最終更新:

39
Comment

【7394451】ドラマ『不適切にも程がある』

投稿者: モルヒネ久弥   (ID:3EQ2yZBYyhQ) 投稿日時:2024年 01月 30日 12:46

先週からスタートしました、TBS金曜10:00の宮藤官九郎氏が書き下ろす、意識低い系タイムスリップコメディードラマ。

1986年から2024年の現代へタイムスリップした“昭和のおじさん”小川市郎(阿部)が、コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていくストーリー。

第1話はNetflix「今日のシリーズTOP10」(日本)で1位を記録と、好発進。

個人的にも、大爆笑とじっくり考えさせられる場面の入り乱れ、設定で今の時代に絶対地上波言えないワードを思う存分ぶちまけてしまう宮藤官九郎の天才ぶりをまざまざと見せられました。

初回からミュージカル仕立てのグダグダ感は賛否両論みたいですが、私はむしろ肯定派ですね。それも含めて完璧に良かったです。

昭和からやって来た阿部が、40年経って変わっていないアルバイト募集の時給に「冗談じゃべぇよ!こんな未来のために?こんな時代にするために俺たち頑張って働いてる訳じゃねぇよ!」と怒鳴るシーン。
全くそうだなと思いましたね。部下がハラスメントで休んでいると言う社員にそう言う時代だからと諭すと阿部が、どう言う時代?と横から詰め寄る。

「多様性の時代です。」

「で、頑張れって言われたら1ヶ月会社休んで良い時代?

頑張れって言われて、会社休んじゃう部下が同情されてさ、頑張れって言った彼が責められるって、なんか間違ってないかい?」

これ、結構多くの人の本音じゃないですか?でも時代がこの発言を許さない、言おうもんなら抹殺される空気感に支配されている。

多様性と言うなら、男尊女卑やセクハラ、パワハラも多様性の一部だろうに。いやあ、考えさせられましたね〜。

2話目が楽しみ!

皆さんのドラマ談義や、昭和話、変わったもの、変えていけなかったもの、時代に対する意見、考察、疑問などなど。

お寄せください!

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「なんでも雑談に戻る」

現在のページ: 4 / 5

  1. 【7414571】 投稿者: 仲NISA  (ID:D.RbcZAv3gc) 投稿日時:2024年 02月 24日 10:41

    かぞかぞ終わりの河合優実ちゃんのドラマブログ。
    結構グッと来たな。絶対に大物になる予感しかしなかったけど、早くもブレイク前夜な感じ

    https://www.nhk.jp/p/ts/RMVLGR9QNM/blog/bl/pGJ7232jMV/bp/pOw558kzoN/

  2. 【7414641】 投稿者: 仲NISA  (ID:lXpsaw31oEA) 投稿日時:2024年 02月 24日 12:14

    ふてほど の芸の細かさにも驚き。

    16日の第4話では、スケバン娘純子(河合優実)が雨に濡れて着替える場面で、大映しになった腕にネット上が反応。「すごいBCG跡がある!」「芸が細かい!」「BCGの跡は特殊メイク…?」「これも時代考証だったら凄いこだわりだなぁ」「BCGのハンコ注射の痕!」と反応する投稿が相次いだ。

    ネトフリで確認したら確かに!!

    細部まで目が離せませんね

  3. 【7414650】 投稿者: 仲NISA  (ID:lPR2NoHzc.A) 投稿日時:2024年 02月 24日 12:36

    5話も良かった。

    蛙亭ママと純子が踊るピンクレディ『渚のシンドバッド』のVHSで泣いている時のアベサダの悲しげな表情に違和感を感じていたら、あれは既に純子の死を知った父親の悲しみだったと分かった今回。
    純子を溺愛している一朗の思いに胸が詰まりました。。。と、書いてて今更気付いた!

    渚の名前!母親との思い出の曲、渚のシンドバッドから子供に渚ってつけたんだ!!

