難関大合格の卒業生が教える“八王子学園の強み”

難関大合格の卒業生が教える“八王子学園の強み”

inter-edu’s eye

八王子学園八王子中学・高等学校(以下、八王子学園)では、難関大を目指すコースや美術系・音楽系の進学コースがあり、生徒の個性に合った進路指導を行っています。中でも、東大をはじめとする難関大を目指すコースでは学力別の3クラスに分かれ、着実に実力をつけられるのが強みです。今回は、難関大学合格者から「八王子学園の進路指導・受験指導」について詳しくお話をうかがいました。

学校公式サイト ≫

生徒の個性を引き出し“行きたい”を叶える進路指導

2020年の卒業生2名にインタビューを行いました。一人目は、麻布大学獣医学部獣医学科に通う清水颯斗くん。二人目は、東京外国語大学国際日本学部国際日本学科の中野克聡くんです。お二人とも八王子学園在学中は文理特進コースに在籍をしていました。彼らがどのように進路を選択したのか、また学校のサポート体制について語っていただきました。

インターエデュ(以下、エデュ):現在の進学先を選んだ理由を教えてください。

清水くん:もともと獣医師になりたいという夢があったので、獣医学部のある大学のオープンキャンパスに行って雰囲気を見ました。獣医学部がある大学は全国に17校と少なかったのですが、実際に見学をしてみて麻布大学が最も自分に合っていると感じたためです。

中野くん:外国語や社会学を大学で学びたいという強い思いから、高校1年生の頃から東京外国語大学は憧れの大学でした。また、国際日本学部は海外からの留学生が半数を占める学部で、様々なバックグラウンドや考え方を持った人々と交流できるのが魅力です。このような他の大学にはない、自分の視野を最大限に広げられる環境が整っていると思えたのも入学を希望した理由ですね。

エデュ:大学受験を意識し始めた時期はいつですか。また、そのきっかけも教えてください。

清水くん:高校2年生の12月ごろでした。修学旅行が終わると徐々に先生方から大学受験に関する話を聞く機会が増えていき、自然と受験に向けてスイッチが入りました。

中野くん:高校1年生から2年生にかけての春休み期間から本格的に動き始めました。国公立大学に行きたいと思っていたのですが、文系であるにも関わらず国語が苦手で、何とかして克服しなければという焦りから、自習室通いを始めたのがきっかけです。

エデュ:「進路選択に関する授業・イベント」、「先生から進路選択について受けたサポート」で印象に残っていることやその時期を教えてください。

清水くん:高校2年生の3月に受験を経験した先輩方から話を聞くというイベントがありました。少し前まで実際に受験勉強をしていた先輩だからこそ分かる具体的な受験期の過ごし方や勉強法など聞けたので、大変参考になりましたね。

中野くん:高校2年生の6月頃に受けた二者面談が印象的でした。その頃はまだ東京外国語大学を目指せるような学力ではなく、他の国公立大学に行くことを考えていたのですが、担任の先生から「国際系の学部を志望するなら、東京外国語大学を目指してはどうか」と提案をしてもらったのです。学力が追いついていない中で、期待をしてもらえたことがとても嬉しかったです。

担任の先生と生徒の1対1で行う二者面談では、生徒の希望をしっかりと聞き取り、進路のすり合わせや、学習のアドバイスなどを細かく行います。
担任の先生と生徒の1対1で行う二者面談では、生徒の希望をしっかりと聞き取り、進路のすり合わせや、学習のアドバイスなどを細かく行います。
八王子学園の進路指導の詳細はこちら ≫

生活面や精神面での手厚いサポートが光る

受験本番が近づいた時期にご自身で工夫をされたことや良かったと思う学校のサポートについてお話をうかがいました。

エデュ:大学受験直前期の学習で工夫したことを教えてください。

清水くん:僕はしっかりと睡眠をとることを重視していました。睡眠をとらずに過去問を解いたり、受験の傾向を熟知している先生方の授業で眠くなってしまうのは、非常にもったいないからです。また、疲労感を残したまま勉強すると、集中力が続かずに非効率的であると感じていました。

中野くん:大学受験といっても生活様式を大幅に変えることはせず、高校2年生の勉強スタイルに+αするかたちです。健康でなければ質の高い勉強はできないので、睡眠時間は最低でも7時間は確保して、登校前に1時間勉強すると決めて習慣化していました。また、「やらないで後悔するよりも、やって後悔したほうが良い」と思い、わからないことはすぐに質問をする。やる気が出ないときには、「もし落ちたら余計しんどくなる」と自分に言い聞かせていましたね。

エデュ:受験本番に向けて先生からはどのような指導・応援を受けましたか。また、受験勉強が辛かった時、同級生や先生との関わりの中で、支えになったことあれば教えてください。

清水くん:受験本番に向けて担任の先生は勉強面だけでなく、睡眠などの生活面についてもよく気にかけてくださいました。僕は公募制推薦を利用したのですが、面接や小論文などの試験対策を丁寧にしていただき、とても感謝しています。また、普段から自習室で勉強を行なっていたのですが、同じ空間にクラスの友人もいたので、頑張っているのは僕だけではないと非常に心強かったです。

