【中学受験速報2021】神奈川県公立中高一貫校5校の入試結果(実質倍率・志望倍率)

神奈川県、横浜市、川崎市の教育委員会が発表した公立中高一貫校の受検者数、志願者数をまとめました。

受検者数2020年比、県立平塚108%、横浜市立南113%

2021年神奈川県公立中高一貫校5校実質倍率(2020年比)

学校名 募集定員 2021年 受検者数
昨年比
2020年
受検者数 倍率 受検者数 倍率
神奈川県立相模原中等教育学校 男子80 531 6.64 99% 534 6.68
女子80 543 6.79 96% 567 7.09
計160 1074 6.71 98% 1101 6.88
神奈川県立平塚中等教育学校 男子80 421 5.26 106% 399 4.99
女子80 463 5.79 109% 423 5.29
計160 884 5.53 108% 822 5.14
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校 男子40 283 7.08 107% 264 6.60
女子40 232 5.80 117% 199 4.98
計80 515 6.44 111% 463 5.79
横浜市立南高等学校附属中学校 男子80 382 4.78 119% 321 4.01
女子80 508 6.35 109% 468 5.85
計160 890 5.56 113% 789 4.93
川崎市立川崎高等学校附属中学校 計160 471 2.94 98% 483 3.02

教育委員会の集計を元にインターエデュにて作成

2021年神奈川県公立中高一貫校5校志願倍率(2020年比)

学校名 募集定員 2021年 志願者数
2020比
2020年
志願者数 倍率 志願者数 倍率
神奈川県立相模原中等教育学校 男子80 546 6.83 99% 550 6.88
女子80 576 7.20 97% 595 7.44
計160 1122 7.01 98% 1145 7.16
神奈川県立平塚中等教育学校 男子80 433 5.41 106% 409 5.11
女子80 477 5.96 108% 441 5.51
計160 910 5.69 107% 850 5.31
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校 男子40 293 7.33 106% 276 6.90
女子40 245 6.13 117% 209 5.23
計80 538 6.73 111% 485 6.06
横浜市立南高等学校附属中学校 男子80 392 4.90 119% 328 4.10
女子80 529 6.61 106% 499 6.23
計160 921 5.76 111% 827 5.17
川崎市立川崎高等学校附属中学校 計160 481 3.01 98% 492 4.10

教育委員会の集計を元にインターエデュにて作成

昨年の志願者数と比較すると、県立平塚、横浜サイエンスフロンティア、南高附属で志願者数が増加しています。

5校の中で倍率が高い県立相模原と横浜サイエンスフロンティアの過去3年間の志願者数を見てみましょう。

県立相模原は、

2018年…8.02倍
2019年…7.97倍
2020年…7.16倍

2021年は7.01倍なので、志願者数は減少傾向にありますが、それでも7倍と狭き門です。

横浜サイエンスフロンティアは、

2018年…7.08倍
2019年…6.46倍
2020年…6.06倍

2021年は6.73倍となり、若干志願者数が増えた形となっています。

■参照元
令和3年度神奈川県立中等教育学校の入学者の募集に係る志願者数集計結果
令和3年度横浜市立高等学校附属中学校の入学者の募集に係る志願者数集計結果
令和3年度川崎市立川崎高等学校附属中学校の入学者の募集に係る志願者数集計結果

神奈川県の公立中高一貫5校応募倍率から見る入試の状況【2020年度】

男女御三家・難関校の問題掲載をスタート!

中学受験速報2021_開成・麻布・桜蔭の情報掲載

2月1日より、開成・麻布・桜蔭など御三家や人気難関校の入試問題を順次掲載! リアルタイムな入試情報をお届けします。

中学受験速報2021は、入試直前期の過ごし方に関する受験専門家のアドバイスや、受験当日に役立つインターエデュが独自に調査したレポートなど入試情報が満載です。今年の受験生だけでなく、来年以降の受験家庭にも役立つ情報をお届けしています。

「中学受験速報2021」はこちら≫