中学受験は親子で同じ目標を目指す時間!栄光学園中学校合格秘話

inter-edu’s eye
第26回では、栄光学園中学校に合格した親子にインタビュー。小学5年生の半ばから転塾した理由や、お母さまから見た中学受験を通して得られたものなどをうかがってきました。

もっともっと勉強したい!息子の思い

小学5年生の夏期講習で転塾

駒東親子正面
【E親子 プロフィール】
・栄光学園中学校合格
・インタビュー回答:お母さま・Eくん
・受験ドクターでは国語を受講

エデュ:栄光学園中学校へ合格おめでとうございます。はじめに中学受験をしようと思ったきっかけを教えてください。

Eくん:小学3年生の終わりくらいから四谷大塚に通い始めたのがきっかけです。通っていた小学校も中学受験する人が多かったので、学年が上がるにつれてよりその意識が高まってきました。

エデュ:四谷大塚を選ばれた理由を教えてください。

お母さま:年の少し離れた兄が通っていたからです。でも、この子は、ずっと四谷大塚に通い続けたわけではありませんでした。

エデュ:転塾ということでしょうか?

お母さま:そうです。小学5年生の夏期講習からSAPIXに転塾させました。私としてはそのままでも良かったのですが、息子が小学校の友達から、「SAPIXの授業がとても面白い」という話を聞いてきて。「お母さん、僕、もっともっと勉強したいからSAPIXに通いたい」と言ってきたんです。正直、小学5年生から通い始めるのは遅いし、途中からだと大変だと思い悩んだのですが、息子の意志を尊重し通わせることにしました。

エデュ:それは大きな決断ですね。栄光学園中学校をなぜ受験しようと思ったのでしょうか?

Eくん:小学5年生の頃に文化祭に行き、自由で元気な雰囲気が自分にぴったりだと感じたからです。あと敷地がとても広くて伸び伸びと学校生活を送れそうだと感じたので選びました。

苦手科目の国語を論理的に教えてくれる

理系科目が得意な息子の特性を活かし選んだ塾

駒東親子2

エデュ:得意科目と苦手科目を教えてください。

Eくん:得意科目は算数と理科。苦手科目は国語と社会です。

エデュ:受験ドクターにも通われていたようですが、苦手科目の克服のためでしょうか?

お母さま:そうです。SAPIXのクラス分けテストでも国語が足を引っ張っていて…。上のクラスに入ると出来ない国語の授業がそのまま進み、余計分からなくなってしまって。そんなときにたまたま受験ドクターを見つけたのですが、塾の説明会に参加して、「国語を論理的に教えてくれる」という話を聞いて! それなら理系科目が得意な息子に合うかなと思ったので通わせることに決めました。

エデュ:実際に通われてみていかがでしたか?

お母さま:やはり息子に合った指導方法で、論理的な解き方を教えてくれていたので効果は抜群でした。

エデュ:ご家庭で何かサポートされていたことはありますか?

お母さま:小学4年生の最初の頃は少し勉強を教えていたりしていましたが、途中から難しくなって教えられなくなってしまって…。それからは健康面に気を遣いサポートしていました。塾のある日はどうしても家に帰ってくるのが遅いので、野菜を中心とした消化の良い食事を作ったり、兄の受験のときに試した健康食品などを意識的に出していました。

エデュ:ご家庭ではどのぐらい勉強していましたか?

Eくん:塾のない日は6時間くらいです。最初は、朝も早く起きて勉強していたこともありましたが、一時期頭が痛くなってしまったので睡眠時間はしっかりとるようにしていました。

お母さま:小学6年生の後半の頃のことですね。一時期ストレスからか頭が痛いとか、目の奥が痛いと訴える息子の姿を見るのがつらかったです。

エデュ:Eくんの受験期つらかったことは何でしょうか?

Eくん:やっぱり国語が苦手でクラスが落ちてしまったことです。

中学受験で得られたものは?

中学受験はかけがえのない親子の挑戦

駒東親子3

エデュ:これをやって良かったなということはありますか?

Eくん:SAPIXでは質問教室、受験ドクターでは先生に、分からない所をしつこいぐらいに聞いて、自分が本当に分かるまで国語の勉強をしたことです。

お母さま:転塾です。当時は遅いタイミングで悩みましたが、小学校の友達もたくさん通っていて楽しそうでしたし、成績も上がったので正解だったなと思っています。

エデュ:最後にこれから受験するご家庭に向けてアドバイスをお願いします。

Eくん:理由は何でも良いと思いますが、「この学校に通いたい!」という意志を持つことが大事だと思います。そうすればつらいことがあっても乗り越える糧になるはずです。

お母さま:中学受験は成長する機会だと思います。今までの息子は、できないことはやりませんでしたが、受験期には、できないことをできるように頑張る姿が見られました。すぐには成績には表れないかもしれませんが、温かい目で見守り、一緒に一つの目標に向かっていってほしいと思います。

■取材協力
受験ドクター 由緒正しいプロ講師による中学受験専門の個別指導塾(代々木校・自由が丘校・吉祥寺校・東京校・成城学園校・白金高輪校・横浜校・たまプラーザ校・南浦和校・三軒茶屋校)と家庭教師センターを運営。2018年度 開成中学校 10名、桜蔭中学校 9名と個別指導塾として高い合格実績を記録。 プロ講師による無料の学習相談も受付中。(http://www.chugakujuken.com