新入生保護者に聞く! 選んで良かった目黒日大の魅力

新入生保護者に聞く! 選んで良かった目黒日大の魅力

inter-edu’s eye

今年、日本大学準付属校として新たなスタートを切った目黒日本大学中学校・高等学校(以下、目黒日大)。入学前と1学期終了後に中1生の保護者を対象に実施した2回のアンケート結果をもとに、目黒日大の魅力を探ります。

目黒日大の公式サイトをチェック ≫

大学付属校への進化、最先端の教育内容に期待の声

目黒日大への合格直後、入学前の保護者会で実施したアンケート回答をご紹介します。中学受験の熱が冷めやらぬ中、保護者から学校に対するさまざまな期待の声が寄せられました。

目黒日大と併願受験した学校TOP3

まず、今年の新中1生が実際に目黒日大と併願受験をした学校の集計結果です。

1位:日本大学中学校
2位:法政第二中学校
3位:成城学園中学校、青稜中学校

日大付属校である日本大学中学校はもちろん、大学付属校にメリットを感じる方に目黒日大は人気のようです。また、目黒日大を専願したとの回答も複数ありました。

目黒日大を選んだ一番の理由

なぜ、多くの中高一貫校から目黒日大を受験したのでしょうか? 教育内容、校風、これからの展望など、決め手となったポイントについてうかがいました。

ICT教育、イマージョン教育、探究学習など、ハイレベルな学習環境と信頼できる先生方に大変魅力を感じました。日本大学への進学も視野に入れつつ、国公立・難関私立大学への進学も見据え、息子の可能性を最大限に伸ばすことができると思い受験しました。(Aさん)

勉強だけではなく、学生生活をのびのびと楽しく送ってほしいと思ったからです。高校からはスポーツ・芸能コースなど多様な教育カリキュラムがあるので、先生も子どもの個性を尊重して大らかに指導してくださるのではないかと期待しました。(Bさん)

大学付属校に変わり、学校と先生方がこれから邁進していこうという熱い意欲が伝わってきたからです。(Cさん)

一人一台支給されるipadは、ほとんどの授業で使用される。月ごとの勉強の合計時間の把握や日々の宿題にも活用されている。
一人1台支給されるiPadは、ほとんどの授業で使用される。月ごとの勉強時間の把握や、日々の宿題にも活用されている。

そのほか、学校見学の際にお子さん自らが「この学校に行きたい!」と言ったからという声や、大学付属校への変革を前向きに捉え、学習環境の豊かさや大らかな雰囲気に魅力を感じたという回答も多く見受けられました。

期待が高まるさまざまな教育

続いて、1学期終了後に実施した保護者アンケートをご紹介します。実際にお子さんが入学して実感した目黒日大の教育内容や、学校に期待することなど、入学前よりも率直な意見が多く集まったようです。広報部部長の天野正貴先生が保護者の声に応えてくださいました。

目黒日大のオリジナル教科の一つ、「IP教育」の授業担当でもある広報部部長の天野先生。
目黒日大のオリジナル教科の一つ、「IP教育」の授業担当でもある広報部部長の天野先生。

座学だけではなく、直接体験できる校外学習が組み込まれていることで、学習に対する刺激や興味喚起を試みていただいている点に独自性を感じています。(Dさん)

天野先生:中高一貫の魅力を最大限に生かすためにも、中学2年生までにどれだけの体験が出来るかに重きをおいています。たとえば、「日本」というテーマで探究学習を実施したときは、まず校外学習で日本の伝統芸能を学ぶなど、生徒にとって良い事前学習の機会を作るよう努めています。

大学付属校になったので、中高のみならず大学と連携した授業や企画、ワークショップなど、付属校ならではの恩恵が受けられると嬉しいです。(Eさん)

天野先生:付属校ならではの取り組みとしては、中学2年生から日本大学の学部説明会を行っています。また、毎年夏には、各付属校から選抜された高校生がケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジの施設で共同生活を送り、同カレッジプログラムを受講できる機会も設けています。高大連携の企画も今後実施予定です。

日本大学付属校の中で、良い意味で「最も内進率の低い学校」を目指していただきたいです。(Fさん)

天野先生:本年度から新設した中高一貫コースの生徒に関しては、多彩な学部・学科が用意された日本大学の中でも、医学部・歯学部・薬学部などの難関学部への進学を目指す教育を行なっていきます。国公立大も目指せるレベルの学力が身につく学校として期待していただければと思います。

校内大学説明会のようす。中学生の段階で大学の情報を得ることで、日本大学への進学はもちろん国公立受験など、じっくりと進路の検討が可能となる。
校内大学説明会のようす。中学生の段階で大学の情報を得ることで、日本大学への進学はもちろん、国公立大や難関私大など幅広い進路をじっくり検討できる。
付属校に進化した目黒日大の教育内容をさらに詳しく ≫

編集者から見たポイント

アンケート結果では、保護者のみなさまが目黒日大独自の教育内容や校風を高く評価していることや、付属校としてのメリットに期待する声が多く寄せられていることが分かりました。学校説明会では全職員が真摯に個別対応していることもあり、入学前後で学校のイメージの相違も少ないようです。この秋、説明会や学園祭などに足を運んでみてはいかがでしょうか。

目黒日大の公式サイトをチェック ≫

今後のイベントスケジュール

中学校

イベント名 日程 時間 備考
入試体験会 2019年9月21日(土) 14:30〜 要予約
小学6年生のみ申込可
第2回 学校説明会 2019年10月19日(土) 14:30〜 要予約
第3回 学校説明会 2019年11月16日(土) 14:30〜 要予約

高等学校

イベント名 日程 時間 備考
第2回 学校説明会 2019年9月28日(土) 14:30〜 要予約
第3回 学校説明会 2019年10月26日(土) 14:30〜 要予約
第4回 学校説明会 2019年11月16日(土) 14:00〜 要予約

すずかけ祭(個別相談コーナーあり)

イベント名 日程 時間 備考
1日目 2019年10月12日(土) 9:00〜14:30 チケットと生徒証(中学生のみ)必須
チケットは学校説明会にて配布いたします。
2日目 2019年10月13日(日) 9:00〜14:30 チケットと生徒証(中学生のみ)必須
チケットは学校説明会にて配布いたします。
イベントの詳細と予約はこちら ≫

その他の連載コンテンツ

第1回日大準付属校へ。進化する教育カリキュラムと広がる進路選択

日大付属として生まれ変わった伝統校ならではの魅力を、先生と新入生にインタビューしました。記事を読む≫