生徒が実感 S特コースと聖望学園の魅力

生徒が実感 S特コースと聖望学園の魅力

inter-edu’s eye

埼玉のミッションスクール・聖望学園中学校高等学校(以下、聖望学園)。高校は「S特・特選・選抜・総進」の4コース制で、難関大への実績を伸ばしながら多様な進路を実現しています。そこで今回はS特の生徒にインタビュー。生徒目線でS特や聖望学園の魅力を語ってもらいました。

学校サイト ≫

難関大合格を目指すS特コース

S特コースは最難関私大や難関国公立大合格に向け、ハイレベルな授業を展開するクラスです。

S特コースの特徴

① BenesseのWeb教材学習を利用
② 毎週土曜に予備校講師による特別講習(以下、土曜講習)を実施
③ 駿台サテネット映像教材学習で応用力強化
④ 毎週オンライン英会話を実施
⑤ 学業奨学生対象のZ会添削指導

充実の学習環境! S特のカリキュラム ≫

S特コースの強み

インタビューに参加してくれたのはS特コース2年の4名。聖望学園中学校出身の土屋くんと酒井さん、高校から入学した上村くんと八木さんです。

土屋くん
土屋くん。テニス部。「お気に入りは図書室。いろいろな種類の本があり、リラックスできる場所です」
上村くん
上村くん。高校から入学。軽音楽部。「中学3年生のとき、現役で大学に合格すると決めて学校選びをし、聖望学園に入学しました」

インターエデュ(以下、エデュ):S特コースを志望した理由を教えてください。

土屋くん:レベルの高い授業や土曜講習を受けられるところに惹かれました。

酒井さん:国公立大を目指しているからです。また、3年間クラス替えがないことがいいなと思いました。

上村くん:どのコースにするか迷っていたとき、S特に在籍していた知り合いの方から「S特なら勉強に集中できてモチベーションが上がるよ」と聞いて決めました。

八木さん:負けず嫌いな性格なので、やるからには最上位のコースで勉強したいと思ったからです。土曜講習があり、予備校に通わなくても難関大を目指せるところも魅力でした。

東工大・北京大も! 合格実績はこちら ≫
酒井さん
酒井さん。家庭部。「中学校も高校も、“推し”の先生ばかり。先生に恵まれている学校です」
八木さん
八木さん。高校から入学。家庭部。「聖望学園のパンフレットを見て留学制度に興味を持ち、説明会に参加。個別相談で先生の熱意を感じ、その日のうちに『聖望学園に行く!』と決めました」

エデュ:S特コースで学力は向上したと感じますか。

土屋くん:英語が苦手でしたが、土曜講習で英文法への理解がかなり深まりました。

上村くん:僕も土曜講習で問題演習を重ねたことで、模試の成績が上がりました。

酒井さん:数学の先生が下校時間ぎりぎりまで職員室で私の質問に対応してくれたり、授業とは別のプリントを用意してくれたりと、熱心に教えてくれたことで数学の成績が上がりました。

八木さん:担任の先生が国語科で、放課後に添削指導をしてくれたため、苦手だった国語の成績が上がってきています。また、1年の1月から3月までターム留学をしたことで、この半年で英語の模試の偏差値が5上がりました。

土曜講習のようす
土曜講習のようす

エデュ:担任の先生について教えてください。

土屋くん:持ち上がりで1年のときから担当してくれているので、何でも相談できます。僕が進路で迷っていたときには、放課後に時間をかけて一緒に学校選びをしてくれました。

酒井さん:模試の結果を分析し、生徒の成績と志望校との差をグラフ化してくれるので、現状を把握できてすごくありがたいです。

上村くん:定期的に行う小テストの結果が悪かったので担任の先生に相談したら、勉強法を考えてくれて、最近では常に満点に近い数字を取れるようになりました。

八木さん:ターム留学の渡航前に文理選択があり、とても悩んだときに一緒に考えてくれました。熱心ですが、すごく面白いので話していて楽しいです。

留学制度をチェック ≫

エデュ:コロナ禍で行われた同時双方向型授業はどうでしたか。

土屋くん:通常授業と遜色なく、分かりやすかったです。授業が終わった後に先生が残ってくれたので、質問しやすかったですね。

酒井さん:物理の授業では、先生が手の込んだ動画を作成してくれてオンラインでも理解が深まりました。

上村くん:分散登校の期間に国語でグループワークをしました。みんなタブレットがあるからと、自宅にいる生徒もメンバーに入れてグループワークをしたので、通常時と変わらないなと驚きました。

