おうちあそびのすすめ

こんにちは。2歳男児母のつくねです。
自粛生活、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

緊急事態宣言が発令されてからおよそ1か月。
児童館などの近所の遊び場に行けなくなってからは、もう2か月が経ちます。

行動範囲が一気に狭まった今は、おうちで過ごすことが多くなりましたね。
子どもを飽きさせないように、と思う一方で、正直なことを言うと……
親の私も楽しめる時間がほしい!

子どもの遊びって、本人には刺激(インプット)があっても、親は見ているだけのことも多く、正直、虚無な時間と感じることもあるのです。
(もちろん、子どもが楽しそうなら幸せという気持ちもありますよ!)
ショッピングセンターのキッズスペースで、遠巻きに「無」の顔をしながらスマホをいじっている親、見たことありませんか?
あの感じ。

まだ子どもがいない頃の私だったら、
「スマホばっかりいじって!なんて親だ!」
と思っていたかもしれません。
ですが、今では共感を超えて「おつかれさま」の一言でもかけてあげたくなる光景です。

「子どもを飽きさせないように」と考えるとストレスを感じるのには、そういった要因があると気づきました。

じゃあどうしようか?と考えて行き着いたのが、クリエイティブな遊びをすることです。

型抜きに集中する息子。
型抜きに集中する息子。

たとえば、クッキーづくり。
子どもには型抜きを手伝ってもらったところ、無心になってやっていました。
私は気分転換になるし、
子どもは遊びになるし、
クッキーはおいしいし、
一石三鳥?

(ちなみに、うどん作りにもチャレンジして生地を踏み踏みしてもらおうと目論んだのですが、こちらには全く興味示さず。失敗。)

あとは、P子さんから教えてもらったこちらのおうち遊び。

「3分でわかる おうちあそびシリーズ」

つくね作「牛乳パックのぱくぱく人形」。
つくね作「牛乳パックのぱくぱく人形」。

ズボラな私がこの中から選んだのは、牛乳パックとはさみとマジックがあればできる
「牛乳パックのぱくぱく人形」

息子に見せたところ、おもちゃの野菜を口いっぱいに詰め込んでいました。
いくつか作っておしゃべりごっこをしてもよさそうですね。

お野菜を食べさせてあげているのかな?
お野菜を食べさせてあげているのかな?

こういった工作も、良い気分転換になります。
身近なもので作ると、創意工夫を凝らすことができるので、大人にとっても刺激になります。

今回は私が作ってしまいましたが、子どもにシールを貼らせるなどして一緒に作ることもできそうですしね。

こちらのサイトでは、身近なもので遊べる遊びをたくさん(50以上!)紹介していますので、小さなお子さまのいる方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

前代未聞のこの状況のなか、ストレスを溜めずにいることは難しいですが、時間を持て余している今のうちに、こういった新しい遊びの可能性を発見したり、お菓子作りに慣れたり、せめて少しでも自分の糧になることを見つけられたらいいな、と思います。