「教育を『現代版』にしたかった」志倉氏が語る~N高前編~

inter-edu’s eye
「ネットの高校」というキャッチコピーで、昨年4月に開校したN高等学校(N高)。N高の設立には、『STEINS;GATE』などを生み出した日本を代表するクリエイター・志倉千代丸さん(学校法人角川ドワンゴ学園 理事、株式会社MAGES.代表取締役会長)が深く関わっています。それは「志倉さんがいなければ、N高等学校は生まれなかった」とまで言われる程。
そんな志倉さんにN高への想い、そして日本の教育についてうかがったインタビューを、前後編でお届けします。

「人間力」は漫画やアニメでも学ぶことができる

「人間力」は漫画やアニメでも学ぶことができる

エデュ:教育に対して、いつ頃から、どのような関心を寄せていたのでしょうか?

志倉さん:ニコニコ動画が社会に影響を及ぼすくらいの規模に成長した頃からぼんやりと考えていた事だと思います。デジタルが発達していなかった時代の教育と、それ以降とでは全く別物として考える必要があると思っていて、現代の学校生活における問題の多くは、便利になっていくデジタルの発達と、その裏に確実に内在している「反作用」によって引き起こされています。そんな新しい時代に合った教育とは何か? と考えた時、エンタメ事業、IT関連事業を推進してきた私たちは、教育業界にとっては新参者でしたが、一方で最先端のデジタルコミュニケーションと、その周辺で起こっている問題についての理解度については自信がありました。その知見を生かすことで教育を少しでも「現代版」へとバージョンアップできないものかと思ったのです。

エデュ:志倉さんの作品に、“教育”に対する想いの断片を見ることが出来ますか?

志倉さん:僕の作品に登場するキャラクターたちが学んで行くのは「愛」であり「友情」であり、そして「誰かを想う、支え合う気持ち」です。僕はこれらの言葉を一言で「人間力」と呼んでいて、この力こそが未来を変えて行くカギだと思っています。人間力は漫画やアニメでも十分に学ぶ事ができます。どんな事でも良いから「何か」に興味をもち、「誰か」に興味をもってくれさえすればOK。教育の入り口なんてどこにでもありますから。

沖縄本校は「デジタル化社会」に対するイメージの解放

沖縄本校は「デジタル化社会」に対するイメージの解放

エデュ:では、N高を作ろうと思ったきっかけを教えてください。

志倉さん:中学や高校生くらいの頃は将来やりたい事も特に見つかっていないことが多く、故になんとなく流されて、そのまま社会に出ていくことって意外と多いと思うんですよ。僕自身も多分に漏れず、大人たちの様々な提案に流されていた一人でしたね。就職志望だった僕の手元に来たのは、とあるビジネスホテルの従業員の会社資料。もちろん興味もないし、仕事のイメージさえ沸いてきません。それでも僕は流されるままに面接会場へとコマを進めました。仲の良かった友人は、農業に興味があったわけでもないのに、何故か農業系の専門学校に行くことになりました。そう、つまり僕たちには、具体的にコレと言ってやりたい仕事が無かったんです。

エデュ:高校時代の経験が関係していたのですね。

志倉さん:世の中には一体どれくらいの数の仕事や職種があるのか? 何も分からないまま、この大事な大事な人生の分岐点を、右から左へとやり過ごしてしまい、そして今、大人になってから、あの日のあの瞬間に「もっとたくさんの仕事を知っておけば」「興味を持っておけば」と疑問を感じ始めたんです。だったら今、デジタル全盛時代の恩恵を活かし、様々な職種や専門性の高い課外授業との連携を計ることで、多くの選択肢がイヤでも目に飛び込んで来るじゃないか? と、ぼんやり、そんなふうに考えていたのが最初でした。

エデュ:N高を作るうえで、志倉さんのこだわった点はどこにありますか。

志倉さん:当校は「ネットの高校」です。つまり基本的には授業も、日頃のコミュニケーションもデジタルを介して行う場面が多くなってきます。この「デジタル」というところに着目し、ひねくれ者の僕は敢えてデジタルの真逆とも言える「大自然」をキーワードに本校の場所を沖縄の伊計島に決定しました。もちろん、ひねくれたのには理由があるんです。それは「デジタル化社会」に対するイメージの解放です。都市部だけではなく、今の時代は全国のどこに居たって、誰もが同じように「公平に」授業を受けることができる。そんなメッセージを閉じ込めたかった。デジタルネットワークの可能性は全国、全世界に広がっています。この大きな大きな有効性をアピールしたかったんです。

志倉千代丸さん

志倉千代丸さん
学校法人角川ドワンゴ学園 理事。株式会社MAGES.代表取締役会長。メディアミックス展開する『STEINS;GATE』『CHAOS;CHILD』などの科学アドベンチャーシリーズをはじめ、桃井はることアフィリア・サーガを、つんく♂とバクステ外神田一丁目といったアイドルも楽曲から手掛けている、日本屈指のクリエイター。『Occultic;Nine』では、作家としてもデビューし、マルチな才能をみせている。

関連リンク:
N高等学校