八木さん:ホームルームでは画面でクラスメイトの顔を見ることができたので、寂しさが紛れました。

一歩先行く聖望学園のICT教育 ≫

聖望学園の学校生活

エデュ:学校や生徒の雰囲気を教えてください。

土屋くん:中高どちらも明るい生徒ばかり。同学年も先輩も気軽に話せます。

酒井さん:中学校は人数が少ないので先輩・後輩全員で仲がよいです。高校では生徒数がぐんと増えて、たくさんの出会いがあって楽しいですね。

上村くん:高校入学前はキリスト教の学校に硬いイメージを抱いていましたが、リラックスして過ごせるし、先生には些細なことでも相談できると感じています。

八木さん:フレンドリーな先生が多いので、職員室に行く生徒がとても多いです。

中学校の募集要項 ≫

エデュ:好きな行事はありますか。

土屋くん:文化祭ですね。去年のクラス出し物は縁日でした。

上村くん:僕も文化祭です。軽音楽部なので、文化祭のステージに立つまでの日々も楽しいですね。

酒井さん:クリスマス礼拝がおすすめです。

八木さん:体育祭です。学校からグラウンドまで歩いて移動するのですが、クラスメイトと話しながらの移動が遠足みたいで、いい思い出になります。

中山祭(文化祭)
中山祭(文化祭)。「高3はクラスごとに飲食店を出すので、来年の文化祭が楽しみです」(酒井さん)
クリスマス礼拝
クリスマス礼拝。「普段の礼拝とは雰囲気が違い、神秘的で、まるで海外にいるような錯覚に陥ります」(八木さん)
年間行事をチェック ≫

エデュ:全員クラブに所属していますが、皆さんにとって部活動はどんな時間ですか。

土屋くん:S特は1クラス制で3年間変わらないので、部活動が他コースの生徒との交流の場になります。

酒井さん:私にとって部活動はリラックスできるひととき。先輩や後輩、同学年の部員と一緒に活動することが楽しくて、終わったら「よし!勉強しよう」と気持ちを切り替えています。

エデュ:受験生へのメッセージをお願いします。

上村くん:どのコースもおすすめで、ICTなど最先端の学びの環境もあるので、学校選びの選択肢にぜひ入れてほしいです。

八木さん:素晴らしい先生や面白い友達に出会い、ニュージーランドへのターム留学も経験でき、入学して本当によかったと思っています。受験生の努力は神様がちゃんと見てくれていますよ。

土屋くん、酒井さん、上村くん、八木さん
高校の募集要項 ≫

編集者から見たポイント

難関大合格を目指すコースでありながら、部活動も学校行事も存分に楽しんでいた4人。S特コース顧問の佐藤淳二先生は、「勉強だけできる人材ではなく、社会で活躍し、リーダーになれる人材を育成しているので、クラブへの参加は積極的に勧めています」と語ります。文武両道を文字通り実現させるべく、部活動と勉強の時間をはっきり分けていることも聖望学園の特徴。多様なコースの魅力については学校説明会でぜひ聞いてみてください。

学校サイト ≫

イベント日程

イベント名 日時
中学校Web体験授業 2020年11月7日(土) 14:00〜
高校個別相談 2020年11月8日(日) 9:00〜17:00
※電話予約
中学校Web説明会 2020年11月14日(土) 14:00~15:00
中学校説明会 2020年11月14日(土) 10:00~15:00
高校説明会 11月14日(土) 10:00〜11:00、13:30〜14:30

※変更の場合あり

イベント情報はこちら ≫

その他の連載コンテンツ

聖望学園だからできた! 4/14から中高全クラスで同時双方向型オンライン授業実施

4月14日、入学したばかりの1年生を含む中高全クラスで双方向のオンライン授業をスタート。その裏側に迫ります。記事を読む≫