医師を目指す中高生が実感した「寮生活」のメリット

医師を目指す中高生が実感した「寮生活」のメリット

inter-edu’s eye

経験した人しか語れない“学生寮”の魅力。医学部への高い合格実績を誇る秀明中学校・高等学校(以下、秀明)は首都圏で唯一の中学全寮制の学校であり、多くの高校生も寮生活を続けています。そこで、医師を目指して入寮した中高生に、日々重ねることで見えてきた寮のよさを聞きました。

学校サイト ≫

入寮前の不安はすぐに解消

インタビューに参加してくれたのは、特進コースで中1生の角田威治くんと、難関国公立大学進学コースで高3生の宮地ひなのさんです。

剣道部で入寮6年目の宮地さんと、卓球部で入寮して半年になる角田くん
剣道部で入寮6年目の宮地さんと、卓球部で入寮して半年になる角田くん。

インターエデュ(以下、エデュ):入学の理由を教えてください。

角田くん:秀明の卒業生である父から入学を勧められました。

宮地さん:母と、母の知り合いが医師で、自分も同じ職業を目指したいと思い、医学部に強い秀明を選びました。

エデュ:入学前、寮生活に不安はありましたか。また、実際に入寮していかがでしたか。

角田くん:入学前は友達ができるか不安でしたが、入寮式でほかの生徒と話す機会があって、すぐ打ち解けられました。夜は仲間と雑談する時間が1時間くらいあり、入浴中や寝る前の自由時間にどんどん仲よくなっていきます。そのおかげでホームシックにはならず、母のほうが寂しいと言っています。

エデュ:寮の仲間はどんな存在ですか。

宮地さん:学年が上がるごとに絆が深まっていき、かけがえのない存在になります。高校生になると、大学受験に向けて切磋琢磨する間柄にもなります。私の学年では高校から入寮する生徒が10人くらいいましたが、彼女たちもすぐに寮になじんでいました。

男子寮の部屋
男子寮の部屋。新型コロナウイルス感染防止のため、全員個室で生活しています。

エデュ:自宅にはどのくらいの頻度で帰りますか。

角田くん、宮地さん:毎週末、帰宅しています。

エデュ:離れて暮らすことで、保護者の方への意識は変わりましたか。

角田くん:寮では身の回りのことを自分でしなければなりません。「面倒くさいな」と思いながら洗濯をすると、家では親が洗濯だけでなく、いろいろなことをしてくれていたんだなと気づき、感謝の気持ちが芽生えます。

エデュ:寮生活によって、どんなところが成長したと感じますか。

宮地さん:他人と生活をともにするため、何事も人と協力できるようになります。また、勉強に集中できる環境があるので、自学自習の習慣が身につきました。そうした成長を実感し、いまは秀明に入学させてくれたことを親に感謝しています。

中学校・よくある質問 ≫

寮ならではの「夜間学習」

エデュ:寮では夕食後から夜9時まで夜間学習が行われますが、こうした勉強のサイクルにもすぐに慣れましたか。

角田くん:中学生は夜間学習で授業を3コマ受けます。入寮当時は大変でしたが、いまは体力面でも学習面でも余裕を持てるようになりました。夜間学習は、日中の授業では質問できなかったことを確認できるなど、メリットが多いと感じています。

宮地さん:私も慣れるまでは「きついな」と思っていました。でも次第に負担を感じなくなり、夜間学習のよさが分かるようになりました。いまは夜間学習が終わった後も部屋で自習しています。

図書室で自習する生徒たち
お昼休みの図書室のようす

エデュ:寮生活のよさとは何でしょうか。

角田くん:生徒だけでなく、先生ともコミュニケーションがたくさん取れるところです。勉強で分からないことがあると、夜間学習の先生だけでなく、見回りの先生にも質問できます。僕は高校生になっても寮生活を続けたいです。

宮地さん:友達との固い絆は、24時間一緒に生活するからこそ生まれるものだと思います。また、6年間寮で生活することで、身の回りのことをできるようになり、自立心が育まれます。

エデュ:将来の夢を教えてください。

角田くん:内科医になることです。

宮地さん:内科医になり、母親のクリニックを継ぐことです。

医学部への合格実績 ≫

受験生へのメッセージ

角田くん:夜間学習が終わった後の自由時間は、とても楽しいです。食堂のご飯はおいしく、購買ではお菓子も買えます。見回りの先生にいろいろ質問できるので、不安を感じることなく過ごせます。安心してください。

宮地さん:慣れるまでは大変かもしれませんが、友達や先生がいて、寮のイベントも多いので楽しいことがいっぱいありますよ。秀明の寮で、たくさんの仲間と待っています。

寮の食堂で食事をする生徒たち
寮の食堂。栄養バランスのよい食事で、育ち盛りの生徒の成長をサポートしています。

編集者から見たポイント

同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨し、友情を育めることは、秀明の寮の特長だと感じました。医師になるという夢を持つ角田くんと宮地さんは、時間を有効に使える寮生活のメリットを活かして部活動にも励んでいました。寮とクラスとクラブでさまざまな人間関係を築くことは、2人を大きく成長させることでしょう。また、彼らのお話から、中高関係なく、寮には新しい仲間を温かく迎える雰囲気があることも分かりました。

学校サイト ≫

入試情報

入試区分 日時
第I期 2021年1月10日(日)
第II期 2021年2月6日(土)
入試募集要項はこちら ≫

その他の連載コンテンツ

コロナ禍でも安心 秀明の寮生活

コロナ禍でも安心安全の寮。その理由とは? 寄宿舎舎監長が語ってくださいました。記事を読む≫

親子で医学の道へ 父娘に聞く寮生活の素晴らしさ

秀明から医学の道へ進んだ父娘にアンケート取材。卒業生として、在校生の父として見えた秀明の強みとは何だったのでしょう。記事を読む≫