    もう伏線が多過ぎて、細か過ぎて、クドカンの脚本の天才っぷりに怒りや嫉妬さえ覚えて感情が混乱する。

    5話で既に泣かせて来られると、長瀬くんの引退作、クドカン脚本の「俺の家の話」の様な最終話でどんでん返しの号泣レベルのラストを用意されている悪い予感しかしない。ギャク、コメディで突っ走りっている目くらましの裏で、落差を着々と用意してる?ほんと止めて!そう言うの見たくない!

    歴史を変えて、令和リアルタイムの一郎、純子が見たいよ。
    そんなハッピーエンドの期待に素直に答えてくれそうも無いよね。

  4. 【7414695】 投稿者: 仲NISA  (ID:gb8vmV9BotI) 投稿日時:2024年 02月 24日 13:49

    それにしても今回も女優「河合優実」の真骨頂。
    純子のリアリティハンパない。昭和からタイムスリップしたリアル感はアベサダ以上。当時のリアルタイム「毎度お騒がします」の中山美穂のダイコンっぷりの1億倍の演技力。

    ワザとらしさや臭さ、しらけてしまう要素ゼロ。グレているのは父親の為という健気さと、一方でそのしっかりしている事の裏返しで誰からも心配して貰えない孤独、寂しさを内側に、結果、薄っぺらいチャラ男の黒服錦戸の「犬島」とデキ婚と言うだらし無さ、その全てにリアリティを与えているのが、女優河合優実の演技と佇まい。

    かぞかぞの主演で、ななみと言う役に近づき、最後はゆうみとななみが完全に一つに溶け合うところまで演じ切った彼女だから醸し出す事が出来るリアリティ。

    今度の父、市郎とかつての父であり、今回の夫犬島と朝まで飲み、その結果迎えてしまった、1995 1/17 5:46 AM

    居酒屋から駅まで市郎を送る純子親子、「気をつけて!」と声をかける錦戸犬島に二人とも振り返って手を振り返すので肩がぶつかり「なんだよ!w」と文句を言う市郎と「ふふふ」と笑う純子。これが最後の別れとなるのに、滲み出す様なお互いを愛していると言う親子の関係が無言で歩く背中から滲み出ている。

    優実ちゃんも凄いが阿部サダヲもやっぱり凄い。今見直してもこの2人の背中だけで泣ける。

    この背中で親子の愛も、これから待ち受ける悲劇も全て表現する演出を考えたのがクドカンなのか監督なのか。どちらにしても本当に良い、泣けて仕方ないシーンです。

    老けて文字通り別人になった、経鼻カニューラまで付けた古田犬島が苦しそうな呼吸で市郎に「すいませんでした!」と謝ると、知ってて騙されたフリをしていた、アベサダ市郎の表情と顔の筋肉の動き「そうか」と言う一言。知ってはいたけど改めて自分と、そして最愛の娘に未来で起こる悲劇を告げられた男の「リアリティ」があった。

    震える若干の呼吸と共に吐き出される市郎のセリフ「でも良かった。ちゃんと打ち解けて、仲直りして。酒飲んだり、孫抱っこしたり。そう言うの一通りあるんだ、これから。ハハハハ。楽しみだ!」この一言に市郎のキャラクターと優しさ、愛情全てを表現したクドカンのスクリプト。

    本当に憎らしい。

    河合優実を世に知らしめるドラマとしても相応しい良いドラマだと思う。

  5. 【7414780】 投稿者: 神戸  (ID:N/6ckKW8baw) 投稿日時:2024年 02月 24日 16:16

    震災前日まで神戸を旅行していて、前夜の新幹線で東京に帰ったら、早朝の揺れで目が醒めた。
    あの商店街も歩いたばかりだった。

    クドカン、『あまちゃん』の時は出演メンバーの中で災害死はいなかったけれど、歳月を経て歴史的事項の中の出来事として主人公の死を主要事項に描けるようになったのか?

    市郎は、自分が純子をかばいながら同時に亡くなったと想像し、心の平穏を保ったのかな?

