大学入試直前期!親ができることは?

inter-edu’s eye
大学入試を間近に控えた今、受験勉強を頑張るお子さまに対して何かしてあげたいけど、何をしてあげたらいいか分からない…。こう思われる親御さんは多いと思います。そんな方に向けて、大学入試直前期に親だからこそできることをリサーチしてきました。

冬休み明けのお子さまはどのタイプ?

冬休み明け

冬休みが明けると入試本番が近づき、追い込みの時期になります。この時期、受験生は4つのタイプに分かれるので、それぞれの接し方も違います。お子さまがどのタイプに属するのか、それぞれの対策はどうすればいいのか? まずはここを見ていきましょう。

タイプ① やる気があり、勉強に対しても前向き
最も理想的なタイプです。モチベーションが下がらないように気をつけましょう。

タイプ② 冬休み明けに焦って机に向かっている
冬休みの間、思うように勉強が進まず、焦っているタイプです。

タイプ③ やる気が起きないタイプ
冬休みの前の模試の結果などからやる気が起きず、すでに受験を諦めているタイプです。

タイプ④ 机で必死に勉強しているように見せて実はやっていない
部屋に籠り、たまに様子を見にいくと机に向かっているように見えるけど、実はやっていない…。最も危険なタイプです。

タイプ別の接し方は?

タイプ①と②の場合は、③や④と比べると安心ですが、絶対とはいいきれません。なぜなら、気持ちが不安定な受験直前期は、何がきっかけでやる気が下がってしまうか分からないからです。好きな食べ物があれば、いつも冷蔵庫にストックしておいたり、「私は○○が合格することを信じているから」と声をかけたりなど、勉強面以外で支えてあげるようにしましょう。

タイプ③と④の場合、その多くが冬休み前の模試の結果を見て、やる気がなくなってしまったケースが多く見られます。この場合、まず、なぜやる気が下がってしまったのかを、じっくり聞いてあげることから始めましょう。途中、言いたいことがあってもグッと抑え、最後まで聞き役に徹してください。

大学入試直前期のやる気を下げないために

やる気

勉強に対してのやる気を下げずに、お子さまが受験に臨める方法を3つご紹介します。

1つ目は「睡眠時間」の管理です。
睡眠時間が少ないと体がだるく、頭も働かなくなってしまいますが、大事なのは睡眠時間の長さではなく、「起床する時間」です。起きてから頭が最も冴える時間には個人差があるので、日頃から、生活のリズムを作っておくといいでしょう。

2つ目は「息抜きの時間」を作ってあげることです。
1週間に1日、もしくは半日だけでもいいので、お子さまが好きなことをできる時間をあえて作ってあげることで、勉強に対してのメリハリをつけることができます。大事な受験勉強なので根を詰めてしまう気持ちは分かりますが、息抜きの時間を作ってあげるといいでしょう。

3つ目は「家庭環境を整えること」です。
大学入試直前期は、親御さんも何か落ち着かず、なかにはピリピリしてしまう方も多いでしょう。しかし、こういった雰囲気は思いのほかお子さまに伝わってしまいます。「自分のせいで家族仲が悪くなってしまった」と思われてしまうと、勉強に手がつかずやる気も落ちてしまいます。気になる気持ちは分かりますが、平常通りの家庭環境を作っておくといいでしょう。

大学受験も親の受験

最後の機会

最後に大学受験において最も重要なことをお伝えします。それは最初にご紹介した、「お子さまのタイプ別の対応をすること」です。当然ながら子どもは一人ひとり性格が違い、勉強に対してのモチベーションが上がる方法も違います。これは長年一緒に生活し、中学受験や高校受験の勉強に対して、最も間近で見てきた親御さんにしか分かりません。

大学受験では子どもも大きくなってきたから口を出すと嫌がるのでは?と思われる親御さんも多いかもしれません。しかし高い学費を支払うのはもちろんですが、何より可お子さまは何歳になっても、気になるものです。大学受験は中学受験と違い「親の受験」とまでは行かないかもしれませんが、愛情のあるアドバイスは伝わるはずです。ぜひお試しください。

エデュナビでは、教育・受験に関するお悩み・ご意見を募集します!
日頃感じる疑問などをお寄せください。コンテンツ作りの参考にさせていだきます。

メールアドレス:edunavi-contact@inter-edu.com
※@マーク以下は小文字にしてください。またメールの返信はいたしませんので、ご了承ください。

また記事への感想もお待ちしております!