速報! 目白研心の2022年度中学入試

速報! 目白研心の2022年度中学入試

inter-edu’s eye

今春の大学入試で過去最高の実績を打ち出した目白研心中学校・高等学校(以下、目白研心)。一方、中学入試の実績は、志願者が99名から133名と大幅に増加しました。勢いに乗る目白研心の2022年度中学入試について、教頭の齋藤圭介先生に語っていただきました。

創立100周年へ 学校サイト ≫

入試日程と変更点

インターエデュ(以下、エデュ):2022年度入試の変更点や最新情報を教えてください。

齋藤先生:特待制度を充実させました。2月1日(火)の第1回・第2回の4科入試で1位になった受験生は、得点率に関わらず3年間特待、もしくはS特待に認定。そして、同日の適性検査型入試で1位になった受験生も、得点率に関わらず3年間特待に認定します。3年間特待は入学金・施設設備費・授業料が3年間、S特待は1年間免除されます。

エデュ:入試制度については、いかがですか。

齋藤先生:昨年度から導入した算数特別入試は、回数を増やして2月2日(水)・3日(木)の午後に2回実施します。同日の午前中には英語スピーチ入試を実施しますが、この2つは第1回・第2回のいずれかのみ出願可能で、同じ入試を2度受験することはできません。
なお、英語の資格取得者は加点優遇します(英語スピーチ入試を除く)。英検準1級以上が50点、2級以上が40点、準2級が30点、3級が20点、4級が10点、5級以下は5点です。英検以外の資格をお持ちの方はご相談ください。

2022年度中学入試

入試日程 2月1日(火) 2月2日(水) 2月3日(木)
午前 午後 午前 午後 午前 午後
試験種類 第1回
2科・4科
第2回
2科・4科
第3回
2科
第4回
2科
第5回
2科
次世代
スキル
適性検査型 - 第1回
英語
スピーチ
第1回
算数特別
第2回
英語
スピーチ
第2回
算数特別

エデュ:帰国生入試について教えてください。

齋藤先生:海外オンライン帰国生入試と、国内帰国生入試があります。オンラインでの受験は筆記試験がなく、書類選考・自己アピール動画・事前準備の項目を総合的に判定。合格後の学校見学が可能です。そして、合格後には本校からのサプライズプレゼントがありますよ。受験を検討されている方は楽しみにしていてください。

ネイティヴ教員と生徒たち
英語を学ぶ環境が充実している目白研心。海外大進学を狙う「Super English Course」は中3から選択できます
帰国生入試について詳しく見る ≫

適性・算数・次世代スキル 3試験の振り返り

エデュ:2021年度入試では、算数特別入試と次世代スキル入試を導入し、適性検査型入試は内容を変えて実施されました。入試当日の様子や、各入試で入学した生徒について教えてください。

【適性検査型入試】
齋藤先生:内容を都立富士・大泉に準拠し、これまでと形態を大きく変えたところ、想定よりも多くの志願者が集まりました。受験生のレベルは非常に高く、全員が合格しました。なお、富士・大泉の志願者で、4科入試で本校に入学した生徒もいます。

【次世代スキル入試】
齋藤先生:最初の課題は自己紹介で、受験番号と名前、中学生になったら挑戦したいことを1分間で話してもらいました。ある受験生は、「中学では友達を1000人作りたいです。苦手な漢字も、テストでは100点を取りたいです」と発言。初対面の人を前にして少し緊張した様子でしたが、ハキハキと話していましたね。

【算数特別入試】
齋藤先生:20名の出願があり、3名が受験しました。どの受験生も高得点で、点数が一番高かった受験生は入学しています。

開放感のあるカフェテリア
開放感のあるカフェテリア。志願者の増加で校内は活気に満ちています

入試の特徴と対策

エデュ:受験生に向けて、各入試の特徴や対策を教えてください。

【2科4科入試】
齋藤先生:国語・算数は各100点でそれぞれ50分、理科・社会は各100点で合わせて60分です。よって、理科・社会は得意科目に合わせて時間配分をしてください。過去問の演習は正答率5割を目安に励んでください。

【適性検査型入試】
齋藤先生:富士・大泉の問題に準拠しますので、都立中の受検勉強をしていれば対策は不要です。適性検査Ⅰ・ⅡまたはⅠ・Ⅱ・Ⅲ各45分(各100点)の選択制で、合格の目安は5割です。ご希望があれば、合格発表後に到達度をお知らせします。なお、手続きの締め切りは2月10日(木)なので、都立中を目指す方も安心して受験できます。

【英語スピーチ入試】
齋藤先生:英語でのコミュニケーション力を測る入試です。筆記試験はなく、スピーチだけですが、かといって一字一句正確に読む必要はありません。出題のレベルは英検3級程度です。帰国子女も多く受験しており、合格者の7割が特待生に認定されています。

【次世代スキル入試】
齋藤先生:次世代スキル入試は、学力試験では測れない“これからの可能性”を測る入試で、学級会のような話し合いが好きな受験生におすすめです。2021年度入試では、「身近にいるかっこいい人について」「自分をかっこいいと思えたとき」について意見を聞きました。

【算数特別入試】
齋藤先生:計算力問題50題・思考力問題の2コマの試験で、難しいだけの算数の問題は出題しません。合格の目安は6割です。思考力問題では昨年度、以下の問題を出題し、2題の平均点は15点でした。

(1) 1、2、3、4、5の5つの整数を1回ずつ使い、14ではないが14になるべく近い数を求める式を作りなさい。
(2) 「食塩水300g」「濃度8%」「混ぜると濃度5%」の言葉をすべて使い、算数の問題を一題作りなさい。また、作った問題の答えを途中式も含めて答えなさい。

入試要項と特待制度をチェック ≫

受験生へのメッセージ

エデュ:2022年度中学入試において、齋藤先生が受験生に強くアピールしたいことは何でしょうか。

齋藤先生:本校の合否の判定は、上から何人というものではありません。合格ラインに達していれば全員合格ですので、周りのことは気にせず入試に取り組んでください。昨年度の志願者は99名から133名と大幅に増加しました。また、特待生を狙って何度も受験することが可能です。受験料に関しては、同時出願なら何度受けても23,000円です。

エデュ:最後に、中学受験生とその保護者へのメッセージをお願いします。

齋藤先生:本校は非常に伸びている学校であり、今春の大学合格実績は過去最高のものとなっています。英語教育に定評があるほか、二人担任制、先取をしない私学という特色もあります。ぜひ、入学をご検討ください。

校内に設置された学習支援センター
校内に設置された学習支援センター。自学自習の習慣が身につき、大学合格実績の向上に貢献しています
過去最高を記録!大学合格実績 ≫

編集者から見たポイント

前回記事で、飛躍した大学合格実績をご紹介した目白研心。学校では、来年の1月まで毎月説明会が開催され、12月には入試体験会も行われます。齋藤先生は、「入試体験会では、説明会では入手できない入試ポイントをお話しします。体験もできますので奮ってご参加ください」と語ります。2023年に創立100周年を迎える伝統校に、ぜひ足を運んでみてください。

学校サイト ≫

イベント日程

イベント名 日時
桐陽祭(文化祭) 2021年9月18日(土)・19日(日) 9:00
第3回中学校説明会 2021年9月25日(土) 10:30
入試体験会 2021年12月18日(土) 13:30
イベント情報 ≫

その他の連載コンテンツ

2021年度大学入試で過去最高の実績! 目白研心の「夢を諦めない」進学指導

創立以来最高の大学合格実績を出した要因とは? 校長の松下先生が2021年度大学入試を振り返ります。記事を読む≫