最終更新:

11
Comment

【4231】意見の述べ方に物申す

投稿者: ギター侍   (ID:dTeeGv7yZpM) 投稿日時:2004年 12月 05日 14:07

 「アドバイス」と、「自慢話」を履き違えている不心得者がいる。

 アドバイスとは、質問者の立場に立って、有益と思われる情報を、主観を挟まず提示するものであり、アドバイスまがいの自慢話は、一見親切そうだが、よく読むと、「聞いて聞いて。私は成功したの!合格したの!」的な醜悪な精神が浮き上がってくる。言葉の丁寧さはあまり関係が無く、かえって慇懃無礼な場合さえある。

 質問に対するほとんどの書き込みは、「我が家はこうでした」というような体験談的なものであり、そういう類のものの多くは、参考にはなるが、絶対的なものではないだろう。

 貴女の身近にもいるはずだ。自らはまるで「人生の勝者」気取りで、まるで、神のお告げのように自分の意見を押し付ける者が。
 
 我が子すら育て上げてない者が、他人の意見を全否定するなど笑止千万。
 子育てが成功か失敗かなどというものがわかるのきは、せいぜい自分が死ぬ時だ。
 幼稚園から大学、果ては就職、結婚と、その度に、「貴方は負け犬、私は勝ち組!」なとど、白黒つけるのは、低俗な週刊誌・ワイドショーの思考パターン丸写しであり、そのような低俗な輩にいちいち振り回される必要はない。

 毎年繰り返されるこの時期の乱痴気騒ぎを見るにつけ、日本の女子高等教育は、発展途上だと言わざるをえない。
 
 以上、私見。今後も当サイトでの活発な意見交換を望む。
 

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「小学校受験情報に戻る」

現在のページ: 2 / 2

  1. 【4999】 投稿者: みやこ  (ID:h7YEzFmdTF6) 投稿日時:2004年 12月 07日 16:04

    4996は私です。

  2. 【5534】 投稿者: はてな?  (ID:d2Yc2HEDsIg) 投稿日時:2004年 12月 09日 00:04

    ギター侍様の端的かつ辛口の語り口をいくつかのスレッドで心涼しく拝読しておりました。
    しかし、これは、はてな?と感じました。
    「もの申していらっしゃる」内容にはいかにも賛成!で、おそらくひどい実態に対して苦言というかひとことおっしゃる以外の意図はお持ちでないとじゅうじゅう推察しつつ・・・。
    「日本の女子高等教育は発展途上」と
    おそらく削除されたレスポンスに対するご返答での「子育てにおいて主導的役割を持つ女性にこそ」知性が必要・・・というくだりにどうもひっかかってしまいまして。
    その・・・女性でも男性でも知性が必要なのは同じであり、日本の現在の高等教育、また乱暴にひっくるめれば大人たちの知性も品性も危機に瀕しているのは男女等しく同じではないか、といらぬ重箱の隅をつつきたくなってしまうわけです。
    いわゆる「お受験競争」でクローズアップされるのが母親であり、この掲示板もその現状を反映しているという前提でのお書き込みには違いない、とじゅうじゅう承知しているのですよ!
    しかし、しかしなのです・・・。
    あえて「女性」を強調されるなら、こう腹のなかの天邪鬼が問い返したくなります。
    これほどのヒステリックな競争を生んでいる社会背景はなにか?その社会を作り上げ、今現在水が低きに流れるがごとく落ち続けるのをとめえないのは誰か?それを考えたとき、決して「お受験地獄」創世の戦犯は女性ひとりのものにあらず、でしょう?と。
    ギター侍様ほどの知性の持ち主様が、なにゆえ「女性」をひとくくりにされるご必要があったのか?と。
    ちなみに私自身は女性です。そして社会も家庭も男女の共同責任において作り上げているものだ、という信念をもっています。ですから他意をお持ちでないであろうギター侍さんのお説にかみつく必要もないはずなのですが・・・。
    天邪鬼のくりごとでした。
    ギター侍様の辛口批評を今後も楽しみにするものとしてご容赦ください。

  3. 【6218】 投稿者: ギター侍  (ID:dTeeGv7yZpM) 投稿日時:2004年 12月 11日 01:03

     4797殿、みやこ殿へ。
     お褒めに預かり恐縮の至り。小生はまだまだ若輩者であり、子育ての中で自らも成長できればと思っている一人の親に過ぎない。しかし、拙文に対し、誰かに評価してもらえるというのは、素直にうれしい。
     世知辛い世の中だが、こんな形で、面識のない方から、力をもらうこともあるのだと、気づいた。

