動きます! 東洋女子は、一歩先へ。

動きます! 東洋女子は、一歩先へ。

inter-edu’s eye

2018年、授業料0円を可能にした「無償化プラン1000」が教育業界で話題を呼んだ東洋女子高等学校(以下、東洋女子)。制服リニューアルも実施した昨年に続き、生徒カルテの活用など学校の変革は続いています。そこで連載第1回となる今回は、この3つの取り組みをご紹介します。

伝統と快適な環境を併せ持つ女子校

東洋女子の創立は1905年。東京大学をはじめ、教育機関が点在する文京区で一貫して女子教育を行ってきた伝統校で、教科横断型授業・英語教育・アクティブラーニングを3本柱に生徒の“自進力”を育成しています。
クラスは進路に応じた2コース(特別進学・総合進学)で編成。特別進学コースには予備校講師も加わる無料の放課後レベルアップ講座があり、1年次から全員が受講して国公立大や難関私大合格を狙います。総合進学コースには、基礎力定着や受験に向けた講座も用意しています。
環境面では校舎の改修により全教室に電子黒板が設置され、体育館は冷暖房完備に、コンピューター室には最新のパソコンが導入されました。ICT環境が整い、授業ではタブレットを活用しています。また、新しい施設として理系教育を活発化させる物理室、完全防音の軽音楽部専用スタジオ、250円の選べる日替わりランチやデザートのアイスクリームを販売するカフェテリアがあります。

外観
中庭

大反響! 授業料0円への挑戦

昨年登場した「無償化プラン1000」は、世帯収入が1,000万円未満の家庭であれば居住地・年収・在籍コースを問わず授業料が無償になる助成金制度です。

無償化プラン1000

考案者である広報室長の篠田さんに、プランの反応についてうかがいます。

受験生や保護者からの反響

篠田さん:「無償化プラン1000」の反響はすさまじいものがあり、かなりの高評価で「よく実施してくれた」「ありがたい」といったお言葉をいただきました。東京都のみならず埼玉県や千葉県の受験生も増えました。
また、受験関係者からは驚きに似た反応がありました。東洋女子の変革が多方面に周知されるきっかけになったのではないでしょうか。

今後の展望

篠田さん:このプランは、「上質な私学教育を提供しながらも、支払うべき授業料を生徒の将来のために使ってもらいたい」という学校の願いから生まれました。ですから、全ての受験生とその保護者に認知していただけるよう、今後も努めてまいります。

私学教育への門戸を開く取り組み

公立校と私立校を比べると、やはり目を引くのは卒業までにかかる費用の差です。しかしその分、私立校には公立校では得られない環境や手厚い学習サポートがあります。「無償化プラン1000」は、お子さまにとってかけがえのない高校3年間をより充実したものにするため、費用がネックになって受験を決めかねているご家庭に寄り添うプランです。

桜色がキュートな新制服

学校選びをする女子中学生にとって、重要なポイントになるものといえば制服でしょう。
リニューアルした東洋女子の制服は、リボンやスカートにスクールカラーの桜色をあしらったデザイン。夏はセーラーブラウスとポロシャツを選べるので、気候に合わせた着こなしが楽しめます。

学校からのワンポイント!

リボンやスカート、コートのデザインを気に入る生徒や受験生が続出。また、スカートのひだの内側にストライプの柄があり、動くと隠れたラインが見えるところや、夏服のピンクのポロシャツが可愛いと評判でした。

新制服

「生徒カルテ」を活用した進路指導

2年次より、特別進学コースは文系・理系に分かれ、文理に特化し、国公立大学を目指すためにバランスよく学んでいます。総合進学コースは8系統に分かれて、夢の実現のために専門性を重視して学ぶことで、難関私立大学を目指しています。
そのような学習体制について、進路指導主任の川田さんにもお話をうかがいました。
川田さん:本校では、進路の実現をサポートする方法の一つとして、生徒カルテを活用することで、生徒一人ひとりの学力や適性を全教員で共有し、学校全体で進路指導を行える体制づくりをしています。また、学校生活での毎日の学びや体験を記録し(ポートフォリオ)、生徒自身が振り返りを行うことで、主体性を育て、本校の教育目標である「自進力」を育てることにも活用しています。

学校説明会in川口&北千住

「無償化プラン1000について詳しく知りたい」「生徒や先生と直接話をしたい」「制服を見てみたい」という方には、6月に開催される校外説明会への参加をお勧めします。

説明会の様子

篠田さん:本校単独で行う独自の校外説明会です。昨年度は川口のみで行い、在校生と受験生が1人ずつ密に話せるスペースや授業体験スペースなどを設け、参加者からたいへん好評でした。今年度は川口、北千住と2か所で行います。是非、足をお運びください。

編集者から見たポイント

補習講座や優れた設備、少人数制の手厚い指導など、公立校では享受できない環境で学校生活を送れるチャンスとあって、「無償化プラン1000」に多くの反響があったことは当然の結果といえるでしょう。東洋女子の今後の改革に、ますます期待が高まります。
昨年のオープンスクールは参加申し込みが殺到し、予約を締め切る事態に。参加できなかった人のために体験型の学校説明会を実施したほどで、学校の注目度の高さを見せつけました。今年は6月に説明会、7・8月にオープンスクールが開催されるので、お子さまを誘って参加なさってはいかがでしょうか。

イベント日程

イベント名 日時 備考
Experience Toyojoshi 2019年6月8日(土) 14:00〜16:00 予約不要 場所:北千住1010
Experience Toyojoshi 2019年6月22日(土) 14:00〜16:00 予約不要 場所:川口リリア説明会
翔舞祭(体育祭) 2019年6月27日(土) 10:00〜15:00 場所:東京武道館
第1回説明会 2019年6月29日(土) 14:30〜 終了後個別相談あり
第1回オープンスクール 2019年7月27日(土) 10:00〜16:00 要予約 午前オープンスクール・午後クラブ体験
第2回オープンスクール 2019年8月24日(土) 10:00〜16:00 要予約 午前オープンスクール・午後クラブ体験
秋桜祭(学園祭) 2019年9月15日(日) 9:30〜15:00 場所:本校
秋桜祭(学園祭) 2019年9月16日(月・祝) 13:00〜16:00 場所:北とぴあ
第2回説明会 2019年9月21日(土) 14:30〜 終了後個別相談あり

イベントに参加して東洋女子をもっと知る≫


その他の連載コンテンツ

第2回入試改革に対応するチカラを!人間力を養成する土曜講座

教科横断型授業・英語教育・アクティブラーニングを教育の3本柱とし、“自進力”の育成を目指す東洋女子高等学校。今回は教科横断型授業にスポットを当て、今年度から必修化された土曜講座の潜入レポートをお届けします。記事を読む≫