修学旅行は米英
異文化理解を深める淑徳巣鴨の海外プログラム

修学旅行は米英 異文化理解を深める淑徳巣鴨の海外プログラム

inter-edu’s eye

ネイティブ教員が常駐し、全員がオンライン英会話に参加できるなど、能動的に英語を使う環境を持つ淑徳巣鴨中学高等学校(以下、淑徳巣鴨)。異文化への理解を深めるため、修学旅行では中高ともに海外に渡ります。そこで連載第1回は、生徒のアンケートの回答とともに修学旅行と語学研修をご紹介します。

学校サイト ≫

全員参加 アメリカ&イギリス修学旅行

【中高の語学研修】

イングリッシュキャンプ 中学2年
3日間
国内施設で英語漬けの生活を体験
アメリカ修学旅行 中学3年
7日間
シアトルでホームステイ
現地校との交流
イギリス修学旅行 高校2年
7日間
ホームステイとロンドン観光
現地校で英語でのプレゼンに挑戦

中学校アメリカ修学旅行

シアトルでホームステイと現地校との交流を行います。

ホームステイ先でのようす
生徒たちはホームファミリーに温かく迎えられます。
現地校での交流のようす
現地校を訪問し、様々なアクティビティを通して交流を深めます。

M.Tさん(高2)
楽しかったことは、ホストファミリーと彼らのお友達とダウンタウンを散策したこと。ホストファミリーが私の発音を丁寧に直してくれて、正しく発音することの大切さを学ぶことができました。

中学校のグローバル教育 ≫

高校イギリス修学旅行

高校2年次にイギリスでホームステイをし、現地校や地元の大学、観光地を訪れます。
事前・事後学習に力を入れており、高1でイギリスについて研究発表をし、イギリスでは日本文化について現地の方に英語でプレゼンを、帰国後は体験報告として後輩にプレゼンを行います。

事前学習のイギリス研究発表
事前学習のイギリス研究発表。グループで行い、学年で優勝・準優勝を決めます。

A.Hさん(高3)
渡航前は現地でのプレゼンに向けて発音や発表の練習をしました。イギリスでは、現地の方がプレゼンに真剣に耳を傾けてくれ、終わった後に拍手をしてくれたことが嬉しかったです。大英博物館の観光では、世界史で習ったものがたくさんあり、画像で見てきたものが実物として目の前にあることに感動しました。
帰国後のプレゼンは、自分たちが撮影した動画を流して、聞く人が飽きないように工夫しました。また、具体的な数値や例えを取り入れることで、よりイメージしやすいようにしたところ、後輩や先生方から「分かりやすかった」という声をいただきました。

イギリスで日本文化についてプレゼンする生徒たち
イギリスで日本文化についてプレゼンする生徒たち。堂々と英語で発表します。
ホームファミリーと涙の別れ
ホームファミリーと涙の別れ。ホームステイで生徒は異文化の生活を体験します。

A.Kさん(高3)
オックスフォード大学を訪れたことや、クリスマスマーケットで食べ歩きをしたこと、ウィンザー城から見たイギリスの景色がとても印象に残っています。同じくらいの年代の子とはスムーズに会話できるようになり、現地で仲良くなった中学生とは、いまもインスタグラムで交流を続けています。もともと英語は大好きでしたが、修学旅行によって、「大学生になったら留学したい」「英語を活かせる仕事に就きたい」と思うようになりました。

高校のグローバル教育 ≫

中1から参加できる! 希望制の海外研修

淑徳巣鴨では希望制の研修が豊富に用意されており、留学しても留年することなく卒業が可能です。

【希望制の海外研修】

海外研修 時期・期間 渡航先、備考
オレゴンサマーキャンプ 8月の15日間 オレゴン州
中1~高2対象
アクティビティに参加
中学3カ月留学プログラム 中学2年1月~中学3年4月 オレゴン州の中高一貫校に通う
高校3カ月留学プログラム 高校1年1月~高校2年4月 オレゴン州の高校に通う
高校1年留学プログラム 高校1年8月~高校2年7月 オレゴン州の高校に通う
プレミアムクラスカナダ研修 高校1年7月の7日間 ブリティッシュコロンビア州
1ヵ月語学研修プログラム 高校3年1月~高校3年2月 オレゴン州