中野くん:東京外国語大学の推薦入試が不合格となってしまったとき、担任の先生が変に慰めようとせず、「一般入試の受験科目順調かな?」と聞いてくださり、一般入試に向けて気持ちをスムーズに切り替えてくれました。推薦入試の直後から落ちたときのことを想定して勉強し続けていたのも、一般入試での合格に繋がった勝因だと思います。

学校で行う授業自体も大学受験に通用するハイレベルな内容。受験を見据えた学習内容で生徒の学力を徹底的に伸ばします。
学校で行う授業自体も大学受験に通用するハイレベルな内容。受験を見据えた学習内容で生徒の学力を徹底的に伸ばします。

八学生だったから自分の可能性を広げられた

これまでのお話を踏まえて、八王子学園ならではの強みについてお二人に語っていただきました。

エデュ:八王子学園の進路選択・学習サポートの中で、特に効果があったと思うものは何ですか。また、その理由を教えてください。

清水くん:担任の先生との二者面談はとても充実していてよかったです。日々の生活に関することや進路についての相談だけでなく、今後の学習アドバイスをしてもらえるので大学受験に向けて自分が今何をすればよいのかが分かりやすかったです。不安や心配事を抱えずに勉強や行事に取り組めました。

中野くん:高校3年生での勉強合宿も印象に残っています。8月になると焦りなどから集中力が途切れてしまう時期があったのですが、勉強合宿で何時間も集中的に学習に取り組むことができました。勉強だけでなく交友関係も広げられて嬉しかったです。

エデュ:八王子学園の授業・講習などの普段の学習の長所を教えてください。

清水くん:生徒と先生との距離が近いので、分からない部分の質問をしやすいことや放課後や長期休暇中の希望講習などが充実していて、苦手な科目の復習ができたり、普段の授業よりも発展的な知識を得ることができるところがよいと思います。

中野くん:普段の授業では会わない先生でも、講習になるといろいろな先生に教えてもらえる環境があります。また、受験直前でもメールで過去問の添削をしてもらえるなど、生徒一人ひとりの学習サポートを熱心にしてくださる先生が多いので安心して受験に挑めました。

八王子学園には「コミュニティーエリア」という学習空間があり、生徒が先生に気軽に質問できるように環境が整っている。
八王子学園には「コミュニティーエリア」という学習空間があり、生徒が先生に気軽に質問できるように環境が整っている。

エデュ: 進路実現に向けて受けてきた八王子学園のサポートや指導の長所を踏まえて、中学受験生にメッセージをお願いします。

清水くん:八王子学園は先生方がとても気さくで、学習や生活についての相談がしやすいです。部活では優しい先輩との繋がりもあり、楽しく学生生活を送ることができます。また、行事も多いので、いろいろな経験が得られることも八王子学園の強みです。勉強・部活・行事と楽しみの詰まった八王子学園での学校生活を目指して、受験を乗り越えてください。

中野くん:大学は外国学を選択しましたが、僕が英語の勉強を始めたのは中学1年生からです。入学した当初は、授業についていくのがやっとでしたが、八王子学園の先生の温かいサポートのおかげで、勉強の楽しさを知ることができました。勉強に不安を抱えている方も、八王子学園に入れば充実した学生生活が待っているので大丈夫ですよ。受験勉強は大変だと思いますが、その努力や我慢してでも勉強する精神力はきっと財産になります。最後まで力を尽くして頑張ってください。応援しています!

進路実績の詳細はこちら ≫

編集者から見たポイント

清水くんと中野くんのお話から、八王子学園らしい生徒の背中を押す進路選択や一人ひとりに寄り添った充実したサポート体制が見えてきました。先生に言われたから勉強をしているのではなく、夢や具体的な目標を持って将来に突き進んでいく生徒と、それを全力で支える受験の傾向を熟知した先生方の総力戦で難関校の合格が叶うのだと強く感じます。

中学入試要項 ≫ 高校入試要項 ≫

その他の連載コンテンツ

生徒と先生の厚い信頼関係が自由な校風をつくる

八王子学園八王子中学・高等学校の自主性を尊重する校風が垣間見える、高校生のリュックサック解禁や修学旅行の代替行事について紹介します。記事を読む≫

生徒たちの待ち望んだ“八学祭”が開幕!

感染症対策を徹底する中で開催された八王子学園八王子中学・高等学校の学園祭「八学祭」。生徒たちが思う存分行事を楽しむようすをレポートします。記事を読む≫

最先端の学びが生徒のやる気を育む“東大・医進クラス”

首都圏最難関の国公立・私立大学への現役進学を目指す「東大・医進クラス」に在籍する中学1年生の生徒たちにお話をうかがいました。記事を読む≫

全教科オンライン化で対応! 休校でも止まらない学び

休校期間中、全科目のオンライン授業の実施を叶えた八王子学園八王子中学・高等学校のサポート体制について、先生と生徒にお話しをうかがいました。記事を読む≫

「オンライン学校説明会」で教育情報を的確に発信

八王子学園八王子中学・高等学校では新型コロナウイルス流行に伴い、オンラインによる学校説明会を実施。説明会の内容を詳しくご紹介します。記事を読む≫