    河合優実は歯のギザギザも持ち味のひとつかと。
    変に審美歯科治療などせずに、あの歯のままでいて欲しい。
    あの程度なら変に弄らず自然のままの方が、噛み心地的にも年を経てかもそのままで保てるだろうし。

  6. 【7415080】 投稿者: 幸せだった?  (ID:SJTef3qOqcY) 投稿日時:2024年 02月 25日 02:23

    神戸の(震災後にそのまま事業を継続できる=山の手?=しかるべき老舗?)テーラーの跡取りとして家族で移住し、父親を呼びに東京に日帰りするチケットを用意してもらえ、朝方まで飲んでも子供をみてもらえる義親からはデキ婚も寛容に受け入れられただろう純子。

    家族3人との交流しか描かれなかったけれど、その背景にある義実家での豊かな環境や温かさにも市郎は触れ、安堵と幸せな思いで地震に遭ったのならせめてもだった。

    が、タラレバ話で、いつも通りの休日なら、市郎は定年を控えて団地でゴロゴロ。
    三連休明けに大きな地震を知り、純子一家も家に居て皆無事で、震災を機に交流が復活。
    令和現在の市郎は90歳手前。
    それじゃあ、ドラマチックな筋運びにはならず、お涙頂戴展開にもならなかったけれど。

  7. 【7416048】 投稿者: 仲NISA  (ID:UV/LV8c5h1A) 投稿日時:2024年 02月 26日 15:39

    ネットの一部で、市郎が未来を変えて純子と自分が生き残る道を模索って言う推測があるが、個人的に絶対それは無いと思った。

    歴史にパラドックスを生じさせるリスク以上に、自分だけ助かり、多くの被災し亡くなる方はそのままと言う状態を、市朗が許容する筈が無いと思うから。

    未来を見た、‘95、1/17に大地震が起きる!などと世間に言ったところで信じて貰える筈も無い。

    おそらく、歴史通りにゆずるのダンスを見ながら怒り、結婚を許さず、ゆずるが神戸で実家のテーラーを継いでから、ようやく純子に引っ張られて神戸に行き、渚を抱いて泣かれ、採寸に時間を取られ、朝まで飲むと言う、全く同じ歴史のシナリオ通りの筋書きをトレースするのだと思う。

    が、頭でいけない事と分かっていても、溺愛する純子をみすみす死に追いやれる筈のないのが市郎。後の神戸の映像などから、商店街から駅までの道のりで崩壊を免れた場所に誘導し、5:46、「飲み過ぎちゃったな。お前、ここでちょっと待っててくれ。酔い覚ましに缶コーヒー買って来るわ」と純子に言い残し、自分は5:46に崩れる場所で、歴史を変えた贖罪に死を選ぶのだと思う。

    長瀬智也の最後のドラマになった、『俺の家の話』で、最終回、誰もが望んでいたハッピーエンドを大どんでん返しで裏切り、主人公を殺したクドカンが、同じ事をしでかす気がしてならないのだ。

    が、前回もバッドエンドなのに、バッドでは無かった。いや、絶対ハッピーじゃないのに。そんな誰も想像し得なかった、バッドハッピーエンドを書く唯一無二の天才が宮藤官九郎と言う男。

    今度も絶対にそうしてくれる筈、いや確信している。が、誰もが望むハッピーエンドにも絶対しないのが最近のクドカンで、それこそがクドカンのクドカンたる所以でもあると思う。最後まで目が離せ無いドラマになった。

  8. 【7418659】 投稿者: わくわく  (ID:NeQav0mw9Cg) 投稿日時:2024年 03月 01日 21:31

    錦戸登場シーン以外は削除しちゃったから、TVerで2度目視聴で見納め終了。

    別れた商店街(ガード下)に見える店の看板は『一期一会』?

    神戸の店も少なからず地震の影響を受けたんだね。

    仕立てるのにガッツリ手を触れた服を、何十年もシミや虫食いひとつなく保管できたの凄い。

    調布の店には表彰状もあって、腕の良さを表してた。

あわせてチェックしたい関連掲示板

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す