9・10・11月大手模試受験者数から見る、2020年中学入試の受験者数動向

inter-edu’s eye
ここ20年間の一都三県の中学受験者数を見てみると、2015年にその数は落ち込みましたが、以降増加の一途をたどっています。この傾向は2020年も続くのでしょうか? 2019年の中学入試を振り返りつつ、9月・10月・11月に行われた四模試(SAPIX、首都圏模試、日能研、四谷大塚)の受験者数から2020年中学入試の受験者数の動向を見ていきましょう。

2019年の一都三県中学入試はどうだった?

はじめに、2019年中学入試の状況を振り返っておきましょう。

表

データ提供:森上教育研究所

2019年の一都三県における2月1日の中学受験者数の前年対比は104.7%、一都三県の公立小学校の6年生人口に対する2月1日の受験数の割合(私立中学受験比率)の前年対比は103.9%という結果になりました。つまり、2019年は中学受験者数が増えたと同時に、中学受験をする小学生の割合も増えたということです。

その影響について、日能研関東の関東中学情報部長谷川信誓先生は「今年の入試では、中堅以下の学校の受験者数が多く、大変厳しい受験となりました」とコメントしています。

(エデュナビ:「2019年中学受験はどうだった?中学受験比率からみる動向」より)

2020年の一都三県中学受験者数は、前年対比3%増加の予想

模試実施月 2018年
9月
2019年
9月
前年比 2018年
10月
2019年
10月
前年比 2018年
11月
2019年
11月
前年比
日能研 12,386 12,822 103.5% 11,881 12,028 101.2% 11,741 12,326 105.0%
首都圏模試 12,864 12,962 100.8% 12,694 12,499 98.5% 13,023 13,526 103.9%
四谷大塚 14,225 14,484 101.8% 13,453 11,983 89.1% 13,291 13,426 101.0%
三模試計 39,475 40,268 102.0% 38,028 36,949 97.2% 38,055 39,278 103.2%
SAPIX 6,355 7,031 110.6% 6,529 6,881 105.4% 6,374 6,952 109.1%
四模試合計 45,830 47,299 103.2% 44,557 43,391 97.4% 44,429 45,961 103.4%

データ提供:森上教育研究所アソシエイト 小泉壮一郎

続いて2020年の中学入試はどうなるのか、模試結果から見ていきましょう。【表1】 は、2018年と2019年の9月・10月・11月に一都三県で行われた四模試(SAPIX、首都圏模試、日能研、四谷大塚)の受験者数と受験者数前年対比です。

2019年10月の四模試は台風上陸で受験者数が激減しました。そのため、2020年入試の受験者数予想として、9月と11月の四模試受験者数前年対比の数値を参考にします。9月は103.2%、11月は103.4%という結果で、3%以上も増加したことがわかります。

このことから、一都三県の中学受験者数は2019年よりも3%近く増加することが予想され、2019年の中学受験と同じ状況になりそうです。


エデュナビ新着記事