「中学受験して良かったね」と思えた!駒場東邦合格秘話

inter-edu’s eye
第40回では駒場東邦中学校に合格した親子にインタビュー。早くから中学受験を意識していた親子のエピソードです。受験を通して得られることなどをうかがってきました。

小学校受験ではなく中学受験を選択

計算ミスを克服するために選んだ塾は?

駒場親子正面
【K親子 プロフィール】
・駒場東邦中学校合格
・インタビュー回答:お母さま・Kくん
・受験ドクターでは算数・理科を受講

エデュ:駒場東邦中学校への合格おめでとうございます。はじめに中学受験をしようと思ったきっかけを教えてください。

Kくん:母のすすめで3年生の2月からSAPIXに通い始めたのですが、最初は全然意識がなくて…。5年生の初め頃から周りが受験モードになっていくうちに、自分も中学受験に対する意識が上がっていきました。

エデュ:お母さまは最初から中学受験させようと思われていたのでしょうか?

お母さま:実は幼稚園の頃に、小学校受験をさせるかどうか悩んでいたことがあって…。でも主人と話して、小学校受験ではなく中学受験をさせることに決めたんです。

エデュ:早くから中学受験させようと思われていたのですね。SAPIXを選ばれた理由を教えてください。

お母さま:「合格実績」と「家からの通いやすさ」ですね。

エデュ:駒場東邦中学校を選ばれたのはなぜでしょうか?

Kくん:学校の雰囲気や校風に惹かれたので選びました。他にも色々な学校を見ましたが、一番自分に合うと感じました。

エデュ:受験ドクターにも通われていたようですが。

Kくん:はい。母のすすめで通っていました。

エデュ:なぜ受験ドクターに通わせようと思ったのでしょうか?

お母さま:息子は算数が苦手だったので、その克服のためです。息子は新しいことに飛び込むことを嫌がるのですが、一度無料体験に連れて行ったら、とても気に入ったみたいで! 「この先生なら習いたい」と話してくれたので、通わせることに決めました。

エデュ:実際にどのようなことを教わったのでしょうか?

Kくん:僕はとにかく計算ミスが多くて…。途中式をきちんと書いていなかったので、書き方や条件整理の仕方を細かく教わりました。先生との相性が良かったおかげもあって、算数の点数をとれるようになっていきました。

きつい時期をどう乗り越えた?

受験を最後まで続けられた理由

駒場親子2

エデュ:中学受験期一番つらいと思った時期を教えてください。

Kくん:6年生の夏以降全然遊べなかったのがきつかったですね…。

エデュ:最後の追い込みになると遊ぶ時間も少なくなってしまいますよね。途中で受験をやめたいなと思うことはありましたか?

Kくん:きついなと感じることはありましたが、やめたいなと思うことはなかったです。模試の成績が良いととても褒めてくれるのが嬉しくて! 最後まで続けることができました。

エデュ:ご家庭ではどのようなサポートをされていたのでしょうか?

お母さま:私はスケジュールを立てたり、プリントのファイリングをやってあげていました。主人は週末に算数の分からない問題を見てあげていましたね。

エデュ:怒ってしまうようなことはありましたか?

お母さま:ゲームのやりすぎを注意することはありましたが、怒るようなことはなかったです。元々素直な子なので「そろそろ勉強しなさい」と言ったら素直に聞いてくれていました。

中学受験を通して得られるものは?

知識以外で身につけられるもの

駒場親子3

エデュ:駒場東邦対策でこれをやっておいて良かったというものはありますか?

Kくん:過去問を解き、問題の傾向をしっかりつかめたことだと思います。

エデュ:受験を振り返っての成功談と失敗談を教えてください。

お母さま:成功談は社会、とくに歴史や地理は小さい頃からドラマなどを見て興味を持っていたので、苦労することがありませんでした。

失敗談は、苦手科目だった算数の克服に動いたのが遅かったことです。もっと早くから、受験ドクターに通わせていれば良かったと思っています。

エデュ:お母さまから見て、中学受験とは何でしょうか?

お母さま:勉強をたくさんして、知識はもちろん身につきましたが、それ以外の部分、例えば「努力することの意味」や「頑張れば必ず報われる」ということを知れたのはプラスだったと思います。こういったことを実感できるのが中学受験ではないでしょうか。

エデュ:最後にこれから受験するご家庭へ向けてアドバイスをお願いします。

Kくん:問題をたくさん解くのはもちろんですが、間違った理由を把握して、次に解くときにはミスを1つでもいいから減らすようにすれば、伸びていくと思うので頑張ってください。

お母さま:受験期にはつらいこと、嬉しいことなどがたくさんあると思います。それを全部くるめて終わったあと、親子で「受験して良かったね」と言えるようなものにしてほしいですね。

■取材協力
受験ドクター 由緒正しいプロ講師による中学受験専門の個別指導塾(代々木校・自由が丘校・吉祥寺校・東京校・成城学園校・白金高輪校・横浜校・たまプラーザ校・南浦和校・三軒茶屋校)と家庭教師センターを運営。2019年度 開成中学校 12名、桜蔭中学校 7名と個別指導塾として高い合格実績を記録。 プロ講師による無料の学習相談体験授業も受付中。(http://www.chugakujuken.com)