今年からオンライン英会話を全学年で導入! ますます加速する安田学園の英語教育とは

今年からオンライン英会話を全学年で導入! ますます加速する安田学園の英語教育とは

inter-edu’s eye

英語教育に力を入れ、グローバル社会へ対応できる生徒を育てる安田学園中学校・高等学校(以下、安田学園)。「中学3年生での英検準2級以上取得率87%」(過去3年間累計※先進コース)という高い実績の背景には、どのような取り組みがあるのでしょうか。今年から全学年で導入されたオンライン英会話について、英語科主任の大西先生にお話をうかがいました。

学校公式サイト ≫

やる気を引き出す安田学園のカリキュラム

英語科主任の大西先生
お話をうかがった英語科主任の大西先生。

インターエデュ(以下、エデュ):英検取得率を維持するには生徒たちの普段の勉強が大切かと思いますが、生徒のやる気はどのように引き出しているのでしょうか。

大西先生:「やり方が分からなくてやる気が出ない」とならないよう、まずは予習や復習といった勉強の仕方をきちんと教えていくようにしています。そのうえで4技能を多角的に伸ばすため、洋楽のリスニングや洋書の多読学習を取り入れたり、テストでも英作文の機会を多くとったりしています。

エデュ:以前特集したオックスフォード大学でのプレゼンテーションでは、日本語を経由せずいきなり英語で原稿を考えていくと聞きました。中学生からの英作文が役に立っているということでしょうか。

大西先生:ストックフレーズと言うんでしょうか、使える表現のパターンが頭に入っているんだと思います。ベースとなる単語や表現をたくさんストックするため、英単語コンテストを含めて暗記学習は否定しません。

英語教育
安田学園では全コースで英単語コンテストやスピーチコンテストを実施。希望者向けの2泊3日国内語学研修など、英語力を発揮するプログラムが豊富にあります。

エデュ:英検取得にも力を入れていますよね。

大西先生:各コースに規定級を設定するなど、英検取得を推奨しています。普段の授業では特に英検対策をしていませんが、冬期講習では対策講座を設けています。放課後に1対1で面接対策をすることもありますよ。

エデュ:英語力を養うことで、生徒にはどんな活躍を期待しているのでしょうか。

大西先生:グローバル社会では英語力がますます要求されますが、まずは大学入試で力を発揮して希望する進路へ進んでもらいたいです。とはいえ英語はツールに過ぎません。安田学園の教育目標である「自学創造」にもつながりますが、英語を使って他言語や他文化を自分で学び発信していってほしいです。

モチベーションを高める英語プログラム ≫

全学年で導入!オンライン英会話ってどんな授業?

オンライン英会話

オンライン辞書や翻訳サービスで有名なweblioと提携し、今年から全学年で導入されたオンライン英会話授業。画面には相手の顔と教材とチャットが表示され、それを見ながら会話を進めていきます。教材は普段の授業で使う主教材をベースに独自に作成したもの。担当教師も管理者として教室を見まわり、生徒の不安やトラブルに対応します。難度や進度は生徒の能力に合わせて調整されるため、生徒全員がマンツーマンで英会話の指導を受けられるという仕組みです。

エデュ:オンライン英会話を全学年に導入した目的を教えてください。

大西先生:英語教育で大事にしているのは高度な4技能をバランスよく備えることですが、近年の入試では発信力が測られるようになってきています。マンツーマンの英会話だとスピーキングはもちろん、アウトプットが増えることで発信力も鍛えられます。入試改革にもよい教材になるのではと考えました。

大西先生
「話さなければ、話せない」をモットーとし、実践的な英語教育を意識的に取り入れている。

エデュ:人見知りや英語力の不安など、苦手な子へのフォローはありますか。

大西先生:1対1での会話を直接助けるのではなく、普段の授業で基礎力をつけ自信を持って会話に臨めるようフォローしています。クラスもそれぞれの挑戦を応援し、みんなで頑張ろうという雰囲気です。英会話の講師たちは進め方もフレンドリーで、今のところ生徒の姿勢からは楽しんでいるようすが伝わってきています。

中学生でここまで喋れる!英会話のようす ≫

安田学園が目指すさらなる高み

オンライン英会話以外にも新しい取り組みを始めていると聞きました。

大西先生:英語でのプレゼンテーション授業ですね。高校1年生のほとんどのコースで実施していますが、生徒たちはみんな一生懸命取り組んでいます。年に数回、「東京の紹介」や「将来の夢」など決められたテーマで原稿を準備し発表するのですが、自分の思ったことを自由に言えるからかとても楽しそうです。さまざまな取り組みが単体としてはよい効果を挙げているので、これからは複数の取り組みで連鎖反応を起こせるような流れを作りたいと考えています。安田学園は先生と生徒の距離が近いと思っていますが、実は先生同士もフレンドリーで現場の意見を言いやすい環境です。すべては生徒のためになるかどうかで判断するという共通認識のもと、それぞれの取り組みを共有してもっとよくしていきたいです。

教員室前で相談する生徒
教員室前でよく見かける光景。生徒たちが気軽に相談しに行ける環境も魅力。

エデュ:現場の雰囲気や多くの取り組みが結果にもつながっているのですね。

大西先生:今年は初めて先進コースの卒業生が出て、コース編成が整った年です。先進コース(理系)ではGMARCH以上合格が100%、先進コース全17名中15名が国公立進学と、過去最高の合格実績を上げることができました。生徒、担任、進路指導部、そして授業担当者がしっかりまとまった結果です。全体としてレベルが上がっていると実感しています。

大躍進!過去最高の合格実績 ≫

編集者から見たポイント

今年から始まった全学年導入のオンライン英会話を始め、安田学園では英語教育が細部にわたり充実していると感じました。大西先生からは「今後は生徒からのフィードバックを活かしてオンライン英会話もどんどんよくなっていくと思います。期待していてください!」と力強いコメントも。挑戦を続けながら着実に実績を伸ばしていく安田学園のさらなる進化に期待が高まります。

学校公式サイト ≫

イベント日程

中学入試学校説明会<要予約>

日程 時間 備考
2019年6月1日(土) 14:30~
2019年6月29日(土) 14:30~
2019年9月7日(土) 14:30~ クラブ・授業体験を実施

中学ナイト説明会<要予約>

日程 時間
2019年7月17日(水) 18:30~

高校入試学校説明会<要予約>

日程 時間
2019年9月14日(土) 10:00~、14:30~

高校オープンキャンパス<要予約>

日程 時間
2019年7月27日(土) 13:00~