最終更新:

9
Comment

【6379445】感染対策、どうしますか?

投稿者: タイム   (ID:oeQEIQ.epd6) 投稿日時:2021年 06月 18日 11:42

コロナ禍も1年が過ぎました。
将来的に、インフルエンザと同じような扱いになったとしても、新型コロナウィルスが地球から消滅するわけではありません。

そこで皆さんに質問なのですが、
長い目で考えた場合、感染対策は何をどのようにやっていけば良いと思いますか?

そろそろ、短期的な徹底ぶりではなく、長く続けられる感染対策にシフトしていこうかと思っています。

うがい、手洗い、買ってきたものの消毒、流行時のマスク、こんな感じで良いと思いますか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「なんでも雑談に戻る」

現在のページ: 1 / 2

  1. 【6379449】 投稿者: スレ主です  (ID:oeQEIQ.epd6) 投稿日時:2021年 06月 18日 11:43

    マスクは今のところ、継続ですね。

  2. 【6379541】 投稿者: もうさ  (ID:CQcLmaptHw.) 投稿日時:2021年 06月 18日 13:10

    人に聞いてどうするの?
    この一年半弱で学んでないの?
    必要なこと必要じゃないことくらい、もう自分で判断できるでしょ?

    消毒警察 VS 反消毒
    お家 VS お外
    ワクチン VS 反ワクチン
    刺身のツマ VS 要らない

    また論争を煽りたい?

    充実した店頭での感染対策用品をうまく取り入れて、粛々と生活するしかないんじゃ?

  3. 【6379587】 投稿者: どこへ  (ID:VnHx/U.0U9g) 投稿日時:2021年 06月 18日 13:54

    ちょっと前に買ってきた物の消毒スレがあって、しない、しないという人ばかりだったような気がするけど、あのスレどうなったのかな~?

  4. 【6380147】 投稿者: 大切なこと  (ID:BTliHnPlTcs) 投稿日時:2021年 06月 19日 07:46

    よく笑う。
    免疫力を高めるですね。

  5. 【6380458】 投稿者: 口腔ケア  (ID:IKZytYjnI.Q) 投稿日時:2021年 06月 19日 12:52

    朝起きたら直ぐに舌磨きをしてうがい。
    食事後は出来うる限り直ぐに歯を磨く。
    口腔内を綺麗にしておくことで感染予防になるとのこと。またコロナによる肺炎の重症化を防ぐ効果も。

  6. 【6380473】 投稿者: どっちも  (ID:P/RaTKFLHtM) 投稿日時:2021年 06月 19日 13:01

    歯磨きは30分後にするといいとか諸説あるあるですね。

  7. 【6380517】 投稿者: ドッチボール  (ID:z6buArGZYNQ) 投稿日時:2021年 06月 19日 13:45

    それ、間違い。
    小児歯科学会が公式に否定している。


    公益社団法人日本小児歯科学会

    これまで保育所・幼稚園、学校では昼食後にはなるべく早く歯みがきをしてから遊びましょうと指導してきています。その理由としては、むし歯をつくる細菌が多量に含まれる歯垢(プラーク)と食後口の中に残留する糖質を早く取り除くためだからです。

    ところが、最近になって、食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられたため、現場がやや混乱しているようです。

    これらの報道のもととなったのは、実験的に酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した後、口の中にもどしてその後の歯みがき開始時間の違いによる酸の浸透を調べた論文で、むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験による見解なのです。

    実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。

    小児における歯みがきの目的は歯垢の除去、すなわち酸を産生する細菌を取り除くとともにその原料となる糖質を取り除くことです。歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まります。このように、歯垢中の細菌がつくる酸が歯を脱灰してできるむし歯と、酸性の飲食物が直接歯を溶かす酸蝕症とは成り立ちが違うものなのです。

    結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。

    学会としても今後より詳細な情報を提供していく予定ですが、現在のところ、園・学校における昼食後の歯みがきについては、現状通りの方法で問題ありません。

あわせてチェックしたい関連掲示板