掲載日:

教育環境の充実も魅力! 人気急上昇! 『大学付属校』を選ぶ教育環境の充実も魅力! 人気急上昇! 『大学付属校』を選ぶ教育環境の充実も魅力! 人気急上昇! 『大学付属校』を選ぶ

inter-edu’s eye
2020年の大学入試改革に伴い人気を集めている大学付属校。志望校を選ぶ際、進学校にするか、付属校を選ぶかは重要なポイントになっています。今、注目の付属校をご紹介します。

大学付属校人気の理由

大学付属校の人気は右肩上がりに伸びています。その理由のひとつとして挙げられるのは、2020年の大学入試改革に対する不安です。記述式問題の導入や、英語4技能の評価など「思考力・判断力」が必要なテストになるとの事ですが、傾向と対策がつかみにくいのが現状で、付属校を志望校に選ぶ受験生が増えています。また、最近では高大連携のカリキュラムや、大学受験がない中でのびのびとした教育を受けさせたいなど、教育環境への注目度も高まっています。

学校によって特色のある高大連携

大学と高校の連携も学校によってさまざまな特色があります。例えば、医師薬科学部の研修に参加できたり、デザイン工学を学んだりするプログラムや、高大連携で海外への関心を高め、国際感覚を養う留学準備プログラムなどもあります。これらは高校の段階から大学の専門的な知識を身につけられると好評を得ています。そんな魅力的な高大連携に取り組み、充実した教育環境を整えている学校を紹介して行きましょう。

おすすめの学校一覧

千葉日本大学第一中学校・高等学校

本校の高大連携授業には特色があります。1年生から医歯薬系学部の研修に参加可能でハイレベルな施設・装置を使い最先端の研究に触れることが出来ます。医療分野への興味をかきたて、進路決定の一助となっています。また、医学部参加した生徒による研究発表が行われ貴重な医療体験となります。次に大学各学部より教授が訪れ説明会が実施されます。各学部学科の説明を直接聞く機会は将来進路への道しるべとなっています。

目黒日本大学中学校・目黒日本大学高等学校

中高一貫コースの、中学3年生からは先取り教育を行い、高1では「アドバンストクラス」「S特進クラス」に分かれます。 タブレット端末や、電子黒板などICT教育を推進。オンライン英会話なども取り入れ、高校入学までに英検2級取得を目指します。 また、高校からの入学生に対して、進学コースの特進クラスは、国公立・難関私大や医歯薬科合格を目指します。 N進学クラスは、日本大学付属校の推薦入試を活用して日本大学への進学を目指します。

立正大学付属立正中学校・高等学校

建学の精神「行学二道」の下、社会貢献できる人材育成を行い、Rプログラム等の独自プログラムでコミュニケーション能力を培います。

芝浦工業大学附属中学高等学校

中高大の理工系連携教育を実施。進学にも強い半付属校。豊洲新校舎では理工学教育設備の充実と先進のICT環境を実現しました。

日本大学明誠高等学校

日本大学の正付属高校のひとつで、日本大学全付属高校の中でも日本大学進学率が高く、さまざまな交流が行われています。

東海大学菅生高等学校・中等部

東海大学へ付属推薦制度で希望者の94%が進学しています。文武両立を支援する「自学館」もあり、いきいきと生活しています。

紹介校のイベント・アクセス

学校名 アクセス イベント日程 イベント名
イベント日程 イベント名
5月26日(土) 中学オープンスクール
イベント日程 イベント名
7月29日(日) オープンスクール
8月25日(土) オープンスクール
イベント日程 イベント名
6月2日(土) 学校説明会
6月18日(月) イブニング説明会
7月14日(土) オープンスクール
イベント日程 イベント名
6月16日(土) 高校説明会
6月16日(土) 小学生おもしろ授業体験
6月27日(水) 中学説明会
イベント日程 イベント名
6月23日(土)・24日(日) 文化祭
8月4日(土) 第1回オープンスクール
8月18日(土) 第2回オープンスクール
イベント日程 イベント名
7月15日(日) オープンスクール(高等学校)
9月16日(日) オープンスクール(高等学校)
9月29日(土)・30日(日) 菅生祭