本気でやるからおもしろい! 生徒が語る「私の部活動」

本気でやるからおもしろい! 生徒が語る「私の部活動」

inter-edu’s eye

日本大学高等学校・中学校(以下、日大中高)には運動部・学芸部合わせて39の部があり、中学生の加入率は9割を誇ります。今回は数ある部活動の中から、今年2度目の日本一に輝いたラクロス部と、高校では珍しい射撃部に所属する高校3年生お2人にインタビュー。普段の活動内容から今後の目標まで、両部の魅力を掘り下げます。

学校公式サイトへ ≫

みんなの力で高みを目指す「ラクロス部」

ラクロス部副部長のN.Rさんは、部活動が盛んな日大中高に魅力を感じて入学したそうです。中でもラクロス部の和気藹々とした雰囲気に惹かれて入部した彼女は、同部の強さはどんなところにあると感じているのでしょうか。

ハキハキとした受け答えと笑顔が印象的なN.Rさん。
ハキハキとした受け答えと笑顔が印象的なN.Rさん。

エデュ:普段の練習内容を教えてください。

N.Rさん:ウォーミングアップとパスキャッチ(キャッチボール)を終えたら、チーム内で試合の実践練習をします。そして最後に、ランニングと筋トレをして終了です。入部時にラクロスの経験がある人はほとんどいないので、全員同じスタートラインから始められるのは心強いです。

エデュ:ラクロスの楽しさややりがいを感じるのはどんな瞬間ですか?

N.Rさん:やっぱり試合に勝てたときが一番うれしいです! 特に自分が活躍して勝利に貢献できたときは、努力してよかったなと思います。チーム競技なので、仲間たちとパスをつないだり、声を掛け合ったりするのも楽しく、絆が深まりますね。

エデュ:勉強との両立はどのように工夫していますか?

N.Rさん:朝の時間を有効に使っています。部活後は帰宅したら疲れてすぐ寝てしまうので、朝早めに登校して、図書館で1時間ほど宿題や予習復習をしています。勉強も部活動もちゃんとやりたいと思っています。

エデュ:今年、日本一になれた理由はどこにあると思いますか?

N.Rさん:今年のチーム体制になってから、雰囲気がより明るくなり、全員で一緒の目標に向かえたのが一番の理由だと思います。部員一人ひとりが考えて動き、練習や試合中も「ナイス!」などの声かけが増えました。その活気が私たちの強みになったのではないでしょうか。

2度目の全国制覇について詳しくチェック ≫

自分次第でどこまでも挑戦できる「射撃部」

射撃部の和やかな雰囲気と「射撃って何だろう?」という興味から、気軽な気持ちで入部したK.Aさん。入部後はめきめきと力を伸ばし、今年の春の全国選抜大会で準優勝。先日行われたインターハイ予選では見事優勝を勝ち取りました。そんなK.Aさんに、射撃部の魅力を教えてもらいました。

K.Aさんのお話からは、射撃への愛とこだわりが伝わってきた。
K.Aさんのお話からは、射撃への愛とこだわりが伝わってきた。

エデュ:普段はどのような練習を行っていますか?

K.Aさん:中学生は筋トレや走り込みなどの体力作りと、座って撃つ練習をして、的に当てる感覚を掴んでいきます。高校生は試合と同じ立射の姿勢で10点を出すための練習を重ねます。私も中学校で体力作りをしたからこそ射撃時の体が安定し、高得点につながっていると感じています。

エデュ:射撃部の楽しさとやりがいを教えてください。

K.Aさん:姿勢などのちょっとした違いで点数が変わるので、仲間たちと試行錯誤しながら改善していくのが楽しいです。また、部活動ではビームライフルを扱っているのですが、高校1年生のときに先輩からエアライフル(空気銃)を勧められ、今では私も個人名義でエアライフルに挑戦しています。競技人口が少ないので他校や県外の友人が増えるのもうれしいですね。

エデュ:先輩や後輩、先生とはどのような関係ですか?

K.Aさん:基本的に個人競技なので厳しい上下関係はなく、部活動以外の時間でも仲がよいです。また、私が自分の出場したい大会にどんどんエントリーできているのは、顧問の先生が部員の考えを尊重してくださるおかげなので、とても感謝しています。

エデュ:部活を通して、どのように成長できたと感じますか?

K.Aさん:この壁を乗り越えたい、という忍耐力と負けん気が身についたと思います。どうしても点数が勝負の競技なので、結果が出ないと落ち込む人が多いけれど、経験を積むことで「いや、まだ次がある。大丈夫だ。」と気持ちを切り替えられるようになりました。

日大中高の部活動をもっと知る ≫

力の源となる今後の目標&受験生へのメッセージ

エデュ:部活動で掲げている今後の目標を教えてください。

K.Aさん:現在、高校1年生は夏の1年生大会、2年生は秋の新人戦に向けて練習しています。私たち3年生は今年で引退なので、夏のインターハイや国体など、全国規模の大会で優勝することを目指しています。

練習のようす。ペアになった部員同士でアドバイスし合っている。
練習のようす。ペアになった部員同士でアドバイスし合っている。

N.Rさん:今週の土曜日(取材当時)に控える関東大会が、実は私たちの引退試合なんです。前の2大会で優勝できたので、3冠を狙って絶対に優勝したいです!

エデュ:最後に、受験生の皆さんへメッセージをお願いします。

N.Rさん:日大中高は文武両道を掲げる学校なので、勉強を頑張って将来の夢も目指せるし、部活動に熱中することもできます。ラクロス部なら大いに青春を謳歌できますよ。

K.Aさん:入学前は不安もあると思いますが、私にとっての射撃のように、入学後に楽しみが見つかることも多いです。射撃部は自分のペースで成長でき、勉強と部活の両立もしやすいので、少しでも興味が持てたら一度遊びに来てくださいね!

編集者から見たポイント

日大中高の生徒たちや先生方は、何に対しても情熱的。今回お話をうかがったお2人も、インタビューに終始一生懸命に答えてくれました。部活動をやり遂げながら、生徒たちはその過程で勉強では学べない忍耐力や協調性を学びます。部活動が盛んな日大中高なら、やりたいことが見つけられるとともに、人としても大きく成長できることを強く感じました。

学校公式サイトへ ≫

学校説明会・イベント日程

イベント名 日程 時間
桜苑祭(文化祭) 2019年9月14日(土)・15日(日) 9:00~15:30
第2回 中学校説明会 2019年10月19日(土) 9:30~
第1回 高等学校説明会 2019年10月19日(土) 13:30~
第2回 高等学校説明会 2019年11月9日(土) 14:00~
第3回 中学校説明会 2019年12月7日(土) 9:30~
第3回 高等学校説明会 2019年12月7日(土) 13:30~
詳細はこちら ≫

その他の連載コンテンツ

第1回授業体験も入試対策も! 人気オープンスクールの魅力とは

毎年予約が殺到する日本大学高等学校・中学校のオープンスクール。豊富な講座数、リアルな内容、生徒とのふれあいなど、その魅力を昨年のようすとともにお伝えします。記事を読む≫