仲間たちと切磋琢磨! 特別進学クラスのハイレベルな学び

仲間たちと切磋琢磨! 特別進学クラスのハイレベルな学び

inter-edu’s eye

日本大学櫻丘高等学校(以下、日大櫻丘)には、特別進学クラス(以下、Sクラス)と総合進学クラス(以下、Gクラス)があります。前回の記事では特進主任の先生にインタビューを行い、今回はSクラスで勉強に励む生徒たちと、担任の千葉篤胤(あつたね)先生にバトンタッチ。Sクラスについて、生徒目線、担任の先生目線で教えていただきました。
※撮影時のみマスクを外しています。

学校公式サイト ≫

ハイレベルな授業と独自のプログラムで難関大学を目指す

まずは、Sクラスに所属する高校1年生のH.Fさん、Y.Yさん、T.Oくんにインタビュー。Sクラスを選んだ理由や、普段のようすをうかがいました。

左から、H.Fさん、Y.Yさん、T.Oくん。
左から、Y.Yさん、H.Fさん、T.Oくん。

インターエデュ(以下、エデュ):日大櫻丘のSクラスを志望した理由を教えてください。

T.Oくん:難関大学を目指すのが目標なので、レベルの高い授業を展開している日大櫻丘のSクラスを選びました。

H.Fさん:志望校選びでは学校生活の楽しさを重視していましたが、日大櫻丘にSクラスがあることを知り、楽しい学校生活と勉強を両立できるのはこの学校だ! と思って受験を決めました。

Y.Yさん:国公立大学を受験したいと考えているので、外部の大学にも強いSクラスに魅力を感じました。

エデュ:代々木ゼミナールの放課後講習や「ドラゴン桜プロジェクト」など、Sクラスには独自のプログラムがあります。実際に受講した感想をお聞かせください。

T.Oくん:放課後講習で難しい問題を解くと苦手な部分がはっきりするので、いまの学力と向き合い、実力を高める場として活用できています。

Y.Yさん:ドラゴン桜プロジェクトでは、東大生の方が講師となって、勉強の進め方や将来につながることをたくさん教えてくださいます。この前教わった「現状把握」と「問題解決」の考え方は、実際にテストの結果を振り返る際にとても役立っています。

エデュ:Sクラスは進度が早く、演習問題も難しいと聞きました。実際はいかがですか?

H.Fさん:Sクラスのみんなは、授業の進度が早いことを理解したうえで予習や復習をしてくるので、授業にもしっかりついていきます。私も部活動が忙しくて勉強時間を充分に取れないことも多いですが、Sクラスの一員だというプライドを持って頑張っています。

T.Oくん:発展的な問題に取り組んだり、2人1組になって学んだことを友達に説明する授業もあるので、予習復習が欠かせません。

T.Oくんは、学校後に塾の自習室を借りて、毎日3時間ほど勉強しているという。
T.Oくんは、学校後に塾の自習室を借りて、毎日3時間ほど勉強しているという。

エデュ:担任の先生とは、どのように関わることが多いですか?

H.Fさん:最近の面談では、将来や進路の悩みに対して親身にアドバイスをくださいました。小さな悩みにも気づいてくれて、なんでも話せる先生に出会えたことをうれしく思っています。何かあれば、真っ先に相談するのが担任の先生ですね。

Y.Yさん:全員に「進路手帳」が配布されるのですが、そこに行きたい大学や文理選択の希望を記入し、それを見ながら先生と相談しています。

勉強の記録や進路の希望を進路手帳に書くことで、自分の考えがまとまるそう。
勉強の記録やテストの振り返り、進路の希望を進路手帳に書くことで、自分の考えがまとまるそう。

エデュ:希望の進路や今後の目標、将来の夢を教えてください。

T.Oくん:数学が得意なので、大学では理系分野の学問を学びたいです。直近の目標は、次回の定期テストで1位を取ること。テストに向けて勉強を進めています。

H.Fさん:小さい頃に入院した際、病院の中でさまざまな職種の方にお世話になったので、医療系の仕事に就くのが夢です。人の命を救う現場で、責任感をもって働ける人になりたいです。

Y.Yさん:受験科目の多い国公立大学に挑戦し、自分の選択肢を広げていきたいです。そのために、得意科目も苦手科目も、バランスよく学んでいきたいと考えています。

メリハリのある学校生活で、部活動との両立も可能!

エデュ:クラスの雰囲気はいかがですか?

