、夏休みや冬休みには講習があり、休みの日でも質問や相談ができる先生がいて、とても助かりました。塾に行かずとも学校だけで十分な勉強ができたのは先生たちのおかげです。

エデュ:中高一貫生としては初の社会人となり、後輩たちからも注目されると思います。吉澤さんの展望を教えてください。

吉澤さん:教師でも公務員でも、とにかく教育業界に携わりたいと思っています。まずは自分の考えや軸をしっかり持って行動していきたいです。そして言われたことを鵜呑みにするのではなく、自分で考え調べて行動できる人を育てたいと思っています。

吉澤さん

エデュ:今振り返って思う成立学園の魅力とは何ですか。

吉澤さん:一番の魅力はやりたいと思ったことをやらせてもらえる、チャレンジしやすい環境です。僕は先輩にあこがれて生徒会に入りましたが、成立学園でなければ生徒会にはチャレンジできなかったと思います。ここには背中を押して応援してくれる先生たちがいるので、ぜひ入学してください!

成立学園の公式サイトはこちら ≫

成立システムで伸びた自慢の生徒

入試広報部の宇田川知己先生から、当時の吉澤さんへの印象をうかがいました。

入試広報部 宇田川 知己 先生
高校3年生当時取材を受ける吉澤さん

宇田川先生:吉澤くんはとても優秀な生徒で、勉強や進路について、こちらが必要以上に介入せずともまっすぐに育ってくれるタイプでした。もちろん「成立メソッド」の中にある、繰り返し主義や自学学習を習慣づけるための基本的な指導はしっかり行いましたが、それらをしっかりと吸収し、素晴らしい成長ぶり成長を見せてくれました。
勉強熱心で努力家な生徒で、3年生のときはお正月以外毎日学校に来ていました。成立学園では年末年始以外は休みの日も教員が交代で勤務しているので、いつでも自主学習のサポートができる体制が整っています。そのシステムを十分に活かして成長してくれた自慢の生徒です。

成立学園学力向上のひみつ ≫

編集者から見たポイント

2年ぶり3度目のインタビューを快諾してくれた吉澤さん。在学中からさらに成長したようすと、それを見守る先生の表情に、成立学園の手厚い指導がうかがえました。
受験を乗り越える力だけでなく、大学や社会でも役立つ力を育成する成立学園。中高一貫の取り組みが実を結び、中学1期生が社会へ出ることで、さらに教育が充実していくことでしょう。今後の卒業生の活躍も楽しみです。

成立学園の公式サイトはこちら ≫

イベント日程

イベント名 日時
第4回中学校説明会 2019年11月2日(土)
第3回中学校個別相談会 2019年11月14日(木)
第2回ミニ説明会 2019年11月23日(土・祝)
第4回中学校個別相談会 2019年11月30日(土)
第5回中学校個別相談会 2019年12月7日(土)
第5回中学校説明会 2019年12月15日(日)
2019年度の学校説明会・公開行事 ≫

その他の連載コンテンツ

第1回新入生保護者へのアンケートで見る「学校満足度」調査

中学1年生とその保護者へのアンケートから、成立学園に感じる魅力や入学して初めて分かったことを探りながら、福田校長からもメッセージをいただいた「てんこ盛り」の企画です。記事を読む≫