     はてな?殿
     先の書き込みは、ご推察どおり、削除された発言を受けてのものである。
     しかし、小生の分のみ残っていると、確かにご指摘の様に、ことさら女性を強調しているように読み取れる。決して女性をひとくくりにしたわけでは、ないのだが、言葉がうまくない。
     子育てについての責任は、父母等しい。貴殿のおっしゃる通りである。
     しかし、父親については、残念ながらその責任から逃げている者が散見(いや多々・・・か。)される。そんな父親は、将来粗大ゴミ扱いされても致し方ない。(自戒を込めて)

     頂戴した、「ヒステリックな競争を生んでいる社会背景はなにか?」という問いについて。残念ながら、問題が大きすぎて、小生一人では、答えは導き出せない。以下、思いつくままに書かせていただいた。拙文ゆえ、読みづらい点が多々あると思われるが、ご容赦されたい。

    1.小学校受験の母集団の拡大(還元すればお受験の大衆化とでも言おうか)は、単に、少子化・晩婚化により、一人の子供に多額の投資が可能となったからという理由だけではなく、国際競争が激化する未来を生き抜く力の獲得という点において、現行の義務教育制度が限界に来ていること(OECD学修到達度調査を参照されたし)を、端的に表わしていると、推察している。(勿論、識字率や、子供が教育を受ける権利など、最低水準の維持という点では、義務教育の功績は依然大きいと思う。ちなみに小生が指摘したい問題は、公立の先生方の力量ではなく、先生が生徒を選べないため、1つの教室の中で生徒の能力に差が有り過ぎて、収集がつかないという点であるので、誤解のなきようお願いする。)

    2.加えて、アメリカをはじめとする先進国の多くは、貧富の差の拡大という点では、共通の方向を歩んでおり、日本についても今後、その傾向が顕著になることは、小生が改めて書くまでも無く、我が子を「勝ち組(よくない言い方である)」にという親心が、悲しいことに競争を激化させる一因になっている。

    3.他にも、学歴、というのは、可視的かつ比較的客観的な指標になりやすい上に、子育ての中で、目標として設定するものの中では、努力が反映しやすく比較的達成可能な目標であるということ。そして、我が子の受験の成否が、親の子育ての成否とイコールであると、錯覚している極少数のお方については、(相関関係は認められるだろうが、イコール?うーん)子供だけではなく、親自身のために、小学校受験するのではなかろうか。

    4.中には、周囲の圧力から(受かったら息子のせい、落ちたら嫁のせいなどと言ってはばからない舅・姑を抱えていたら、是が非でも受験しなければならないだろう)追い詰められての受験という方もおられるだろう。こういった場合、戦犯は外野である。

     まあ、その他もろもろの要素(小学校受験がすでに一つの産業となってしまっているなどなど)が複合的に重なり合って、今日のお受験狂想曲となっているわけで、決して、「女性のせい」でなどという失礼千万なことは、微塵も思ってないので、どうか、ご理解願いたい。

  4. 【7521】 投稿者: 公立の窓際  (ID:fG6cRLDWxRE) 投稿日時:2004年 12月 14日 20:28

    <アドバイスとは、質問者の立場に立って、有益と思われる情報を、
    主観を挟まず提示する

    有益と思われる情報を選別する行為には、既に選別者の主観が挟ま
    れる事になろうかとも思われますが、如何?

    また、質問には当然、質問者の主観や意見が含まれている筈ですし、
    投稿者はその趣旨を忖度した後に、投稿することで、有意なスレと
    して発展させようとしているのではないでしょうか?

    自慢があろうがなかろうが、「我が家」「知り合い」「お友達」
    をソースとせずに情報を提供できるのは、営利のバイアスのかかった
    「業者」関係や興味本位のネタに限られるでしょう。

    そもそも、「(お)受験」とは選別をうけるべく競争する行為です。
    その枠組の中、勝ち残りを目指す参加者であれば、押し付けられた
    意見・情報の取捨選択の巧拙が結果を左右することには納得ずく
    でしょう。
    でなければ、あまりにナイーブなお方として同情を禁じ得ません。



あわせてチェックしたい関連掲示板