揺るがない「学力の幹」をつくる教育姿勢。英語・数学を着実に先取りする進学校

揺るがない「学力の幹」をつくる教育姿勢。英語・数学を着実に先取りする進学校

inter-edu’s eye

大宮開成中学・高等学校(以下、大宮開成)は難関大学への合格実績が高く、中学受験生の注目を集めている進学校です。その背景にあるのが、英語・数学に比重を置いた独自のカリキュラム。英語・数学の優れた学習内容について生徒・先生にお聞きし、揺るがない「学力の幹」をつくる教育姿勢に迫りました。

学校公式サイト ≫

中3から大学入試対策!先取り学習でも「一つひとつ積み上げる指導」

大宮開成の英語教育は「読む・聞く・書く・話す」の英語4技能をバランス良く伸ばし、世界で活躍できる資質を育てることを目標としています。大学入試に向けた演習を積むとともに、外国人留学生と交流する行事などを通して、実践力を養うことがその特色です。ここからは英語科の石坂豪先生にご紹介いただきます。

石坂豪先生
石坂豪先生。大宮開成の英語教育の強みを「レシテーションとスピーチのコンテスト、夏季ホームステイなど授業以外にもさまざまな取り組みがあること」とご紹介くださいました

エデュ:中学受験生に知ってほしい「大宮開成の英語教育の強み」を教えてください。

石坂先生:スピーディーに基礎を徹底できる点です。中学1・2年生のうちに高校入試レベルの英語を完全にマスターできるカリキュラムとなっており、早くも3年生からは大学入試を見据えた学習内容を先取りしていきます。また、自宅でも効率よく勉強してもらうために、スタディサプリENGLISHを活用しています。

エデュ:2017年秋から導入されているオンライン英会話についてご紹介ください。

石坂先生:外国人講師によるマンツーマン指導で、「Yes/No」だけでは終わらないやりとりを実践する訓練を積ませています。大宮開成のオンライン英会話は、コミュニケーションの中で正しい文法・発音を徹底的に反復練習する「カランメソッド」を取り入れているのが特徴です。大宮開成なら、英語に対して英語で反応できる「英語脳」を手に入れることができますよ!

オンライン英会話の様子
オンライン英会話の様子。日常的に英語が実践できるため、スピーキング能力が着実に伸びていきます

エデュ:英語の指導に関して、重視していることを教えてください。

石坂先生:一人ひとりの生徒を大切にすることです。小テストで習熟状況を細かくチェックし、個別指導で学習のつまずきを解消しますし、英検の取得サポートにも力を入れています。「海外の方と交流していきたい」「難関大学に合格したい」など、生徒が英語を学ぼうとする目的意識はさまざまですが、どの生徒も大きく成長できるように指導していきます。

気になる6年間のカリキュラムを解説 ≫

小テストで復習バッチリ!そして「自分なりの目標」も

大学入試に対応したカリキュラムを採用しつつ、生徒一人ひとりを大切に育てる大宮開成の英語教育。先生方の熱意は生徒たちにも伝わり、新入生も意欲的に学習に取り組んでいます。

白倉徳くん
白倉徳さん。文芸部と図書委員会にご所属で、「図書館の蔵書が多くて、洋書も揃えてある」と大宮開成の魅力を語ります

エデュ:大宮開成の英語教育の長所を教えてください。

白倉くん:英単語や文法の小テストがあって、学習範囲をちゃんと復習できるところです。授業中の教え方も丁寧で、楽しく学習の要点を押さえていくことができます。また、英会話授業でネイティブの先生と話せるのも魅力的です。クイズや発表など、楽しいアクティビティを通して、本場の英語に触れることができます。

エデュ:身につけた英語力を活かして、挑戦したいことはありますか。

白倉くん:好きな小説を洋書で読むことです。授業やテスト以外にも、自分の目標のために活かせる英語力が身についていると感じています。

GMARCHに534名!大学合格実績 ≫

「なぜ」から生まれる数学の力は「学力の幹」につながる

数学も英語と同様に先取り学習を行い、高校1年生までに高校の基礎段階の学習をおおむね完成させ、2年生からは進路別のクラス編成となり、演習授業を中心に展開。大学入試を突破する力を養います。その指導方針について、赤間亮一先生にお聞きしました。

赤間亮一先生
赤間亮一先生。常に笑顔で生徒に接するがモットー。大宮開成の強みを「面倒見の良さ、生徒からの質問が多いこと」とご紹介くださいました

エデュ:数学の指導に関して大切にしていることを教えてください。

赤間先生:ただ答えを出して終わりにするのではなく、「この問題がこの解き方で解けるのはなぜだろう」という問いかけをいつも欠かしません。生徒には、「なぜ」と考えるように指導しています。簡単な計算問題ですらしっかり解き方を考えさせています。

エデュ:生徒の学力向上のために力を入れていることを教えてください。

赤間先生:「予習→授業→復習」という流れを徹底し、各単元で学んだことがしっかり定着したかを見るために小テストを行います。そこで合格点に達するまで丁寧に指導します。

エデュ:こまめに生徒の定着度合いを見ることを重視しているのですね。

赤間先生:基礎が身につくことは、生徒が自分から努力するきっかけになります。そして努力が成長につながれば、学ぶことが好きになります。大宮開成では、こうして意欲を伸ばすことこそが「学力の幹」であると考え、学びが喜びに変わるよう生徒に寄り添っています。

進学校も「人間教育」が充実 ≫

難問に次々と挑戦する切磋琢磨できる演習授業

数学に関しても基礎を徹底する大宮開成は、学習についてこられない生徒を出さないことを絶対の目標としています。また、習熟度別の演習授業も行い、「発展的な内容に挑戦したい」という生徒の声にも応えています。

授業中、黒板に飛びつく生徒たち
授業中、黒板に飛びつく生徒たち。前向きな学習姿勢が身につく教育の成果が表れています

Tクラス独自の演習授業である「アドバンスト演習」では、中1で数学、中2で英語、中3で英語と数学のハイレベル演習を行い、実践力を鍛えます。今回はTクラスに所属する生徒に学習内容について聞きました。

佐々木直斗くん
佐々木直斗さん。将棋部と体育委員会に所属されています。今後頑張りたいことを聞くと、「環境問題のプレゼンテーション」とお答えになりました

エデュ:大宮開成の数学の長所を教えてください。

佐々木くん:Tクラスでは土曜日に「アドバンスト演習」があり、普通の授業では扱わない、もっと思考力が必要な問題に挑戦できるところです。切磋琢磨できる環境だなと思っています。

エデュ:授業中、面白いと感じるときはどんなときですか。

佐々木くん:グループワークで友だちと意見を出し合いながら難問の解き方を考えるときです。そして、問題が解き終わった人から新しい問題に挑戦できるので、数学の力をどんどん伸ばしていけそうです。

編集者から見たポイント

基礎学力の定着を徹底することで、着実な先取り学習を実現している大宮開成。中学校生活を目前に控えて、「英語や数学が不安」とご心配のお子さまも確実に力を伸ばしていける学校です。

学校公式サイトへ ≫

イベント日程

イベント名 日時
学校説明会 2021年8月21日(土)13:30~、8月22日(日)13:30〜、9月25日(土)13:30~、12月4日(土)9:30~
入試対策会 2021年10月23日(土)9:00~、11月23日(火祝)9:00~
イベント日程詳細 ≫