Y.Yさん:最初は真面目でおとなしい人が多い印象でしたが、実際に話してみると気さくな子ばかりです。男女関係なく仲がよく、毎日楽しく過ごせています。

T.Oくん:休み時間はワイワイしゃべりますが、授業中は全員がしっかり集中して取り組んでいます。メリハリがあって、とても居心地がいいですよ。

「Sクラスとは思えないほど毎日賑やかです!」とY.Yさん。
「特進クラスとは思えないほど毎日賑やかです!」とY.Yさん。

エデュ:部活動との両立は大変だと思いますが、どのように工夫しているのでしょうか。

H.Fさん:7時間目や放課後講習などで時間の制約はありますが、顧問の先生や部員のみんなも理解してくれていて、ありがたく感じています。Sクラスの選手が試合に出ることも多く、実力をしっかり評価してくれてうれしいです。

Y.Yさん:部活動が忙しいときもすき間時間を活用したり、練習が終わって家に帰った後、寝る前の時間を使って予習復習を行っています。

H.Fさんは男子サッカー部のマネージャー。「部活動で選手を支えていけることにやりがいを感じています」
H.Fさんは男子サッカー部のマネージャー。「部活動で選手を支えていけることにやりがいを感じています」

エデュ:最後に、Sクラスを目指す受験生の皆さんへメッセージをお願いいたします。

T.Oくん:Sクラスは勉強しやすい環境が整っているので、難関大学を目指したい人にはとてもおすすめです。

H.Fさん:私も受験は大変でしたし、皆さんも頑張っていると思いますが、どこの学校に行ってもきっと楽しい学校生活が待っています。頑張ってください!

Y.Yさん:難関大学や国公立大学を目指す仲間がたくさんいます。同じ志をもつ人はぜひ、Sクラスで一緒に学びましょう。

Sクラスの概要をチェック ≫

生徒たちが自ら学び、支え合う雰囲気が魅力

Sクラスの担任である千葉先生には、Sクラスの授業のようすや、独自のプログラムに対するお考えをうかがいました。

今年4月に日大櫻丘へ赴任された千葉先生。「生徒も教師も生き生きしているのが本校の特徴です」
今年4月に日大櫻丘へ赴任された千葉先生。「生徒も教師も生き生きしているのが本校の特徴です」

エデュ:Sクラスの担任として、心掛けていることを教えてください。

千葉先生:“勉強させる”のではなく、生徒たちが興味を持って勉強できるよう、学ぶ理由や目標意識を持つよう日頃から伝えています。生徒たち自身も、だんだん勉強自体が面白くなってきているようです。授業では、進度が早い中でも基礎力をおろそかにしないよう、演習量を多めに確保しています。

エデュ:千葉先生から見て、Sクラスの生徒たちのようすはいかがですか?

千葉先生:どの生徒も志が高く、授業での発言や回答の頻度や質も高いです。生徒たち同士はよき仲間であり、よきライバルでもありますから、Sクラスならではの結束感を感じます。

エデュ:Sクラス独自の代々木ゼミナールの放課後講習や「ドラゴン桜プロジェクト」は、生徒たちにどのような影響を与えていると思いますか。

千葉先生:放課後講習では大学入試の過去問を解くので、最終的に挑む問題を意識できるよい機会になっています。また、塾の先生たちは教え方も雰囲気も私たち教員とは異なるので、同じ内容を違う視点でインプットできるのもメリットです。
ドラゴン桜プロジェクトは、生徒たちを本気にさせてくれるありがたい存在です。勉強には不安がつきものですが、自分の将来の姿を体現した先輩方を目の当たりにすることで、「よし、頑張ろう」と前向きになれているようです。

エデュ:最後に、Sクラスを目指す受験生へメッセージをお願いいたします。

千葉先生:高校の3年間は、まさに学びの旬となる時期です。一生懸命勉強したいという気持ちを大切にしてほしいですし、身につけたものが残りの人生をより豊かにしてくれます。その学びの場が日大櫻丘であれば幸せに思います。

編集者から見たポイント

生徒の勉強への熱意をひしひしと感じつつ、学校生活やクラブ活動も楽しんでいるようすに、感心し通しのインタビューでした。今年度の新入生からは1学年2クラスに増え、より切磋琢磨できる環境が整ったSクラス。今後の取り組みや実績に期待が高まります。

学校公式サイト ≫

入試日程

区分 日時
A日程 2021年2月10日(水) 8:40~
B日程 2021年2月12日(金) 8:40~

※コロナウイルスの影響で変更となる場合があります。詳しくは学校公式サイトをご確認ください。

2021年入試募集要項はこちら ≫

その他の連載コンテンツ

少人数制授業で実践的な英会話力を鍛える!

英会話の授業を少人数で行っている日大櫻丘。その仕組みや効果について、先生と生徒の話を交えながらご紹介します。記事を読む≫

納得の進路を実現! 先生が語る進路指導のこだわり

「特別クラス主任」が誕生してパワーアップした特別進学クラス(Sクラス)と、日大付属のメリットを活かした総合進学クラス(Gクラス)。各クラスの進路指導をご紹介します。記事を読む≫

生徒たちのリアルな声から日大櫻丘の魅力に迫る

入学の決め手や入学後に分かった日大櫻丘の魅力について、生徒にアンケートを実施。学校の雰囲気から好きな行事まで、生徒たちの本音をお届けします。記事を読む≫

英会話や難問にも対応! 双方向型のオンライン授業

ICT教育に力を入れている日本大学櫻丘高等学校。休校期間中に行われた充実のオンライン授業を紹介しながら、ICT教育の取り組みに迫ります。記事を読む≫