最終更新:

21
Comment

【6291204】高校生の男の子

投稿者: 私が変なの?   (ID:p9f7Zr9RK/Y) 投稿日時:2021年 04月 07日 17:07

同い年の子どもを持つ友人と話をしていた時に大学受験の話から、将来どんな仕事をしたいと子どもが考えているか、という話になりました。

友人のお子さんには特技があるので、
「特技を活かした道に進むのか?」と尋ねたところ
「もうその分野にはあまり興味がないみたい。」との返答だったので
本人がそう言っていたのか聞いてみました。
すると
「進学先を決める参考にするために、一緒に何社か会社見学に行ったんだけどね。いまいちピンとこなかったみたい。
みんな楽しそうに仕事してたんだけどね。」という答えが返ってきました。

「えっ?高校生の息子さんと一緒に会社見学に行ったの?????」
と聞いたら
「そうだけど、何か?」みたいな感じでした。
友人が何社かアポを取り、連れて行ったようです。

私はドン引きしてしまい、用事があることを思い出したふりをして、早々に退散しました。
私にも高校生の息子がおりますが、私はありえないです。
アドバイスはしますが、それをお膳立てしてさらには自分も付いて行こう、
なんて考えられません。

私が変なのでしょうか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「育児に戻る」

現在のページ: 1 / 3

  1. 【6291224】 投稿者: それよりも  (ID:HIalbtqVJns) 投稿日時:2021年 04月 07日 17:23

    大学進学予定の高校生が会社見学って行くものなのですか?

  2. 【6291228】 投稿者: そもそも  (ID:QdwDDucFlpw) 投稿日時:2021年 04月 07日 17:29

    高校生が会社見学できるの?高卒で就職できる会社なのかな?

  3. 【6291235】 投稿者: ゆき  (ID:OkQtS0ilweg) 投稿日時:2021年 04月 07日 17:42

    子どもが中1の頃だったかな「文書く人になりたい。ジャーナリストとか格好いいな」と言ってました。友人が大手新聞社に勤務していたので、その新聞社が開催している新聞社見学に申し込むとともに、別途特別に(?)友人に社内を案内してもらったり、記者さんとお話をさせてもらったりといった機会を得たことがあります。
    これも企業訪問と瘉えば企業訪問?笑
    でも高校生か・・そのお子様、よくお母様に連れられて行ったなぁと別の驚きもあります。最近の男の子はお母さんと行動すること抵抗ない優しい子が増えてるって言いますが本当なんですね。
    うちの子は・・・ノーサンキューのようですが。

  4. 【6291240】 投稿者: どうなの?  (ID:3LxoFyxdgxA) 投稿日時:2021年 04月 07日 17:47

    もしそういうのがあるなら、イメージとして、楽天とかYahoo!とか、そっち系?

    まさか銀行ロビーに長居してた(一応、丸の内とか大手町、神田のごちゃごちゃと集結してる辺り)、とかじゃないよね?
    ついでに読売新聞のロビーで展示物眺めたり、日銀から証券取引所も歩いたり?


    でも、大学の説明会に親も同席していいってのがあったから(私は行かなかったけれど)、高校生なら男子でも親子同行で何かの見学ってアリでは?

    もしや、単に羨ましいのかな?

  5. 【6291250】 投稿者: 見かけるわね  (ID:3LxoFyxdgxA) 投稿日時:2021年 04月 07日 17:58

    ジャニーズコンサートでも、お母さんに付き添ってあげてるらしき男の子見かける。

    小さな子は、「入れたいのかな?」って思うけれど、高校生くらいはさすがに「付き添いかな?」って思う。

    ジャニーズじゃなかったり、お笑いとかなら、母親と男子ペア、もっとたくさん居そう。

  6. 【6291267】 投稿者: 親子関係に異変!?“母ラブ男子”急増の謎  (ID:qz6rzf.2HYY) 投稿日時:2021年 04月 07日 18:11

    https://dogatch.jp/news/nhk/67151/detail/

    親子関係に異変!?“母ラブ男子”急増の謎に迫る!
    最近、「母ラブ男子」が急増しているらしく、街で若い男性たちに話を聞いてみると、大半が「母とは仲がいい」「母が大好き」と照れることもなく答える。

    母とドライブや夏祭りに出かけたときの写真を見せてくれる男子、母と頻繁にSNSでやりとりしているという男子。果ては母と一緒に留学してしまったという20代の兄弟も。留学先ではワンルームでの共同生活、友人たちとの集まりにも母が同行し、夜は川の字になって寝ているという。仕送りする父も、そんな母子を快く応援しているのだとか。さらに、「恋愛相談は母にしかしない」「友人よりも頼りになる」という男子も登場する。

    しかし彼らはいわゆる「マザコン」とはちょっと違うという。一体、今どきの親子関係に何が起きているのか?

    取材を進めると、企業もそうした親子関係を逆手にとった取り組みを進めていることが判明。内定時に「オヤカク」と言って、親に確認を取るのはもちろん、親向けの企業説明会、内定者への家庭訪問、親を招待しての入社式など、若手社員の定着・育成に徹底して「親を巻き込む」企業が増加。「親子参観日」を設けた企業では、離職する若者がほぼゼロに減ったという。中には社員に親を採用し、親子が一緒に働いているという企業まであるそうで、その意外な狙いが明らかになる。

    さらに、「親による婚活」に乗り出した企業と、実際の親婚活イベントにも潜入。今どき親子関係の実態と、その最前線を徹底取材する。

  7. 【6291290】 投稿者: よくいる  (ID:.jNhGsO1R7.) 投稿日時:2021年 04月 07日 18:28

    一緒に出掛けるだけなら、うちも行きます。
    観劇、美術など趣味が一緒なので。うちの息子は母ラブでは全くないですけど。
    さすがに私も会社見学はしないですが、オープンキャンパスには息子&母の姿も結構見られますよね。それと同じ感覚だったのかも。

あわせてチェックしたい関連掲示板