最終更新:

2
Comment

【6023278】変わった法律問題、助けてください

投稿者: 目指せリーガルはい   (ID:ugjVELnr8tg) 投稿日時:2020年 09月 19日 18:27

ちょっと長いのですが…、以下の問題について教えてください。いろんな国の法学部の問題を解いていたのですがとても変わった問題を見つけました。
法学部の問題を解いていたのですがとても変わった問題を見つけました。
モデルアンサーを答えないといけないのか、問題の意図もよく分かりませんが問題は確か以下のようなものでした。皆さんよろしくお願します‼︎




設問
以下の案件について自分が裁判官のつもりで文末の質問に答えてください。


現在の状況と事実
父がオーナーである会社で長男と次男が働いていた
長男は結婚しており妻子がいた
長男は軽度のアスペルガーで自己主張したり、人の嘘がわからない傾向があると言う診断を医師の診断書がある。
父は長男のお給料の半分を長年にわたり「長男のため」と強制管理していた。
そしてある日、長男の預金や資産、会社の株、土地、すべてが「父と次男のものである」「それに加えて数千万円借りていた」と言う書類を長男が書き、会社にも辞任届を出し現在は無職無収入で妻の親族にお金を借りて家族で暮らしている。
うつ状態でなかなか仕事もせずできない状態である。






こんな状況で現在は「父次男 対 長男」の対立構造で裁判になっていて
以下が違いの主張である。

父と次男の主張
長男は自分が持っているお金や資産を狙っている妻が「お金をくれないならあらぬ噂を立てて会社をつぶしてやる」と妻が脅すといつも恐れていた。
長男のお給料に関しても長男が心配するので強制管理することにした。
そしてある日、泣いて相談に来たので夜を徹して父や次男家族で集まって慰めた。
長男曰く「妻が怖いので自分の資産やすべてを父や次男に渡す、妻のせいで会社に迷惑をかけるといけないので会社も辞任する」と泣いて頼んだので、長男の意思で書面を書き今の状態になった。すべては長男自身の意思であった。

長男の主張
父は最初は私の給料を事業継承のためにと、強制管理を始めた。
父と次男は何かにつけて妻のことで私を何時間も責めたりしたがいつも漠然とした理由で何が悪いのかがよくわからなかった。
そのうちにめんどくさくなって父や次男に迎合して妻をいじめるようになっていた。
妻は穏やかでのんびりした性格で一番立場が弱かったこともありおとなしかった。
ある日父や次男の家族も集まって徹夜で「妻のせいで会社が潰れる」と何時間も責め立てられ、思考力も体力も尽きた頃に何枚も署名を書かされた、泣いて頼んだが父も次男家族も許してはくれなかった。そして今の状態になっている。


あなたが裁判官だったら…
①誰に何の質問しますか?
②どちらが嘘をついていると思いますか?またその根拠はなんですか

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6023314】 投稿者: ゆとりの国の王子  (ID:GIeMF9XDO5c) 投稿日時:2020年 09月 19日 19:05

    ①誰に何の質問しますか?

    長男が「軽度のアスペルガーで、自己主張したり人の嘘がわからない傾向がある」と診断した医師に、長男の発達障害の程度について詳細に質問する。必要であれば、利害関係のない第三者的立場の医師に長男の精神鑑定を依頼する。

    ②どちらが嘘をついていると思いますか?またその根拠はなんですか

    長男が医師が診断したとおりの人間であれば、長男は自分の意思では自己主張することはできない。長男を操っている人間が存在する。この場合、長男がした署名は無効。
    同時に、父次男VS長男という対立関係もあり得ないことになる(長男の意志ではないため)
    父次男VS長男の妻の構図になる。
    長男が自分のことを自分で管理できない人間ならば、婚姻関係を結んだ時点で、長男の給与その他については、配偶者である妻に管理する権利がある。

  2. 【6024437】 投稿者: パラリーガル  (ID:TdzoJpTXZzQ) 投稿日時:2020年 09月 20日 19:39

    返信ありがとうございます。診断書っていうのはとても大事なのですね。逆に言えば病名がつかなければやはり有効と言うことになるのかもしれないですね。
    ご意見ありがとうございました

あわせてチェックしたい関連掲示板