最終更新:

2
Comment

【6424729】ファイザー製ワクチン感染予防効果39%に低下

投稿者: 意味なし   (ID:Z.0dSuUFf0g) 投稿日時:2021年 07月 25日 09:25

 イスラエル保健省は、ファイザー製の新型コロナワクチンについて、感染予防効果が64%から39%に低下したと発表しました。一方、重症化の予防効果は91%とし、依然として高い水準を保っています。

 イスラエル保健省は22日、ファイザー製の新型コロナワクチンについて、感染予防効果が64%から39%に低下したと発表しました。重症化を防ぐ効果については、93%から91%と僅かに減ったものの、これまでと同水準だとしています。

 イスラエルでは22日、新規感染者が1100人を記録。感染者数の増加と、予防効果の低下はデルタ株拡大によるものと見られています。

 一方、ブルームバーグによりますと、今回の調査では、ワクチン接種済みグループと未接種グループを検査した際、異なる方法が使用されたため、調査の一貫性に疑問が生じる可能性もあるということです。

また、ロイター通信によりますと、医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メデシン」に掲載された研究結果では、デルタ株に対するファイザー製ワクチンの発症予防効果は88%です。

 一連の報告をめぐっては、「感染予防効果」「重症化予防効果」「発症予防効果」が混在し、検査方法なども各国で統一された基準が策定されておらず、混乱を招いているとの指摘も出ています。


3回目の摂取が必要になるのか、毎年打つ必要があるのか…どうなるんだろ
ワクチンは確かに重症化率を下げるのに効果はありそう。
感染率を下げるものではなければ東京は悲惨まっしぐら。
感染率も下げると主張していた学者は、もしかして科学的発言ではなく、オリパラ開催のための政治的発言にすぎなかったの?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6424745】 投稿者: F  (ID:AB0vqUFa1jc) 投稿日時:2021年 07月 25日 09:41

    そもそも感染して発症していない人の捕捉が困難ですから感染率の引き下げ効果は出せないのではないでしょうか?

  2. 【6424749】 投稿者: 同意  (ID:BasBsavbK76) 投稿日時:2021年 07月 25日 09:43

    感染まで防ぐかどうかは、イスラエル等のように大勢の接種完了者がマスクを外したりとコロナ前の生活して初めて現実世界でのデータが取れるのに、早急に飛び付いた専門家が多かった感が否めません。

    そして、重症化予防が依然高いことは中高年にとり嬉しいことですが、接種の有無によるワクチンパスポート導入は、3回目の接種がスムーズに行われる体制が整っても尚慎重に扱うべき課題と考えます。11歳以下の子どもに被害が及ぶ事態は避けなければなりません。

あわせてチェックしたい関連掲示板