【中学受験速報2021】1月入試、埼玉私立6校(栄東、浦和明の星ほか)出願者数・実質倍率

一都三県の中学入試は、埼玉県の入試解禁日である1月10日から本格的に始まります。2021年首都圏の中学受験は、昨年から続く新型コロナウイルスの影響、緊急事態宣言が発令されるという状況下でどのような動きとなるのでしょうか。
出願者数・実質倍率(合格者数÷受験者数)の点から、中学受験の動向をお伝えします。(随時更新)

埼玉私立6校の出願者数(2021年1月20日9時時点)

学校種別 学校名(募集定員) 入試日 2021年出願者数 2020年出願者数 昨年対比 2021年出願者数データ更新日/
出願締め切り日
共学 栄東中学校(140名) 1月10日or12日 6,017 6,200 97%

1月9日/1月8日

共学 開智中学校(110名) 1月10日 1,448 1月11日/1月10日
共学 大宮開成中学校(70名) 1月10日 1,665 1,672 96% 1月9日/1月8日
女子 淑徳与野中学校(95名) 1月13日 1,640 1,756 93% 1月9日/1月8日
女子 浦和明の星女子中学校(120名) 1月14日 1,977 2,098 94% 1月7日/1月6日
男子 立教新座中学校(約100名) 1月25日 1,741 1,929 90% 1月19日/1月18日

インターエデュ調べ(※学校公式サイトでの情報を参照)

昨年と比較すると、どの学校も現時点で出願者数が若干減少しています。やはり感染防止のために、1月入試を選択しないご家庭もいることがわかります。

年明けに緊急事態宣言が発令となる中で、当日の受験者数もおそらく変動があると思われます。

入試当日の新型コロナウイルス感染防止対策は?

昨年の受験者数が6,098名となった栄東中学校では、試験会場での新型コロナウイルス感染防止を徹底すべく、さまざまな対策を行う予定です。


学校サイトで公表されているだけでも、


・第1回目の試験日を1月10日と1月12日の選択制に
・発熱等で入学試験を欠席した受験生に対して、1月29日(金)に追試験を実施
・すべての机に飛沫防止アクリルパネルの設置
・駐車場の設置(申し込み順)
・試験会場を栄東中学・高等学校、栄北高等学校、埼玉栄中学・高等学校の3会場に分散
・集合時間に時差


があります。

ほか学校でも追試験などを設けるなど、感染防止対策を講じています。

学校サイトや【中学受験2021】新型コロナ特別措置がある学校・ない学校を参考に情報収集することをおすすめします。

埼玉私立6校の実質倍率(2021年1月18日10時時点)

学校名
2021年
2020年
合格者数
受験者数
受験倍率
受験者数昨年対比
合格者数
受験者数
受験倍率
3,833 5,802 1.51 95%
3,913
6,098
1.56
895 1,396 1.56
847 1,606 1.90
99%
621
1,617
2.60
807 1,601 1.98 95%
896
1,690
1.89
974 1,925 2.00 94%
1,061
2,053
1.93
立教新座中学校
       
764
1,871
2.45

インターエデュ調べ(※学校公式サイトでの情報を参照)

栄東中学の入試結果を見てみましょう。
昨年は出願者数6,200名に対し受験者数が6,098名、当日受験しなかった人数は102名でした。
2021年は、出願者数6,017名に対し受験者数が5,802名、当日受験しなかった人数は215名です。昨年と比較すると多いことがわかります。

2021年の入試に関する情報を随時公開!

中学受験速報2021 では、今年の受験生だけでなく、来年以降の受験家庭にも役立つ情報をお届けしています。

入試直前期の過ごし方に関する受験専門家のアドバイスや、受験当日に役立つインターエデュが独自に調査したレポート、リアルタイムで公開する入試情報など満載です。
こちらも、ぜひチェックしてみてください!