可能性広がるダンスパフォーマンス専攻に迫る

可能性広がるダンスパフォーマンス専攻に迫る

inter-edu’s eye

中学校の体育で必修化され、近年注目を集めているダンス。ダンスを学ぶ人口も増える中、日本体育大学桜華中学校・高等学校(以下、日体大桜華)では、今年度より「ダンスパフォーマンス専攻」が新設されました。今回は、外部教師の池田拓先生と生徒の高橋さんに、その魅力をうかがいます。

学校公式サイト ≫

「表現」を学ぶダンス教育

ダンスパフォーマンス専攻には、ダンスを外部で学んできた生徒だけでなく、「表現」することに興味関心のある生徒たちが在籍しています。1学期はダンスの基礎や体力づくりから始め、2学期はロックやヒップホップなどのダンス技術を磨き、3学期にはグループで一つのショーを作るなど、基礎から本格的な技術までを網羅したカリキュラムが組まれています。
卒業後の進路は、日体大への進学のほか、他大学、専門学校、プロダンサーを夢見た海外留学、などを想定。ダンスを通じて表現力や人間力を養うコースとして、今年の4月から31名の生徒が授業を開始しました。

「人を楽しませる」ことを教えたい ~池田先生インタビュー~

ダンスパフォーマンス専攻を指導するのは、世界で活躍するプロダンサー・池田拓先生と榊珠名先生です。池田先生の指導を受けられる学校は、現在日体大桜華のみ。今回は池田先生から見たダンスパフォーマンス専攻について語っていただきました。

池田 拓 先生:2005年より、ヒップホップの世界大会HHI World Hip Hop Dance Championship日本代表チームの振り付けコーチを務め、2018年までに18個のメダルを獲得。4度チームを世界一に導く。テレビやCM、PVにダンサーとして出演するほか、ワークショップやキッズダンスの振り付け・指導など、後進の育成やダンス普及にも努める。
池田 拓 先生:2005年より、ヒップホップの世界大会HHI World Hip Hop Dance Championship日本代表チームの振り付けコーチを務め、2018年までに18個のメダルを獲得。4度チームを世界一に導く。テレビやCM、PVにダンサーとして出演するほか、ワークショップやキッズダンスの振り付け・指導など、後進の育成やダンス普及にも努める。

インターエデュ(以下、エデュ):ダンスパフォーマンス専攻の新設について、どのようにお考えですか。

池田先生:ダンスが教育の場に取り入れられたことを、非常にうれしく感じています。ダンスは運動能力に長けている生徒だけでなく、表現力や想像力がある生徒にも活躍の場があります。全員が能力を開花できるので、実は教育面でも優れているのですよ。

エデュ:普段の授業内容を教えてください。

池田先生:他コースの体育の授業がすべてダンスに置き換わり、週に1度、4時間続きで授業を行います。1時間目は柔軟とトレーニングから始まり、その後、技や構成・表現を教えていきます。未経験の生徒も5人いますが、基礎は経験者にとっても大切なので、レベル分けはしていません。

エデュ:日々の指導で意識していることはありますか。

池田先生:最近は、ダンサーが女優になったりもしていますし、生徒たちにもダンスをベースに広く活躍してほしいという思いがあります。そのため、ダンスだけに留まらず、挨拶や人前で話す練習も組み込んでいます。社会の基本であり、ダンスの表現にも繋がるものですからね。

エデュ:生徒たちには、ダンスを通して何を学んでほしいとお考えですか。

池田先生:「人を楽しませる」ことを身につけてほしいです。何をすれば喜んでもらえるのかを常に考え、普段の生活でもお互い幸せになれる行動をしてほしい。そういう意味での「パフォーマンス」の素晴らしさを伝えたいですね。

ダンスもクラスも楽しくて仕方ない! ~生徒インタビュー~

今年の高校2年生は、ダンスパフォーマンス専攻の1期生に当たります。高校から入学し、ダンスパフォーマンス専攻に進んだ高橋さんに、普段の授業やクラスメイトのようすを教えてもらいました。

ダンス部にも所属し、ダンス漬けの毎日を送る高橋さん。
ダンス部にも所属し、ダンス漬けの毎日を送る高橋さん。

エデュ:日体大桜華に入学したきっかけを教えてください。

高橋さん:中学生の頃通っていたダンススクールの友達に、この専攻の存在を教えてもらったのがきっかけでした。小学校からダンスを習っていたので、「学校でダンスができる」ことにワクワクして、すぐに第一志望になりました。

エデュ:クラスは2年間同じとのことですが、クラスメイトはどのような雰囲気ですか。

高橋さん:とにかく明るいです!ダンスをやりたい、という目的がみんな同じなので、考え方も似ていて、団結力がすごくありますね。

エデュ:授業で一番つらかったこと、楽しかったことを教えてください。

高橋さん:初めての技に挑戦するときはつらいですが、拓先生に教えてもらい、今ではできるようになりました。ダンスのテストでフリーダンスを踊ったときは、自分のダンスを褒められるとうれしいし、友達のダンスも個性が出ていて楽しかったです。

新しいダンス専用スタジオは、生徒たちの自慢。
新しいダンス専用スタジオは、生徒たちの自慢。

エデュ:ダンスパフォーマンス専攻に入って成長したと思うことはありますか。

高橋さん:授業に遅刻するとみんなにペナルティがあるので、時間をしっかり守るようになりました。休日やテスト勉強中も時間配分をするようになったので、両親にも驚かれます。

エデュ:ダンスパフォーマンス専攻で学んだことは、将来どのように活かしたいですか。

高橋さん:将来は体育教師になるのが夢です。中学校のダンスの授業で経験を活かせると思いますし、拓先生から学んだダンスの素晴らしさや人間性の大切さを、生徒たちにも教えたいと思っています。

エデュ:最後に、受験生にメッセージをお願いします。

高橋さん:受験勉強をする時間は、長い人生のうち、ほんの一瞬です。その一瞬を頑張れば頑張った分だけ将来が輝きます。ダンスパフォーマンス専攻に来れば、必ず楽しい毎日が待っていますよ!

ダンスパフォーマンス専攻についてもっと知る ≫

ダンスパフォーマンス専攻についての動画をみる。

編集者から見たポイント

インタビューの合間に池田先生と高橋さんの会話を聞いていて、気さくに話しながらも強固な信頼関係で結ばれているのを感じました。ダンスパフォーマンス専攻なら、社会性や人間性が身につき、ダンスを通じて興味やできることも広がるでしょう。10月の体育祭や11月の発表会では日々の授業の成果が見られるため、ぜひその魅力を体感してください。

学校公式サイト ≫

学校説明会・イベント日程

イベント名 日程 時間
部活動体験会 2019年9月14日(土)、10月12日(土) 14:30~17:00
桜華祭(文化祭) 2019年9月21日(土)~22日(日) 11:00~15:00(21日)、
9:00~14:30(22日)
体育祭 2019年10月5日(土) 9:00〜15:00
第1回中学校説明会 2019年10月26日(土) 14:30~17:00
第1回高等学校説明会 2019年10月26日(土) 14:30~17:00
詳細はこちら ≫

その他の連載コンテンツ

第1回一流の指導者が集結! 部活動で「心・技・体」を鍛える

スポーツ教育を重視する日体大桜華には、全国屈指の部活指導者が揃います。 部活動での取り組みについて、顧問の先生お2人にお話をうかがいました。記事を読む≫