オレゴンサマーキャンプ

M.Tさん(高2)
初めて経験したラフティングでは、みんなで川を下って達成感を得ました。ホストファミリーの話すスピードで英語を聞き取るのは難しかったですが、だんだんと聞き取れるようになったことでリスニング力を得ることができたと実感しました。

ラフティング
「ラフティングは、激流のところでは船が大きく上下して一生懸命みんなで漕いで、流れの緩やかなところではガイドさんに落とされたりみんなで落とし合いをしたり、ほかの船に移ったりと、とても盛り上がりました」(M.Tさん)

高校3カ月留学プログラム

A.Hさん(高3)
現地校では、留学生用の聖書の授業で仏教・神道・キリスト教を比較したことが印象に残っています。また、現地の生徒と一緒に受けた数学の授業では、滞在最終日にはメッセージカードやバラをもらうほどクラスメイトとの仲が深まりました。帰国して英検2級に合格し、今は英検準1級取得と英語に携わる仕事に就くことを目標にしています。

M.Kさん(高2)
ホストブラザーが出場したステーツチャンピオンシップの応援に参加しました。選手の家族はもちろん、生徒や先生など学校をあげての応援で、応援歌を歌い、ときには叫んで踊ってジャンプして、全員で我を忘れてチームを応援しました。言語の壁を越えて、みんなが一生懸命になる感覚がたまりませんでした。
ホストファミリーや友達と徐々に打ち解けていったことや、すべてが新鮮に感じて刺激的だった学校生活もまた、かけがえのない思い出です。今まで生きてきたなかで最も濃い3カ月間でした。

プレミアムクラスカナダ研修

Y.Nくん(高2)
日本と違う気候や生活習慣を体験し、ネイティブの英語を身近で感じることができました。ホストファミリーと彼らの親戚と一緒にホームパーティーをしたことや、近くの大学を見学したこと、公園で英語でのレクリエーションをしたことが、よい思い出です。研修を経て自分の英語に不足しているものがはっきりして、どの部分をもっと勉強したらよいかが分かりました。

Y.Nくんの現地での記念撮影
学校でネイティブ教員の授業を受けていた経験が現地で役立ったと話すY.Nくん。海外研修の存在が淑徳巣鴨入学の決め手になったそうです。

R.Aさん(高2)
休日は、ペアレンツが川と湖に連れて行ってくれたり、モールに連れて行ってくれました。一番思い出に残っているのはパドルボートをしたことです。

R.Aさんが体験したカナダの湖でのパドルボート
R.Aさんが体験したカナダの湖でのパドルボート。

高校1年留学プログラム

R.Aさん(高2)
BibleやArt、Choir(合唱)のほかに数学、英語、理科、社会などの授業を受けました。Choirのクラスではたくさんのコンサートを催して、いろいろな場所で合唱をしました。そのおかげで普段は行かないような所に行ったり、同じクラスの子と仲を深めることができたと思います。

Choirクラスのコンサート
Choirクラスのコンサート。R.Aさんは高校1年留学とプレミアムクラスカナダ留学に参加し、「リスニングと日常会話はかなりできるようになりました。これからは文法もしっかり学び、総合的な英語力を鍛えていきたいです」と語ります。
Web説明会をチェック ≫

編集者から見たポイント

アンケート回答には、現地で感じた喜びや驚きなど、熱量を帯びた経験談がたくさん記されていました。
英語を異文化理解とグローバルに活躍するためのツールと認識している淑徳巣鴨。より多くの生徒が参加できるよう、高校1年留学と3ヵ月留学には留学支援金制度があり、アンケート回答者も利用していました。さらに、これまでは時期が重なっていた中学修学旅行と中学3か月留学プログラムを、今年度からは時期をずらしてどちらも参加できるようになります。語学研修や英語学習に関心のある方は、ぜひ学校説明会で詳しく話を聞いてみてください。

学校サイト ≫

イベント日程

イベント名 日時
第1回 高校説明会 2020年7月18日(土)
第1回 中学校説明会 2020年7月19日(日)
オープンスクール
(小学生対象)
2020年8月2日(日)
淑鴨祭(文化祭) 2020年9月19日(土)、20日(日)

※詳細は公式サイトでご確認ください。

最新イベント情報 ≫