新生活に安心をプラス!初めての電車通学に、心強い味方を

PR

inter-edu’s eye
中学受験を終えた小6生のお子さまは、期待と夢を胸いっぱいにつめて4月から中学校生活をスタートさせます。入学準備で慌しいお母さまやお父さまは、成長していくお子さまの姿によろこびを感じる一方で、さびしさを感じることもあるのではないでしょうか。これから思春期を迎える多感な時期のわが子を、自主性を尊重しつつもしっかり見守りたい。親のそんな切なる願いを叶えてくれるサービス「まもレール」をご紹介します。

もう中学生? いえ、まだ中学生です

中学生

電車通学を前提に受験をしたものの、いざ電車通学が始まるとなると心配になってしまうもの。「もう中学生だから大丈夫」と思おうとしても、心配になってしまうのが親心ですよね。特に、お父さまやお母さまご自身が、朝夕のラッシュを知っているからこそわが子の登下校が不安になるものです。

さらに、中学生ともなると小学生時代と比べて交友関係や行動範囲がぐんと広がります。部活動や習い事、通塾や寄り道で帰宅が遅くなったり、休日にお友達と遊びに行ったり。たとえお子さまが一人で難なく電車に乗れるようになっても、心配は尽きないものです。

不安が減る=ストレスが減る

心配ごとがあると、どうしても口出しが多くなってしまうもの。我が子を心配するあまり、「どこに行くの」「こんな時間までどこに行っていたの」「どうして連絡しないの」と一方的に質問しては、お子さまは「責められている」「管理されている」と感じ、頑なになってしまうかもしれません。衝突したいわけではないのに同じようなやり取りをくり返すことは、親にも子にもストレスになります。

お子さまを見守る

そんなとき役に立つのが、JR東日本の子ども見守りサービス「まもレール」です。

「まもレール」は、お子さまがSuicaやPASMOなどの交通系ICカードでJR東日本の駅自動改札機を通過すると、登録した保護者のメールアドレスへ「通過時刻・利用駅・チャージ残額」を通知してくれる月額500円のサービス。自宅や学校の最寄り駅の改札を通過した時間が通知されることで、無事登下校していることが分かり、安心できます。通知先を追加すれば、お父さまとお母さまでお子さまの登下校を見守ることが可能に。また、チャージ残額の確認もできます。お子さまのおおよその居場所が分かり、お迎えに向かう時間や帰宅のタイミングを把握できるので、親子それぞれのストレスを軽減することができるのです。

まもレールで良好な親子関係を

親子

「まもレール」の目的は、お子さまの行動を監視することではありません。お子さまの精神的・生活的自立を妨げることなく、「見守る」ことで安心を届けるサービスです。利用駅と改札の通過時間からおおよその行動を把握する。それだけのことですが、日々の小さなストレスが解消されていくことで、お子さまの成長に合わせた適度な見守りができるのです。

お子さまを信頼して笑顔で毎日送り出してあげるために、この春、ぜひチェックしておきたいサービスです。

● ㈱パスモ商標利用許諾済 第108号
● PASMOマークPASMOマーク及びPASMOマークは㈱パスモが本商品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。
● ㈱パスモの都合により予告なくPASMOカードが交換されることがあります。
● 「PASMO」は㈱パスモの登録商標です。
● 「Suica」は東日本旅客鉄道㈱の登録商標です。
● 東日本旅客鉄道㈱の都合により予告なくSuicaカードが交換されることがあります。
● 「まもレール」は東日本旅客鉄道㈱とセントラル警備保障㈱の登録商標です。

提供:セントラル警備保障株式会社(CSP)
期間:2019年2月26日~2019年5月21日